回避できないの?ヤフオクの入札&取り消し問題!

ヤフオクはいろいろ難しそうだとなかなか手を出せないモカcaféがお送りします。

いまやネットで不用品を売り買いすることはいろんなサイトやアプリで行うことができますよね。ヤフオクもそんな便利なサイトの一つですが、オークション形式となっているため人と人とのかけひきってどうしても発生してきます。

ヤフオクを利用する際の基本的な入札方法とよくある入札にまつわる問題点に注目して勉強してみました。

 

Sponsored Link

 

入札って難しいの?

ヤフオクに限らずオークションってなんだか難しく感じますよね。というか、私自身が難しく感じている一人なのですが。

 

【初めてのYahoo!オークション(ヤフオク!)】ヤフオクの始め方(入札の仕方)

入札そのものはとても簡単でシンプルです。システムがしっかりしているので、この商品になら入札してもいいなって最高金額を入力しておくだけで、その設定した最高金額まで競り合って入札してくれる『自動入札』という機能があります。ずっと張り付いて金額を入力していかなくていいのは楽ですね。

最高入札者となっていたらその商品を落札することができますが、入札額が他の入札者の提示金額に届いていないと最高入札者とならないので買うことができません。ここでさらに入札するかどうかの金額設定の駆け引きが生じるわけですよね。自分は最初に設定した最高金額よりお金を出してまで欲しいのかどうか。悩みどころです。

 

よくあるヤフオクでの入札トラブル

オークションは人と人とのやり取りと駆け引きです。それは入札者同士だけでなく、出品者との駆け引きも含まれています。いろんな人がいますので、トラブルも多く発生してしまいます。

よくある入札トラブルってどんなものがあるのでしょう?

 

入札金額を間違えてた!

image001

自動入札を設定して、これであとは待つだけ。ふと確認したらすごい高額で入札していた!なんてこともよくあるお話です。

一度入札したら入札したこと自体は取り消しができないルールなのですが、何度でも入札額を変更できるのがオークションです。入札する金額が間違っていることに気がついたら落ち着いて再度ほんとうに入札したい金額で入札しなおしましょう。

ただし、「現在の価格」より低い金額では入札できないので注意が必要です。入札をしたらきちんと自分が設定したい金額になっているか確認をしましょう。

例:20,000円で入札して、

「現在の価格」が1,000円(入札単位100円)の場合、
2,000円で再入札すると、最高入札額は2,000円に下がります
「現在の価格」は1,000円のまま変わりません。

 

入札したけどいらなくなっちゃった…

やむを得ない事情がからむこともありますが、入札後に商品がいらなくなることもありますよね。そういう時は入札を取り消したいのですが、残念ながら入札者から入札を取り消しすることはできません

自分で入札を取り消すことはできませんが、出品者から入札を取り消すことはできます。自分の都合で入札を取り消ししたい場合は「出品者への質問」を利用して、出品者へ入札の取り消しを依頼してください。

質問内容には、入札したYahoo! JAPAN IDと、取り消したい理由を入力します。質問内容を公開されたくない場合は、回答は不要と明記してください。
(出品者が回答すると、質問内容が公開されます)

ただし、実際に入札を取り消すかは出品者の判断に任されています。依頼したからといって必ず取り消されるとは限りません。また、対応に時間がかかる場合もあります。反応がなくても、しばらく待ってみてください。

入札が取り消しされるとそのオークションには再び参加することはできなくなります。また出品者のブラックリストにそのまま登録されてしまうと、今後その出品者のオークションには参加できなくなります。入札の取り消しに関してはすべてが出品者任せですし、ブラックリスト入りなど今後のこともありますので、入札しようとするときは商品や支払い条件、発送方法などをしっかり確認してから入札に参加しましょう。

 

直前になって出品者から入札が取り消されるのはなぜ?

Yahoo!知恵袋にこんな質問がありました。

『先ほどヤフーオークションで落札寸前で入札が取り消されていました。 …』

(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1184792266)

この質問を入札者と出品者目線のストーリー仕立てに推測するとこうなります。

-ある日-

入札者『これが欲しい!入札しよう(*゚▽゚*)』

出品者『入札されたけど額が思ったより低いな…(´・ω・`)』

-落札数時間前-

入札者『入札者私だけだから買えるなあ(*゚▽゚*)』

出品者『このままこの値段で落札になるのは嫌だなあ(´・ω・`)』

-落札直前-

入札者『あれ?!入札が取り消されてる!!Σ(゚д゚lll)

しかもまた同じ商品出品してる!!(# ゚Д゚)』

出品者『あのまま落札されたら嫌だったから取り消してまた出品した(´・ω・`)

落札されない限り悪い評価つけられないから、

さっきよりいい買い手を待つか(´・ω・`)』

ということです。ずるい方法です。

悪い評価とは入札が確定してしまうと、そこからキャンセルをした時点でマイナスの評価がついてしまいます。またキャンセル手数料も発生するので、同じキャンセルをするのであれば確定するまえに入札を取り消しして、出品も取り消しをしてしまえばその出品は無かったことになります

入札しようとする人は出品者の評価を参考にしてトラブルに巻き込まれないようにしています。今後もヤフオクで取引を続けようと思っている人は悪い評価をつけられたくないから、出品が無かったことにしてしまうことで自分で取り消しした事実もなくしてしまうのですね。

 

ヤフオク初心者は要注意ヤフオクでキャンセルするときの注意点

 

悪い評価がつかないということは、こういう直前キャンセルを繰り返す人の見分けがつきません。こういうことがあった場合には出品者の名前を覚えておいて同じ出品者には入札しないようにするしかありません。くやしいですが、あまり気にしないようにしましょう。

 

遅れているYahoo!の対策

こうした落札時間ぎりぎりの出品取り消し問題が横行していることはYahoo!も把握していて、対策案も出されていました。

それがこちら!

【延期のお知らせ】オークション取り消し・入札取り消しの仕様変更

(http://topic.auctions.yahoo.co.jp/notice/function/post_1076/)

落札1時間前になると出品の取り消しはできず、逆に入札者は取り消しができるようになる、という仕組みのようです。
説明してくれている動画がこちら。

ですが、こちらの仕様に関しては賛否両論で出品者からのいたずら入札が出るとの危惧する声も多かったことから2014年11月27日に施行予定だったところ、無期限に延期とのこと。

いまだ対策がされていないので、落札直前に出品取り消しに出会ってしまったらあきらめるしかありません。

 

トラブルをさけるために注意したい点

直前の出品取り消しに関しては避けようがありませんが、入札をする前に出品者の情報をしっかりチェックすることや商品の取引に関するいろんな条件を吟味することである程度のトラブルは避けることができます

入札手順を説明している動画から入札するときのチェックポイントを見てみましょう。

 

ヤフーオークション落札の手順~実際の落札の様子を公開中

出品者のチェックの仕方や落札手順から連絡方法なども説明してくれているから流れがわかりやすいですね。商品到着までのやりとりは途中で連絡がつかなくなったり、商品がなかなか届かなかったり、待っているととても遅く感じますが、そこは広い心で連絡を待ってみましょう。

 

Sponsored Link

 

いかがでしたか?

オークションは個人との取引となります。いろんな人がいますので、取引の仕方もそのときそのときで違ってくることも多く、入札も出品もなれるまでは内容によっては大変なこともありそうです。

そういったことに対応して考えるのが面倒で私はまだ手を出していないのですが、もう販売中止になってしまったものやなかなか入手できないレア商品で欲しいものがある場合にはヤフオクはとても役に立ちます。

よい出品に出会えたら、トラブル回避のポイントをしっかり押さえてうまく落札できるといいですね。

Sponsored Link

関連記事

「夏休みの宿題」どうしてますか。手遅れになる前になんとかしましょ!

もうすぐ夏です、夏休みです。 ただ、小中学生、高校生にとっては、楽しい夏休みと一緒に夏休みの宿

記事を読む

きもかわ人気が止まらない!水族館で楽しめる深海魚の世界

水族館なら毎週でもいいほど大好きなモカcaféがお送りします。 世界にはたくさんの魚が存在して

記事を読む

夏の夜のお楽しみ、といえば星空観測しかないでしょ!

もしかすると外の方が過ごし易いのかもしれない夏の夜。 しっかり虫除け対策をしてから野原で寝っ転

記事を読む

人気急上昇の相撲界!弟子から横綱までの道

おめでたいニュースがありますね~。 高安関!大関昇進おめでとうございます!! 大関誕生はおととし

記事を読む

師走の意味とは…

師走の語源・歴史 まず、師の語源は何か? いくつか考えてみます。 師とは学校の先生で

記事を読む

どんどん高くなっていく!日本の高層ビル。日本一はどこだ?

日本一高いビルってどこ? 日本で今、一番高いビルってどこだかご存知ですか? 私はずっと横浜ラ

記事を読む

SIMフリーのスマホを使おう

今の時代、携帯電話は必須と言ってもいいでしょう。中でも、スマホは仕事にも使えますし、ゲームなどの息抜

記事を読む

確定申告とは何?書き方は税務署で教えてくれるのでしょうか?

社会人になって初めて経験する人も多い確定申告。 テレビでは確定申告と言う言葉を聞いていても実際

記事を読む

お正月の初詣について知る

年が明けてお正月を迎えるとみんなで詣でる初詣。あらためて考えると初詣ってどうしてはじまったの?初詣に

記事を読む

【クラシック】交響楽ってつまりなんですか?【初心者向け】

■交響楽って何? 以前は管弦楽についてお話しましたが、 今回交響楽についてお話します。

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

大人のデートには水族館!関東編

お魚がスイスイと泳いでいる姿やお昼寝しているアザラシを見ていると癒

移動は節約したい!東京発の高速バス!

「新幹線ってなんでこんなに高いんだ!」と思ったことのある人~?

夏が来る!浴衣一式揃える前に

浴衣って着る機会が少ないからなかなか買いませんよね? だけど毎年思い

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士

人気急上昇の相撲界!弟子から横綱までの道

おめでたいニュースがありますね~。 高安関!大関昇進おめでとうござい

→もっと見る

PAGE TOP ↑