なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

Sponsored Link

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまいます。

夏風邪と言う言葉よく耳にしますよね?

冬に引く風邪とどのような違いがあるのか、なぜ夏風邪は長引くと言われているのか理由が分かれば予防もできるはずです!

風邪はいつでも引かないように、にんにくと栄養ドリンクの力を借りて頑張っている私「わみどり」が夏風邪についてお話していきたいと思います!

 

 

夏風邪の主な症状

夏風邪は冬の風邪とは違って、鼻水や鼻づまりの症状が出にくく、喉の痛みや激しい咳、頭痛が特徴的です。

免疫力が低下している時には高熱が出る場合もあり長引くので非常に辛いですよね。

夏風邪の原因となるウィルスは暑くて湿度の高い環境で活性化し、呼吸器だけでなく腸内でも繁殖してしまう特徴があり、急な発熱や喉の炎症、痛みの他にも下痢や腹痛などお腹の不調も多くみられるのです。

夏はとにかく暑いので何か冷たい物がほしくなってついアイスや飲み物を摂る事が多く、胃や腸への負担をまねいてしまいます。また喉も外部の空気に直接触れる機会が多いので痛みが多くなるという理由があるのです。

夏風邪の症状はヘルパンギーナ・手足口病のように水泡が出来るものや、プール熱の結膜充血のように特徴的な物があります。

詳しく症状について説明していきますね

 

手足口病とは高熱が出る事は少ないですが、1週間ほどで下がり、手のひら、足の裏、口の中に発疹(水泡)が出来、流行する感染症で子供が多いですが大人も掛かりうる病気になります。

プール熱とは咽頭結膜熱と呼ばれ、咽頭部(喉)の炎症や結膜(目)に炎症がでます。
ウィルス感染がプールで多い事から呼ばれるようになり、夏風邪独特の病気になります。
高熱は長引く事が多く、3日から7日程度、喉は腫れて真っ赤になり、痛みも伴います。
眼は痒く、目やにや涙が出て、頭痛や吐き気も起こる事もある辛い病気です。

ヘルパンギーナとは2~3日間高熱が出て、喉や口に発疹が出て痛みが3日~5日程度続く症状が出ます。

発疹は口腔内の上あごや咽頭部の周りに多く発症する傾向で、刺激の強いモノは喉に染みて痛みが増すこともありこちらも辛い病気なのです。

 

夏風邪が長引く理由とは?

夏風邪のウィルスは「エンテロウイルス」「アデノウィルス」「コクサッキーウイルス」などが原因で起こります。

このウィルスにはインフルエンザのように効果的な薬が無く、細菌と戦う抗生物質も効かず、回復するには症状を対処法で和らげ、ウィルスが外に排出されるのを待つしかないので長引く理由となるのですね。

しかもそのほとんどがお腹の中で増殖し、通常体内に侵入したウィルスは便と一緒に排出されるのですが、腸にいるウィルスを全て排出するには約1カ月ほどかかると言われているのです。

夏場の温度と湿度の高さはウィルスを活性化し、その便がまた、感染源となってしまうときには感染源が広がってしまうのです。

また外と室内の温度差が大きく、体調を崩しやすい事があり、この気温の変化に体がついていかずに、ウィルスを排出するために必要な免疫力が低下することでも長引く理由の一つになるのです。

夏は暑さにより、体力の低下や食欲不振を起こしやすい時期で、弱った体にウィルスが感染しやすく排出しづらいので夏風邪は長くなるという事なのです。

 

咳を止めたいときみんなどうしてる?

先ずは風邪のウィルスをやっつけるために免疫力の確保をしましょう。

睡眠を多くとり、自然治癒力を高める事が必須です!

乾燥をすることで咳も出やすくなるので、寝る時にマスクの着用もおすすめですね。

夏の暑さと相まって脱水症状も引きおこり、乾燥する事で咳が出てしまうので、こまめな水分補給が必要になります。

おすすめの飲み物は温かい物、ホットココアや「はちみつ」を入れるのがおすすめ。

温かい飲み物は蒸気で加湿効果も期待でき、体も暖まります。

またはちみつには殺菌効果のある成分や抗酸化物質が含まれているので咳を止めるのに役立つのですね。

更にはちみつと相性の良いレモンはクエン酸パワーで疲労回復にもなります。

少量の赤ワインと生姜を混ぜたものも効果があります。

意外かもしれませんが微熱であれば、ぬるめのお風呂も体が暖まり、新陳代謝が高まり、免疫力の回復を早めるのでお勧めです。

体の中の水分同様に、周りの空気の湿度にも気を配りましょう。

空気が乾燥する事は体内の水分が奪われがちになり、ウィルスや菌が飛び散りやすくなるため、適度な湿度(湿度40~60%)を保つように心がけましょう。

 

夏風邪予防に心がけたいこと

夏風邪はウィルスが原因の感染症という事がお分かりいただけたと思います。

これは風邪予防に一貫していえる事ですが、先ずは手洗いうがいでウィルスを流すことが大切になります。

そして意外にも目薬。プール熱などの理由からもわかるように、夏風邪は目から感染する場合があるので、表面を洗い流すことが目的なので種類は問いません。

また部屋の湿った空気を換気してからエアコンをつけましょう。湿度は大切なのですが、湿った空気にウィルスが繁殖してしまうので湿った空気を逃がしてくださいね。

食べ物で気を付けるには、ビタミン類を多く含む野菜や果物を取り入れて、バランスの良い食事を摂りましょう。

そして、十分な睡眠、適度な運動が理想で、ウィルスに特効薬が無いので、常に自己免疫力を高めておくことが一番の予防になります。

 

小さなお子さんがいるご家庭ではかかる事が多い感染病なので、オムツ交換などにも注意して、手袋などを使用して、手洗いと消毒をしっかりと行いましょう。

タオルなども別の物を使用する、一緒の物は避ける事も必要で、感染を拡げないように心がける事が大切になります。

夏風邪の特徴である、腸内環境。予防するには食事で善玉菌を増やして打ち勝ちましょう!

夏風邪の予防には、ウィルスが体の中に入らないようにするのが一番、普段より念入りにと思うきもちが大切になります。

 

Sponsored Link

 

まとめ
夏風邪が長引く理由がお分かりになりましたか?

暑さで体力が奪われて、食欲が出ない、眠れないという生活の悪循環が免疫力を低下させてしまい、ウィルス感染しやすくなってしまうのですね。

やはり生きる事には、食と睡眠がベースとなり、適度な運動や水分補給でバランスを整えておけば、自己免疫力で自らを守ってくれるものなのですね。

今年の夏は特に熱く、本当に注意しなければいけないので、事前に水分補給を行って熱中症や脱水の対策も忘れずに行いましょうね!

Sponsored Link

関連記事

肩こりや頭痛ってツライ!マッサージに行けば治るの?

朝すっきり起きれず疲れが残っていてカラダがだるい。 最近、肩こりや頭痛が酷くなっている

記事を読む

スマホ手袋の使い方

寒くなってお出かけのときに手袋をすることも多い季節となりました。ちょっとしたときにスマホで確認したい

記事を読む

狂犬病の予防接種の時期はいつ?

皆さんもペットショップなどを訪れると犬が可愛いと思う人も多いと思います。 でも、この「

記事を読む

もしかしてあなたも過多月経?

日本は、先進国の中でも、婦人科検診受診率がダントツに低い国なのだそうです。 やはり、伝統的に我

記事を読む

蚊への対策 刺されない!かゆみを止める!

暑い夏がやってきました。 この時期はなるべく薄着をして涼しく過ごしたい〜。 そんな時期に

記事を読む

きもかわ人気が止まらない!水族館で楽しめる深海魚の世界

水族館なら毎週でもいいほど大好きなモカcaféがお送りします。 世界にはたくさんの魚が存在して

記事を読む

タバコの値段はどんどん上がる。税収ってどうなってんの

こんばんは。文句です。 健康問題なんかでよく取り沙汰されるタバコ。 日本の国民の皆様

記事を読む

エアコンを安く使うコツとは? 冷房と除湿の使い分けポイント

夏のエアコンは冷えすぎない除湿が好きなモカcaféです。 暑くなって大活躍のエアコン。昨今はほ

記事を読む

東京マラソンのコース維持に関する交通規制

2017年2月26日に大々的に開催される東京マラソン。通常の車道をコースとして使用する東京マラソンで

記事を読む

ミネラルファンデーションってどうイイの?

パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、スティックファンデーションと、ファンデーションに

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑