日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒について興味を持ってもらえたらいいなと思います。

実際に酒造見学って何?どうすれば行けるの?知らない事も多いと思いますので、ツアーについて、お勧めの酒造見学先をご紹介していきますね。

工場でしか味わう事が出来ない非売品の日本酒も味わえるのが何よりも酒造見学の魅力の一つなのですね。

私「わみどり」は焼酎派ではありますがこの機会に日本酒を堪能できる粋な女性になりたいと思っております。

 

Sponsored Link

今日本酒ファンに人気の酒蔵見学のツアーとは?

酒蔵見学だけではなく、試飲、買い物、グルメがすべて満喫できるバスツアーは割安なお値段でツアーになっているのです。

初めての見学や、女子同志、酒好き仲間と一緒にいけば、お得なのももちろん、安心して到着できて、飲み比べして少し眠りながら移動する・・・・

とても人気があり、色々な旅行会社から出ていますので、是非、一度ご覧くださいね。

公式HP https://orion-bustabi.com/kanto-feature/sakagura

 

酒蔵ツーリズムというサイトもあり、自治体や酒蔵、酒蔵ファンからツアーの特徴やお勧めなど紹介されているので、とても参考になるのでこちらを見てから出かければ間違いなし!

公式HP https://sakefan-tourism.com/ja/about-sake-brewery-tourism/

 

新酒の時期っていつごろ?

日本酒の酒蔵年度とは酒造りにおける1年の区切り方の事で、7月1日から翌年の6月30日の期間を指すのですね。

日本酒は基本的に10月~3月にかけて仕込まれ、6月を迎える前に出荷された日本酒は新酒と言えます。

毎年7月以降に造られて、翌年の6月までに市場に出た日本酒のことを呼ぶのです。

月桂冠のような大手メーカーなら工場の生産ですのでいつ行っても飲めるので大丈夫です。

その年の秋の実りが詰まった新米を収穫し、洗米、精米、蒸米などの工程を経て、12月に入るとふくよかな麹の香りを漂わせて生まれたての新酒として誕生するのですね。

基本的な日本酒の作り方は同じですが、各蔵元の酒造りに対する意欲と姿勢が個性のある日本酒として反映されているので味に深みがあり美味しいのです。

四季の移り変わりの中で生まれてきた旬の味わいがその時期により「搾りたて生」「にごり酒」などとして店頭に並ぶのは楽しみです。

 

全国でも有名な見学できる酒蔵とおすすめの見学時期

 見学時期は通年行っている所も多いのですが、仕込み時期は11月~3月になるので酒蔵さんにとっても忙しい時期なので確認を取ってからお出かけ下さい。

見学できる範囲や時期も異なるので、一度調べてからがおすすめですよ。

 

  • 千代の光酒造

精米所や釜揚、仕込み蔵、貯蔵庫、瓶詰めなど作り手の日本酒に対する想いを強く感じられる満足度の高い見学になっているのでお勧めです。

一番忙しい時期にもしっかりと見学対応してくれて、日本酒が好きになる事間違いなしです。

 詳細は2名~5名以上 無料

予約方法 電話

見学時期 11月から3月

公式HP  http://chiyonohikari.com/blankpage6.html

  • 田村酒造

丁寧に造って丁寧に売る、を理念に文政5年(1822年)から酒造を作っている老舗

酒造りに必要な米・水・技術力は大切なのはもちろんですが、田村酒造では土台にあるのは人間であるという誠実な姿勢が伝わる蔵人をHPで紹介している素敵な酒造なのですね。

酒造見学の主な内容は広い蔵内を案内してくれて、日本酒の試飲を楽しめます。

酒造の歴史を説明してくれて、お土産も豊富なので楽しい見学になる事間違いなし。

 

詳細は10名以上 無料 月曜日~金曜日

予約方法 専用メール・FAX

公式HP  http://www.seishu-kasen.com/

 

  • 石川酒造

主銘柄は多摩自慢と言うお酒で、多摩地区を代表する老舗酒造なのです。

日本酒だけではなく、ビールを扱っていることが特徴ですので、初めての日本酒体験でも楽しみが二倍になりますよね。

 

詳細は1名からOK 無料 月曜日~日曜日 祝日も可能

予約方法 電話

公式HP http://www.tamajiman.co.jp/

 

酒造見学の主な内容は酒造りのマル秘エピソードや日本酒の製造工程、案内、試飲では3種のお酒を用意してくれています。

敷地内にはレストランもあり、ツアー後は皆で1杯はおつな物ですね。

お土産もお酒だけではなく、日本酒やビールに合うおつまみも豊富で何を買うか楽しみの一つになるくらいありますよ。

 

  • 澤乃井酒造

奥多摩の豊な自然が紡いだお酒を味わえるところですね。

自然に恵まれた場所で、蔵内では酒まんじゅうなどの甘味も楽しめ、相当の種類の大吟醸を含む種類の日本酒が用意されているので是非、見学に行ってみてください。

 

詳細は1名からOK 無料 月曜日~金曜日

予約方法 電話 専用フォーム

公式HP http://www.sawanoi-sake.com/

 

酒蔵見学にいくときの服装はどんなことに気をつける?

 

いざ見学ツアーに参加または見学に行く日程が決まったら気を付けたいことがあるのでご紹介したいと思います。

まず、行く当日には納豆などの発酵食品を食べる事は避けましょう

酒造りには微生物の存在が少なからずかかわりがあり、そこに万が一生命力の強い納豆菌などが入ると麹菌より先に繁殖してしまいヌメリ菌となり不純物になってしまいます。

細かく言えばヨーグルトや漬物に含まれる乳酸菌類、ミカンなどの柑橘系の果物に生育するアオカビ菌や酸も悪影響を与えてしまう可能性があります。

一般の見学には製造工程の場所に入る事などはないと思いますが迷惑を掛けないように控えておくとよいと思います。

服装は?と悩むかもしれませんが、普段の格好で大丈夫ですよ。

ガラス越しや見学用の設備になるので、特別に仕込みを間近で見る場合などには白衣や帽子も必要ですが事前に連絡が入ります。

お酒造りにおいて香りは重要な判断基準なので、蔵元さんの邪魔にならないように、強めの香水などは控えましょう

酒米の蒸しあがる臭いや麹の匂いを肌で感じるのも見学の楽しみの一つです!

蔵の中は土足から専用の靴に履き替える事が多いので、着脱しやすい靴がお勧めです。

白衣に着替え、頭にキャップを被る事もあるので長い髪の方はまとめておくと便利ですよね。

最後に見学時は試飲コーナーを設けてくれている所が多いので、ついつい飲みすぎてしまう事も・・・

荷物にならなければペットボトルがあると和らぎ水として持参すると良いと思います。

Sponsored Link

まとめ

酒造見学やツアーを通して日本酒の魅力が広がるといいですよね。

食と酒とイベントなどで地域が活性し、お祭り的な意味合いで開催する酒蔵も増えてきているようです。

なかなか蔵元に逢える機会もないので、作り手の想いや顔が見られるのは素敵な事だと思います。

私「わみどり」も今年は日本酒に挑戦してみたいと思っていますので、バスツアーに参加する予定で今からワクワクしています!

Sponsored Link

関連記事

一風変わった京都観光なら食品サンプルの体験がおすすめ!

京都に行くとなぜか一度は迷子になるモカcaféです。 古都京都。 そういうのにふさわしい、歴

記事を読む

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士。 もちろん我が家の母もウル

記事を読む

2016年、ゴールデンウィークに国内旅行するならここ!

今年のゴールデンウィークは2日休みを取れば10日続けて休める大型。 全て使って遠出したり、いろ

記事を読む

リアルも可愛いも叶う!東京でできる食品サンプル体験

「お腹すいたね。何食べる?」 「えー。なんでもいいなぁ。とりあえずレストラン階に行って見てみよ

記事を読む

関西の日光と呼ばれる【多武峰・談山神社】の美しすぎる紅葉

【談山神社とは…?】 奈良県桜井市、多武峰の山中に位置し、藤原鎌足を祭る談山神社。 鎌足が中

記事を読む

乗り放題4日間!ストレス0の旅行をぜひまわりゃんせで!

■まわりゃんせって何? まわりゃんせとは、近畿日本鉄道(近鉄)が期間限定で発売している特別

記事を読む

フェリーを使って行く香港・マカオツアー

本日は、主に30代の女性の方達から人気の高い旅行先、 香港・マカオについてのお話をしていきまし

記事を読む

【新歌舞伎座】北島三郎 最終公演中。11月末まで!

【新歌舞伎座とは?所在地は?】 新歌舞伎座とは、歌舞伎・演劇・ミュージカル・歌謡ショーなどが楽

記事を読む

大人のデートには水族館!関東編

お魚がスイスイと泳いでいる姿やお昼寝しているアザラシを見ていると癒されますよね~。 イルカやペ

記事を読む

佐賀県にある伊万里梅園で梅のお花見を楽しもう!

佐賀県は梅の名所が多くありますが、その梅の名所の一つでもある伊万里梅園は西九州で最大ともいわれる規模

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑