冬の高い暖房費 効率よく電気代を節約するコツ

Sponsored Link

寒さに苦手なモカcaféはストーブとひざ掛けが手放せません。できたら一日中毛布の中で過ごしたい。

クリスマスソングが楽しげに響く頃、雪の便りがちらほらとテレビを賑やかします。
天気図には冬将軍がどっかりと座り込んで…こうなると一気に外に出たくなくなるものです。とはいえ、家の中も外と変わらず寒いわけで。
せめて家にこもっているときくらいは自分の過ごしやすい温度でのんびりぬくぬくしたいものです。

ふところも冷え切らないように、手早く暖かい部屋にするにはどんな暖房がよいのかまとめてみました。

 

 

日本の暖房

冬に部屋を温めるための暖房といったらやはりストーブですよね。
ストーブと一口に言っても、昔ながらの灯油をしみこませた芯に火をつけて、上にヤカンを乗せられるものから、電気ストーブファンヒーターなどがあります。少し風変わりなものですとオイルヒーターも電気ストーブの一種ですね。

季節のものを増やしたくない一人暮らしや会社などではエアコンも立派な暖房といえます。
エアコンが上からなら、下からは床暖房。オール電化やガス発電を設置している家庭では床暖房を導入しているところが多いようです。

ちょっと余談として、部屋をあたためるものではないけれど、コタツは冬の定番ですよね。あの少し足を入れるだけで眠気がくる不思議。一度のんびりと入ってしまうと離れられなくなります。

他には設置場所や燃料の確保の問題から一般家庭ではあまり普及していませんが、薪ストーブも趣があってあたたかいですよね。
既に昔ながらのミュージアムでしか見られなくなってきた火鉢も個人的には好きな冬アイテム。自分の横においておきたい一品ではあるのですが…。

 

電気代が安くすむ暖房器具は?

夏に涼しく過ごそうと思うとやはりエアコンが大活躍。
そのひきかえに電気代の明細はおそろしいことになっています。冬もエアコンを毎日のように使って、あの夏のような料金が請求されるのかと思うと…困ってしまいますよね。

でも夏と違って冬は暖をとれる方法がたくさんあります
生活に必要な光熱費のうち、何を削りたいのかを考えてそれに合わせて暖房器具を選択したらいいのです。今回は電化製品に囲まれているとどんどん膨れ上がっていく電気代が安くなる暖房について考えてみましょう。

一年中オールマイティに使えるのはエアコンです。夏は涼しい風が出てきて、冬は温かい風が出てきます。温度管理する機能もずいぶん進化してきたので、夏も冬もスイッチ一つで手間なく使える便利器具です。

しかし、エアコンは管理も温度調節もすべて電気がなければいけません。使えば使うだけ電気代は高くなっていきます。
電気代を節約しようと思うとエアコンだけで部屋を快適温度にするのは不向きといえます。

エアコンと同様に電気代が高くなることは電気ヒーターでもいえますね。
電気ヒーターのスイッチ周りを見てみると500Wとか1500Wとか書いてありますよね。この数値は高いほど暖かくなりますが、それだけ電気を使いますっていうことです。
このWって身近なところでは電子レンジでよく見かけますね。
電気ヒーターをつけている間は常に電子レンジを使用しているような状態ともいえます。このように考えると…電気ヒーターがどれほどの電気を使っているかは一目瞭然ですよね。

実は暖房で一番効率よく部屋が暖まるのは床暖房だともいわれています。
調べたことがあるだけで実際に使ったことはないのでどれほどの効果なのかはわかりませんが、冬の寒さといえばやはり足元からですよね。その足元から暖めることができる床暖房はやはり優秀なのでしょうね。

床暖房には電気とガスの二つが選ぶことができます。電気代が高くなるのをおさえたいのであればガスの床暖房を導入するほうがよいかと。
床暖房の電気vsガスについては過去記事(http://www.fj9.info/post-3292/)を参照してみてくださいね。

一番のネックといえばやはり導入するのに床の工事が必要になるという点でしょうか。
床の下に熱源を張り巡らせるだけなのでDIYででもできるほど設置は簡単とはいえ、部屋の片づけから床をはがして…などとやるのはとても大変。
もし床の張替えやリフォームなど予定があるなら導入を検討してもいいかな。単純な電気代節約、という点だけでは選択しにくいのが欠点です。

 

そうなってくると、手軽ですぐに電気代が節約できそうな暖房器具はファンヒーター
ガス式や灯油式とありますが、暖房用のガス栓がない人は灯油タイプのものになります。

ファンヒーターは熱源を作るためにガスや灯油を使うので、電気は最初の点火と火の管理にしか使わないので電気代はとても抑えられます。
しかも暖房効率もとてもよいです。最初エアコンだけつけて1ヶ月ほど過ごしていたらなかなか暖まらなくて、ファンヒーターを入れたら部屋の温度が一気に変わりました。
最初はエアコンとファンヒーターを併用していたのですが、ファンヒーターが優秀なので今はファンヒーターだけで過ごしています。
やはり温風が集まる部屋の上部に吹き出し口のあるエアコンより、床に置くファンヒーターの方が部屋の下部に吹き出し口があるので、温風が上に上がるときに部屋も暖められるので効率がよいのでしょう。

ファンヒーターの難点といえば灯油の給油ですね。
ガス式の場合は元栓からガスが供給されるのでこういった手間はありませんが、灯油式のファンヒーターはタンクに灯油を詰め替えないといけないので、一日に1回程度の給油が必要となります。
また月に一度ほど灯油タンクにまとめて給油しておかないといけません。灯油の保管場所も必要ですし、使っている間は何度も給油が必要になるところは欠点。
これさえクリアできるのであれば、ファンヒーターはとても優秀な暖房器具です。

 

日本の一般家庭ではなかなか導入が難しい薪ストーブもかなり優秀な暖房器具ですよ。
電気を使うことがないので、電気節約で効率よく暖める暖房器具としてはナンバー1の実力といえますね。
ただし、煙突を含めて設置するスペースが必要ですし、毎年大量の薪が必要となります。
薪ストーブに使う薪の量はとても多くて、一冬過ごすには倉庫を埋め尽くすほどの薪が必要なのだとか。
今やホームセンターなど身近なお店では薪は扱っていませんよね。山でも間伐材を薪にしているところも少ないですし、必要な量の薪を入手することがとても困難なのです。
経済的にもスペースにも余裕があるようでしたらいかがですか?

 

Sponsored Link

 

暖房にかける電気代を節約するコツはやはり、暖めているときに継続して電気を使うかどうかです。
それぞれの暖房器具の動作特徴を理解して、使う環境や頻度に合わせて使い分けることが大切。
効率の良い順に継続して使用したときに使いにくくないか。手入れは自分でできるか。使うときはもちろん、使わないときも邪魔にならないかどうか。
いろんな角度から考えて、自分にとってよりよい暖房を使って暖かい部屋でお過ごしくださいね。

Sponsored Link

関連記事

金額・タイミング・マナーが鍵です、内祝い

頭頂部と両サイドのパーマが特徴的なおっちょこちょい主婦が大活躍する某アニメのオープニングタイトルのよ

記事を読む

子供と行く!鉄道模型の運転を体験しよう!

■鉄道模型の運転って、何が楽しいの? こちらの記事 (http://www.sankei

記事を読む

子ども自転車のサイズは?

子どもの自転車にもサイズがあるのをご存知でしょうか? 本当に小さいサイズの物から今は店頭に

記事を読む

辛い花粉症。空気清浄機は効果があるのかな?

2月になると春めいて、気持ちもウキウキするはずなのですが・・ なぜか辛い花粉の季節がやってくる

記事を読む

主婦必見!お風呂の大掃除のコツ教えます!

水分が多くて、なかなか乾燥しないお風呂場にカビが~~って叫んでいる方多いのでないでしょうか。 汗を

記事を読む

花粉症の時期、空気清浄機のおすすめは?

毎年、毎年、酷くなる花粉症の症状にどの空気清浄機が良いかと購入を迷っているチビママです。

記事を読む

スニーカーの洗い方

運動や移動に便利なスニーカー。 誰もが一足は持っているものだと思います。 しかし、お手入

記事を読む

現代病?家族のケータイ依存の治し方!

■ケータイ依存ってどんな状態?(yahoo知恵袋より) 『携帯依存症について…兄なんですが携帯

記事を読む

オフィスで冷房が効きすぎても困らない対策をお教えいたします!

オフィスや人が集まる所では冷房がしっかりと効いていて、寒くて困るという方もいると思います。 私

記事を読む

子供の花粉症に花粉症用メガネのすすめ

2月ともなると症状が重い人は花粉症の症状が出始めます。大人にも増えていますが、アレルギーは子供の方が

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑