節分で食べる豆について豆知識!…豆だけに…

Sponsored Link

我が家の節分はすっかり太巻きを食べる日となったモカcaféがお送りします。

冬は家族で楽しめる行事がたくさんですよね。
その中でもかなり地味な節分。節分といえば豆まきをして、恵方巻きをもぐもぐ食べて…あと何をしたっけ?
それくらいに地味で盛り上がりのかける節分。昔からの行事だからなんとなくやるって家がほとんどなのではないでしょうか?

地味な節分ですが、それでも欠かせない節分アイテムといえば『豆』ですよね。
成人式が終わるころにはスーパーに福豆がずらり。新年となってもうすぐ一ヶ月か、と感慨深くなるものです。

時間の流れに感慨深くなったところで、節分に欠かせない豆について調べてみました。

 

 

節分の重要アイテム『豆』

いや、重要かはともかくとして…やはり節分を行事としてやろうとしたら豆まきはやりますよね。
節分でまく豆の役割については過去記事(http://www.fj9.info/post-3257/)でもふれていますので、由来が気になる人はよんでみてくださいね。
ここにも豆の役割について簡単に書くと、古典で鬼の目に大豆をぶつけて退治したことから、豆まきには魔除けの役割があります。また、邪気を豆に封じ込めて周りを浄化する役割もあるわけですね。
でもなんで鬼退治に豆をぶつけようと思ったのでしょう?

なんて疑問に思ったのですが…残念ながらコレといった鬼退治に豆が採用された理由がみつからず…

私の個人的な考えでは、伝承って生活の知恵が多く含まれているので、普通の人でも鬼は退治できるってことなのかな?と勝手に思っています。

そんな鬼退治と豆を調べてみたらこんな言葉がたくさん出てきました。

 

『ワタナベさんは豆まきをしなくてもしなくていい』

 

この由来は酒呑童子の大江山のお話からくるようです。
複数の鬼を従えていた酒呑童子。多くの人から恐れられていたため、ある日、都の四天王が討伐に挑みます。
鬼に効くお酒で酒呑童子の首はとられたのですが、渡辺綱と対峙していた茨木童子だけは逃げました。
その後も腕を切り落とされたり、復讐を果たせず腕だけ奪い返して逃げるにとどまったりで渡辺綱にはかなわない事から、鬼の間では「ワタナベ」は恐れの対象になったのだとか。

昔から続く行事って調べてみるといろんなつながりがでてきておもしろいですね。

豆まきでまいた豆は食べる派?食べない派?

節分になると店の一角をにぎやかす福豆。たいていは炒った大豆ですよね。
豆まきをしたらそのまま豆が床に落ちるわけで…落ちたものを食べるって日本の教育ではちょっと抵抗があります。きたならしいって思ってしまうもの。

本来の作法であればまいた豆を拾って、吸収した悪いものをさらに身体の中に封じ込めることで浄化が完了します。
悪いものを取り込むと余計に自分の中に悪いものが巣くう気がしますけどね。これは食べて克服するっていうことなのでしょう。

実際はというと家庭によりさまざま
やっぱり下に落ちたものを食べるのは…って家庭はまく豆と食べる豆をわけていますし、本来の節分にのっとってやりたい家庭は拾って食べているようです。

この豆まきで注意したいのは小さなお子様や室内でペットを飼っている家庭です。
毎年、この福豆がのどにつまって窒息してしまう事件が起きています。
小さなお子さんはまだのどの広さが狭いのでかたい福豆はつまりやすいのですね。ペットもおなじ理由です。
地域によっては落花生をまくので、もしもがないように落花生をまいてもいいかもしれません。まいた後に食べるときも殻があるので抵抗があまりありませんし。一石二鳥かも?

 

「大豆」はたくさんある??

一般的に大豆っていうとあの黄色っぽい豆のことですよね。生のものは煮てもおいしいし、炒り豆も豆まきしたり、ぽりぽり食べたり、粉にしてきな粉として食べたり。
でもじつは「大豆」というといろんな色や大きさの種類があるんです!

「大いなる豆」、つまり「豆の中でも一番」の意味で名づけられたとされる「大豆」。とてもたくさんの種類があり、その土地ならではの「地大豆」を入れると、その数は数百種類にもおよぶといわれています。

大豆といえば、豆まきにも使われる黄色い「黄大豆」をさすことが多いですが、白や黒、赤、緑色の大豆もあります。おせち料理の定番「黒豆」も実は大豆の一種です。
引用:まめプラス(http://www.mameplus.jp/knowledge/index3.html

実家で作り始めてわかったのですが、あの黒豆って枝豆なんです。あのビールのおつまみに出る緑色の枝豆。
あれの中身が黒くなる種類が黒豆なわけで…ということは、ビールのおつまみである枝豆も「大豆」となるわけです。

じゃあ黄大豆や白大豆ってどんな植物なのかな?って調べたらやはり枝豆のようで。

それなら他の豆も大豆って区分されるのかっていったらそうでもないらしい。
大きな豆といえばやはりそら豆。

やっぱり同じような疑問をもった人がいるようで、Yahoo!知恵袋にもこんな質問が挙がっていました。

そら豆は大豆ですか?

そもそもそら豆とは?大豆とは?

引用:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218695337

回答がいまいち答えになっているような、いないような…なのですが。
言いたいことはそもそも植物の構造が違うよってことですね。

植物には属という大きな分類があるのですが、大豆とそら豆ではどうやらその部分から違うようです。
最初に生息していた地域も北アフリカと中国で違うようなので、まったくの別物として扱われるわけですね。
大きな豆なのに不思議な感じ。

そうなると地域によってまかれる落花生は大豆なのか?
答えは「No」
そもそも落花生がまかれるようになった背景には「片づけやすいから」という理由があります。大豆だからってわけではないのですね。
わりと自由なスタイルで行われる節分。
生活に合わせたものを取り込んで、邪気をはらう日であることだけがなんとなく受け継がれているようですね。

 

大豆が大量にあまる…

節分なら豆まきだ!って準備するものの、炒り大豆ってそこまでおいしいものではありませんよね。
歳の数だけ食べるんでしょ?なんて最低限の数だけ食べて、あとはそのまま。袋の半分くらい残っちゃう家もあるのではないでしょうか?

せっかく準備したのにそのまま捨てるのも、なんて思うのはみんな一緒のようで。
調べてみると大豆のレシピっていっぱいあるのですよ。

レシピといえばやはりクックパッド最強!
簡単にたくさん食べてもらおうとしたらおやつ!これと思ったおやつレシピをメモついでにおすすめします。

 

簡単!節分豆おやつ♪福豆かりんとう豆菓子
https://cookpad.com/recipe/3615495

 

福豆チョコ(節分豆リメイク)
https://cookpad.com/recipe/4330700

 

簡単*HMで節分豆クッキー
https://cookpad.com/recipe/4333447

 

少ない材料、身近な材料で豆をそのまま使えて調理が簡単なのがうれしい3つのレシピ♪
これなら節分じゃなくても普段から食べてみたいですよね。
黒豆いっぱいあるから炒り豆にして作ろうかな…気力があれば…

 

Sponsored Link

 

調べてみるといろいろある「豆」知識。いかがでしたでしょうか?
昔から続く行事というと由来ややる理由も気になりますが、一つのものに注目するとまた違った方面の知識が増えてまたおもしろいものです。

もっといろんな目線で豆に対する疑問ってあるとは思います。よかったらいろいろと調べてみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

宝くじ

初夢宝くじ!当選番号を当てたい!

初夢宝くじと言うのが販売されているのをご存知でしょうか? お正月なので初夢が良くて、宝

記事を読む

YASSAフェスティバル(2015年)東金で盛り上がろう!

やっさフェスティバル(YASSAフェスティバル)について   千葉県東金市で毎

記事を読む

初めての節句のお祝いに

おじいちゃん、おばあちゃんにとって、初孫は目に入れても痛くない宝物。 初孫のお祝いには、色々と

記事を読む

思わず笑って許しちゃう?【スライディング土下座】おもしろ動画発掘!

おもしろ動画が大好きなモカcaféがお送りします。 ネットではYoutubeやニコニコ動画にい

記事を読む

ひな人形の飾りつけ

3月3日はひな祭り。最近はひな人形もたくさん種類が出ているのでどんなものを、どんなふうに飾ればいいの

記事を読む

鹿児島知覧ねぷた祭りに行こう!2015年情報

青森だけじゃなくて、鹿児島でも熱いお祭りが開催! 知覧ねぷた祭りで盛り上がろう! ■ねぷ

記事を読む

梅雨時期の室内干しにお勧めの洗濯方法やアイデアグッズを紹介します♪

いよいよ到来してしまった「梅雨」ジメジメした季節・・もちろん恵みの雨でもあり、雨ならではの楽しめる季

記事を読む

2016年の干支は、サルです。年賀状の準備はお早めに!

 暑かった夏が終わったと思ったら、急に秋めいてきましよね。 「年末なんて、まだ先!」って、ほと

記事を読む

流山花火大会(2015年)で2つの花火大会を楽しもう!

流山花火大会とは 千葉県流山市の「流山花火大会」は、千葉県と埼玉県の県境で行われる花火大会です

記事を読む

「2015夏お中元イマドキの知識&常識:九州編」

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑