【赤目四十八滝】忍者修行の里で自然を堪能しよう!

赤目四十八滝って知っていますか?

名前だけは知っているなぁ、紅葉で有名だなぁ…と、実は私もそのくらいしか知りませんでした。

紅葉の季節だし、どこかハイキングにでも行きたいなぁと思い調べてみたら、ここの存在を知ることとなりました。

山の木々が綺麗に色づくこの季節、ハイキングに出かけてみませんか?

image001

Sponsored Link

【赤目四十八滝ってどんなところ?】

赤目四十八滝は、三重県名張市に位置し、滝川の清らかな流れと深い森がつくる深山幽谷。滝を繋ぐ約4キロの回遊路は遊歩道となっていて、桜・新緑・紅葉と四季折々の鮮やかな風景の中、滝を望むことが出来るのだそうです。

春夏秋冬365日、四季折々、様々な景色が楽しめますね。

新緑や紅葉だけでなく、滝も。水は命の源。流れ落ちるその様は、一秒一秒表情を変える…自然が織りなす癒しのパワー、心身を癒してくれるマイナスイオン効果。想像しただけでもワクワクしますね。

また、『平成の名水百選』『日本の滝100選』『森林浴の森100選』『遊歩100選』などに選ばれているようです。水質も申し分なしですね。

image002

【みどころ】

四季折々、姿を変えていく木々や、マイナスイオン効果の滝は勿論のこと、様々なイベントなども行われており、この時期は、夕方の4時から渓谷入口付近がライトアップされています。ライトアップされて更に際立つ紅葉もまた乙なものですよね。

昼間とは一味違う紅葉を楽しんでみませんか?

紅葉ライトアップ~竹灯り『七変化・黄昏時の紅葉』

七色に灯る明かりが、渓谷のもみじを照らし出します。揺らめく竹灯りと青く光る滝の灯りが幻想的な空間を演出します。

開催日時: 11月1日(土)~11月30日(日)
開催時間: 夕暮れから午後8時まで(ライトアップは午後4時頃から)

ライトアップの期間中は、午後5時以降、駐車場無料。臨時バス運行有。

赤目口駅前発赤目滝行き
17:15 / 17:45 / 18:15

赤目滝発赤目口駅前行き
17:30 / 18:00 / 18:30

忍者の森

赤目四十八滝は、伊賀忍者修行の里。忍者の森があります。ここでは、忍びの道具を使った修行や隠形術・登り術・飛び術・歩法・隠れ術・みずぐもの術・符牒の術などの修行が体験出来るそうです。奥義を極めれば、秘伝の書が貰えます。

※事前予約必要・詳しいことは
http://www.akame48taki.com/asobu/ninjanomori.html

第5回忍者修行選手権大会

その忍者の森で、12月7日に年に一度の『忍者修行選手権大会』が行われます。

丸一日、忍者修行をしてみませんか?

開催日: 2014年12月7日(日)
時間: 午前9時受付・選手権大会開催10時
参加資格: 子供の部・4歳から中学3年生まで(先着70人)/大人の部(先着30人)

※参加料金などの詳細は
http://www.akame48taki.com/info/2512/

【ハイキングに行こう!】

赤目四十八滝の醍醐味と言えば、マイナスイオンを感じながらのハイキング。

赤目四十八滝ハイキングコースは片道約1時間20分、往復で約3時間以上ほどはかかります。大小さまざまな滝が約4キロに渡って続き、赤目四十八滝の魅力を存分に堪能出来るのだそうです。

コースは綺麗に整備されており、アップダウンはあるものの、全体的にはなだらかなようです。しかし、歩き慣れていない人には『上りが続いて大変』という声もあります。

また、スタンプラリーなども行われています。こういった目的を持ってハイキングするのも楽しいかもしれませんね。

【ハイキングに行く前に】

往復で3時間以上かかるハイキング。

あまり沢山の荷物も考えものです。そこで、事前準備や、ハイキングに行く為のマナーについて考えてみました。

●服装

  • 長袖・長ズボン(寒い時期は重ね着)
  • 防寒着
  • 履きなれた歩きやすい靴(トレッキングシューズ・スニーカーなど)
  • 手袋
  • 帽子
  • 着替え(汗をかいた時のため)

●装備

  • リュック
  • 水やお茶など
  • タオル
  • 雨具(カッパなどがいいでしょう)
  • ゴミ袋
  • その他、ハイキングに必要だと思うもの
  • お弁当(お昼休憩などを挟む場合)

●ハイキングのマナー

  • ゴミは自分で持ち帰る(自然・生態系に影響を与えます)
  • 登山道を外れない
  • 動植物の捕獲・採取をしない(国定公園に指定されています。生物の捕獲や植物の採取は禁止されています)
  • 登り優先(ただし状況により判断。危険度、人数など)
  • 静かに歩く(鳥のさえずり、沢の音などに耳を傾けて)

●トイレについて

渓谷内にはトイレが二ヶ所あります。

混雑することもあるので、ホテル対泉閣前の公衆トイレにて、先に済ませておいた方が良いでしょう。

※入口の日本サンショウウオセンターにはトイレはないそうです。ご注意ください。

●赤目四十八滝 すべて見られます!

C070【三重】赤目四十八滝 1<近鉄赤目口駅~行者滝>

C071【三重】赤目四十八滝-2<行者滝~不動滝>

C072【三重】赤目四十八滝-3<不動滝~乙女滝>

C073【三重】赤目四十八滝-4<乙女滝~千手滝>

C074【三重】赤目四十八滝-5<千手滝~布曳滝> 

C075【三重】赤目四十八滝ハイキング-6<布曳滝~縋藤滝>

C076【三重】赤目四十八滝-7<縋藤滝~釜ヶ淵>

C077【三重】(CM)赤目四十八滝-8<釜ヶ淵~姉妹滝>

C100【三重】赤目四十八滝-9<姉妹滝~柿窪滝~笄滝~雨降滝>

C101【三重】赤目四十八滝-10<雨降滝~骸骨滝~斜滝>

C102赤目四十八滝-11<斜滝~荷担滝~夫婦滝>

C103赤目四十八滝 12<夫婦滝~雛段滝~琴滝~琵琶滝>

C104赤目四十八滝-13<琵琶滝~岩窟滝>

動画では味わえないマイナスイオン効果を体験しに、実際に行ってみたいですね!

絶対オススメ!

【現地のおいしいお弁当を持って滝見弁当】

赤目四十八滝近くのドライブインなどで、地元のお米や野菜などにこだわったオリジナルのお弁当が売られています。

ハイキングのお供に是非!

リンク先ページから、各お店の連絡先が掲載されています。ご予約はお早めに。
http://www.akame48taki.com/taberukau.html

【赤目四十八滝へのアクセス・駐車場情報】

大阪から

車の場合
大阪松原JCT(西名阪30分) → 天理I.C(名阪国道15分) → 針I.C → (R165 30分) → 赤目四十八滝

※駐車場は、赤目渓谷に行くまでのお土産屋さんへ。乗用車一律800円。

電車・バス利用
大阪難波駅(大阪線60分) → 赤目口駅 → (三重交通バス10分) → 赤目四十八滝

こんなお得な切符も発売されています。

赤目四十八滝 渓谷の自然探勝きっぷ

image003

セット内容

  • 近鉄各駅から赤目口駅までの往復乗車券
  • 駅から赤目滝までの三重交通バス往復乗車券
  • 日本サンショウウオセンターにも入館できる「赤目四十八滝入山チケット」引換券
  • 旅館「対泉閣」「山水園」の温泉入浴割引
  • 赤目四十八滝周辺の各店舗で使える飲食・お土産割引
  • 体験型アトラクション「忍者の森」忍者修行体験の料金割引

渓谷の自然探勝きっぷについての情報は、近畿日本鉄道
http://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/akame/

時刻表や各地からのアクセスなど、詳しい情報は
http://www.akame48taki.com/access.html

【一泊旅行もオススメ!近くの温泉宿情報】

せっかくの行楽シーズン。一泊で温泉につかるというスケジュールで行ってみてはどうでしょうか?
赤目四十八滝近隣の、オススメ宿の紹介です。
http://www.akame48taki.com/tomaruonsen.html

お得なプランを探すなら…

楽天トラベル
http://travel.rakuten.co.jp/yado/spot/mie/S24000207.html?s_kwcid=paidsearch&k_clickid=6795fff2-2a6b-3ba9-22f6-000012635ac5

●じゃらん
http://www.jalan.net/240000/LRG_240500/SML_240508/

【終わりに】

赤目四十八滝は、今が紅葉の見頃だそうです。

近くには温泉宿もあるので、心だけではなく体も癒されること間違いなし。日頃、疲れた心と体を癒しに、友人・ご夫婦・ご家族で、リフレッシュをしに行ってみてはいかがでしょうか?

赤目四十八滝についての詳しい情報は
http://www.akame48taki.com/home.html

Sponsored Link

関連記事

家族でお弁当を持ってピクニックに出かけよう!

今日は天気もいいし、暖かくて絶好のピクニック日和。そんな時に欠かせないのが「お弁当」ですよね

記事を読む

佐賀県にある伊万里梅園で梅のお花見を楽しもう!

佐賀県は梅の名所が多くありますが、その梅の名所の一つでもある伊万里梅園は西九州で最大ともいわれる規模

記事を読む

偕楽園へ梅や桜をはじめとした四季の花を楽しみにいこう

茨城県水戸市にある庭園「偕楽園」では四季の風景を満喫できるとして多くの観光客が訪れます。特に春は梅に

記事を読む

新名所?鳥取の河原城へ梅のお花見に出かけよう

鳥取へ旅行というと行き先として思い浮かぶのは鳥取砂丘くらいでしょうか?でも実は春の花の代名詞でもある

記事を読む

2016 今年は、どこのゲレンデに行きましょうか!

 つい最近まで、暑かったと思ったら、急に涼しくなり、秋ですね。 涼しくなると、スキーの

記事を読む

富士急ハイランドを楽しむ方法

富士急ハイランドとは? 富士急ハイランドといえば、絶叫マシン、お化け屋敷が有名ですね。 また

記事を読む

札幌雪祭り<2015>

日程・時間 2015年2月5日(木)~11日(水・祝日)の日程で行われます。 開催時間はいつでも

記事を読む

今年こそ秩父へGO! 関東一の芝桜まつりを見に行こう!

毎年桜の季節のすぐ後にやってくるのが「秩父の芝桜祭り」! ピンクの濃淡、白、紫、ブルーなど、色

記事を読む

四国九州最速!国道九四フェリーで旅しよう!

旅行というのは一つのリフレッシュであり、楽しいものです。 長期休暇が取れたらここへ行こう! 

記事を読む

【神戸イルミナージュ】今年はルミナリエとどっちに行く?

この時期、各地で行われている冬の風物詩イルミネーションイベント。 毎年、寒いこの時期の

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

大人のデートには水族館!関東編

お魚がスイスイと泳いでいる姿やお昼寝しているアザラシを見ていると癒

移動は節約したい!東京発の高速バス!

「新幹線ってなんでこんなに高いんだ!」と思ったことのある人~?

夏が来る!浴衣一式揃える前に

浴衣って着る機会が少ないからなかなか買いませんよね? だけど毎年思い

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士

人気急上昇の相撲界!弟子から横綱までの道

おめでたいニュースがありますね~。 高安関!大関昇進おめでとうござい

→もっと見る

PAGE TOP ↑