初年度 大卒の初任給と冬の【ボーナス】

いま思えば一番の冷え込みではなかった頃に就職活動をしたモカcaféがお送りします。
時代の景気によって左右されるものといえば、ボーナス給料です。特にボーナスなんて景気と直結して左右されるものなので、今の景気がどんなものかはボーナスの支給額を見るのが一番の指標になります。これからもらう人はみんなどれくらいもらっているのか気になるところですし、就職活動している人からしたらどんな景気なのか気になります。

調べるついでに気になるあなたのためにまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

初めてのボーナス!なんでこんなに少ないの?

社会人になって、とても楽しみであることのひとつ、ボーナス
「初めてもらったボーナスが少なかった!なんで?!なんて思っていませんか?
会社によっては全く支給されない場合もあり、支給されても寸志程度というところもあります。
ボーナスの仕組みを知るとわかりますが、初めてのボーナスが低かったのはあなたの業績や評価が悪いからではないですよ。

 

そもそもボーナスって?

image003

ボーナスは臨時に支払われる給料で、企業によって評価期間が設けられています。その評価期間中の企業業績、企業への貢献度、勤務態度などさまざまな評価によって支給額が決定されます。

日本にある企業の多くは夏と冬の年2回支給されることが多く、4月に入社したとして初めてボーナスを受け取るのは6月か7月で夏のボーナス。その場合は評価期間が入社する4月より前の前年度業績に対する評価であることがほとんどで、その期間にいなかった人には支払われないこともあります。

むしろ評価期間にいなかったにも関わらず、寸志として少額だったとしても支給されるならとても企業業績が好調か、善良な企業といえるでしょう。

 

冬のボーナスも少ない…

ボーナスの評価基準は前年度業績で決定する企業がほとんどで、前期と後期の二期で評価を分ける企業はよほどの大企業くらいです。前期利益を参考に調整が入る企業はありますが。

なので企業によっては、前年度業績に対するものだからと一年目の社員には冬のボーナスも支給しないところもあるくらいです。むしろ一年目にいただく冬のボーナスを他の社員と同じ計算でいただけたら感謝しましょう。

一年目にいただく冬のボーナスが少ない理由には基本給の低さにも関係しています。ボーナスは前年度業績から割り出した支給基準を「基本給の何ヶ月分」という指標にして出します。大企業だと2ヶ月以上ありますが、中小企業だと多くて1.5ヶ月分くらい。業績が厳しいとどれだけ貢献している人でも0ヶ月なんてことも…

ボーナスが基本給をベースに計算されるので、毎年の昇給や春闘が注目される理由はここにあります。基本給がアップすることで単純に毎月の収入が増えるだけでなく、ボーナスの支給額にも大きく関わってくるのですね。

 

自分の初任給って高い?低い?気になる世の中の初任給

image001

給料の指標といっても企業の大きさや業種の違い、勤続年数の違い、役職の違いでいろいろ違いがあって差がかなり出てしまうのでちょっと比較しにくいんですよね。まずは統計的に見やすい厚生労働省が発表している初任給を参考にしてみました。

 

平成27年初任給 学歴別

 男女計 大学院修士課程修了  228,500円
大学卒  202,000円
高専・短大卒  175,600円
高校卒  160,900円
 男性 大学院修士課程修了  228,500円
大学卒  204,500円
高専・短大卒  177,300円
高校卒  163,400円
 女性 大学院修士課程修了  228,500円
大学卒  198,800円
高専・短大卒  174,600円
高校卒  156,200円

大学院修士課程まで進むと男女格差がほとんどないのはちょっとおもしろいですね。世の中は男女雇用機会均等法があるのでこういった平均値は男女差がないのが普通なのですが、どうやっても男女それぞれに就職しやすい職種があり、統計を取ると男女格差が出てしまいます。

ここで気になるのは就職活動のときに人気の大企業。企業の大きさで初任給にも違いがあるのか気になりませんか?ちょっと見てみました。学歴は大学卒業を基準で見ています。

 

平成27年度 大学卒業初任給の企業規模別

 企業規模  平成27年  平成26年
 大企業  205,200円  203,300円
 中企業  201,100円  200,100円
 小企業  194,900円  194,200円

ぱっと見て思ったのは企業別格差も男女別格差とかわりない程度だと思いませんか?そこまで大きな差はないんですね。でも自分の初任給よりはだんぜん高いので正直うらやましいです。

 

もらえる人はもっと初任給からもらえてるんでしょ?

気になりますよね?
調べちゃいますよね?
びっくりしますよ。一体どういうこと?って思います。この格差。

 

東洋経済オンライン参照

2015年 初任給が高い会社 TOP10

1位 50万 日本商業開発

2位 37万 GCAサヴィアン

3位 34万 グリーンランドリゾート

4位 33万 オンコリスバイオファーマ

5位 32万 KLab

6位 30万 ドウシシャ

7位 30万 楽天

7位 30万 サイボウズ

9位 29万 ソースネクスト

10位 29万 ウィル

※万未満は省略

 

TOPなのだから高いのは当たり前なのですが、1位と2位の差の大きさにびっくりしますね。いったい「日本商業開発」ってどういう会社なのでしょう?

日本商業開発株式会社は不動産投資会社。「底地を投資対象としたJINUSHIビジネス」を展開していて、テナントによる商業施設開発を前提として土地を底地で取得して売却益を築き上げている会社なのだそうです。株価を見てみるととても上下が激しいですね。会社そのものも投資会社だけにかなり落差が出る会社なのでしょう。と、初任給視点から外れてしまいましたね。

日本商業開発は2014年も初任給50万で1位となっていて、他の企業も2、3社入れ替わった程度で金額もほとんど変わっていないようです。やはり景気や会社の業績に左右されるのは初任給の金額ではなく雇用人数のようです。

 

控除ってなに?知っておきたいお給料の基本

すでにお給料を受け取ったことがある人は知っていると思いますが、求人票に提示されている初任給や給与額って全額受け取れるわけではないのです。

すべての社会人が給料から差し引かれるものに、社会保険料と所得税、住民税があります。住民税は前年度の所得金額で決定されるので初任給から引かれる人は少ないかもしれませんが、がっつり差し引かれるのは社会保険料と所得税です。

社会保険料は「健康保険」「介護保険」「厚生年金」「雇用保険」と分かれています。一般的に4月から6月の給料支給額から基礎算定額というものを算出して、その基礎算定額に準じた保険料が支払われています。健康、介護、厚生は給料の支払者と受取人が折半して支払っているので、同じ金額だけ会社も支払っています。

雇用保険は失業したときや、育児、介護などで収入が少なくなったときに保証してくれる保険のことで、継続して雇用されていると必ず発生するものです。アルバイトでは対象になることは少ないのですが、契約して継続雇用が約束されたパートの人も対象になることがあります。当然、会社員は全員対象者です。

所得税は所得に対してかかるものです。所得とは細かくいえばいろいろとあるのですが、給料だけで一口で言えば支給額に対してかかる税金です。月支給額から年間で課税される所得額をざっくりと計算されて差し引かれます。初任給だとだいたい20%といったところでしょうか?

そうやって差し引かれる金額を考えていくと、初任給が20万の人でお給料として手元にいただける金額は16万円程度となります。間違っても家賃やローンを組むときに20万全額もらえると思って計画しないように注意しましょう。

 

高い初任給に潜む罠

初任給といわれて意味を正しく理解していますか?
初任給とは「正規雇用された人が最初に受け取る給与のこと」です。ではこの給与の構成はきちんと把握できていますか?

給料は基本給と各種手当によって構成されています。求人票に書かれている給料額や初任給額って実は各種手当が含まれている場合と含まれていない場合の二つのパターンがあります。求人する企業からしたら多くの人に応募してもらって、その中から少しでも優秀な人を選んで雇いたいので、給料額を高く見せるために手当を含んだ金額で載せている場合があるのです。

この手当とは、役職手当、住宅手当、通勤手当、残業手当などがあります。怖い罠としてよくあるのは「見込み残業」が含まれている場合です。見込み残業で含まれている時間で終われなかったら従業員の力が足りないことになって、追加の残業代が支払われないことが多くあります。

じゃあ見込み残業の時間内に終われれば得かといえばそうではありません。残業代は手当に含まれるので基本給ではないのです。毎年ある昇給。これは基本給で割合が決まります。つまり基本給が低ければ低いほど勤続年数による昇給額は少なく、もらえる金額がなかなか増えていかないのです。

そして一番の残業計算も基本給によって計算されます。残業時間×基本給の25%(%は基本的な残業時間の場合)が残業手当になりますので、基本給が低いと残業手当も低くなります。さらに企業方針として見込み残業時間が見直しされて削られたら…?

こうしてふりかえってみると、あの初任給が高かった企業の初任給構成はどのようになっているのでしょうね?

というわけで、これを見たらなんとなく納得。

 

東洋経済オンライン参照

2015年ボーナス支給額 TOP10

1位 472万 ムゲンエステート

2位 466万 TBSホールディングス

3位 398万 OSJBホールディングス

4位 324万 商船三井

5位 318万 ケネディクス

6位 317万 FPG

7位 315万 NIPPO

8位 310万 大本組

9位 287万 ロート製薬

10位 277万 日立ハイテクノロジーズ

※万未満は省略

 

初ボーナスでの比較ではないので勤続年数が長い人の割合が多いなどいろんな要因があり単純な比較ではないのですが、見事なまでに初任給ランキングに入っていた企業名がない。初任給という表示の罠って恐ろしいものですね。

 

Sponsored Link

 

個人的にはまだ実感レベルではないとはいえ、ボーナスや給料傾向から見ると世の中の景気はずいぶん回復傾向にあるようですね。

まとめながら思ったのですが、お金のことって調べれば調べるほどに奥深く、きちんと数字として比較できるものだけに計算の仕方や表示によって惑わされることが多くあります。自分で正しく仕組みを理解して、表示されている数字はどういう構成なのか。支払われている給料や手当計算は本当にこれであっているのか。労働法に従って正しく支払われているのか。

しっかりと自分でチェックをしましょう。

Sponsored Link

関連記事

ハロウィン初心者におすすめの手軽にできる飾り付け

友人と盛り上がる頃はそこまでハロウィンが浸透してなかったモカcaféがお送りします。 秋のイベ

記事を読む

「2015夏お中元イマドキの知識&常識:九州編」

記事を読む

古き良き伝統行事【針供養】

■針供養とは? 供養の方法は?■ 針供養とは、お裁縫の上達を祈り、折れたり錆びたりして使え

記事を読む

北九州の成人式が凄いと話題!!

○年前の成人式は特に変わったこともなく終わったモカcaféです。 毎年、各地の荒れた成人式の風

記事を読む

松江水郷祭 花火大会(2015年)の日程やスポット情報です!

松江水郷祭とは 毎年8月に宍道湖周辺で行われる島根県松江市のお祭りで、 昼間はメディア主

記事を読む

七夕は阿佐ヶ谷で! 阿佐ヶ谷七夕祭り 2015年情報

夏といえば夏祭りです。 東京都阿佐ヶ谷で毎年開催れている阿佐ヶ谷七夕まつりは、一見の価値ありで

記事を読む

もういくつ寝ると?その前に年賀状整理をマスター!

■なぜ年賀状を整理する必要があるの? ① 年賀状の出し忘れをしていないかの確認! 送って

記事を読む

女の子の初節句をスマートにお祝い準備しよう

初節句とは子どもがうまれて初めて迎える節句のことで、女の子は3月3日、男の子は5月5日が初節句となり

記事を読む

地蔵盆の意味は?お供え物の相場はいくらなの?

子どもの頃によく、地蔵盆に参加していた「ちびまま」です。 皆さんは、地蔵盆って言葉を知っていま

記事を読む

いまさら聞けない 喪中はがきのマナー!知ってますか?

 その年に近親者に不幸があった場合に、喪中という事で 新年の挨拶を欠くことを、先に知ら

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

成人式と同窓会が一緒の日!服装どうする?

もはや成人式のワードがなつかしいレベルのモカcaféがお送りします。

「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシ

普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。 毎年のよ

初詣・海外旅行に行かなくてもそれぞれの正月休みを!

みなさん!11月に入りましたねー。 毎年言っていますが、

中国国務院が決定する祝日事情はどんなもの?

先日ふらっと電気店へ行ったら店内のあちこちから聞こえる外国語に圧倒され

→もっと見る

PAGE TOP ↑