お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。

11月にもなるとCMをにぎわすのは年賀状お歳暮
今年ももうそんな時期なのかと急に年末が迫ってきた気がしてせわしなくなってくるのが例年のこと。年末年始の準備は順調ですか?

そういえば12月にはいると一気にお歳暮が届きますが、お歳暮の本来のマナーってしっかり学んだことがないなぁ…っとふと気になってきました。
調べてみると意外と同じようなことで迷っている人も多いので、ちょっと調べたことをまとめてみます。

 

Sponsored Link

 

お歳暮の意味

行事や物事の意味は由来を調べるとわかりやすいものですよね。
お歳暮の由来は

お歳暮は、正月に先祖の霊を迎える御魂祭りの御供え物を暮れのうちに本家に届ける風習が、お世話になった人へ贈り物をする習慣へと変わった。

お歳暮が現代のような風習に変化したのは、盆と暮れに決済していた商人の習慣によるものと考えられている。

引用元:http://gogen-allguide.com/o/oseibo.html

元々はご先祖さまへの供養を持ち寄りする風習からだったのですね。
たしかに年末年始は準備するものが多くて大変。さらに本家は訪れる人も多く、人付き合いも広いと挨拶に忙しいことを考えると、自分の先祖への供え物くらいは自分達で準備したいですよね。

今では親戚だけではなく、広くお世話になった人への贈り物として使われるお歳暮。気軽に友人へ贈ることもある世の中。
せっかく贈り物をするのであれば、きちんとマナーにそってお届けしたいものですよね。

 

お歳暮の基本的なマナー

それではお歳暮のマナーって一体どんなものがあるのでしょう?
大まかなポイントとしては次の4つです。

・お歳暮を贈る時期
・どのように渡したらよいのか
・のしのつけかた
・お歳暮のタブー

ではお歳暮のマナーポイントについてひとつずつみていきましょう。

お歳暮を贈る時期

いざお歳暮を贈ろう!となると、やはり気にしたいのはお歳暮を贈る時期。早すぎても急かしているかのようですし、遅すぎても年末に近いのに受け取る側も忙しいので迷惑になってしまいます。

基本的にお歳暮を贈るのは12月に入ってから12月20日ごろには届くようにするようです。
調べてはじめて知ったのですが、地域によってお歳暮を贈りはじめる日にちが違います。
基本的には12月10日から20日までなのですが、関東だけは12月1日から20日までなのだとか。人が多いからなのでしょうか?

テレビCMや百貨店などのお歳暮手配も年々早くから始めています。
これには11月に自分でおためし購入して、気に入ったものを贈り物にするという人が増えていることにもあります。
その他にも早割りを準備することで、少しでも多くのお客さんを捕まえたいお店の事情が大きいようです。
注文する人も短い期間で注文するよりも余裕もって、空いている時期を狙って、またはお店や品をじっくり選ぶことができるといいですよね。

 

どのように渡したらよいのか

お歳暮の由来が本家にお供え物を持っていくということから、本来は贈り物を風呂敷に包んで持参するのがマナーでした。
しかし、最近はお店で選んで配送してもらうのが一般的です。
家が近い親戚や友人であれば昔のように持参して、世間話をしながらお世話になった一年を振り返るのも喜ばれることでしょう。

いまどきはお世話になった人への贈り物としてお歳暮を贈りあう習慣となっているので、家が離れていたり、取引先だったりで直接持っていくのも大変なことも多いものです。
配送を利用してお届けしても失礼にはなりませんので、安心してお店にお任せして大丈夫です。手配するときは相手の正式名称と住所、電話番号を控えたメモを忘れずに。

 

のしのつけ方

一般的に「のし」というと贈答品の上につける紙のことです。
どんな贈り物なのか。誰からの贈り物なのかを書いて贈答品につけるあれですね。実はこの「のし」。しっかりと意味を調べると誰がそこまで気にしているのだろう?ってくらいちょっとした使い分けがあります。
まぁ、難しいことはお店の人に任せてしまえば大丈夫です。不安なら百貨店で聞くといいですよ。贈答品に関わる人はしっかり教育メニューに入っていますので。

それはさておき。
お店でのしについて聞かれたときに、「内のし」「外のし」どちらにしますか?なんて聞かれて困ったことはありませんか?
これもパターンを覚えてしまえば簡単に答えられるようになるので覚えてしまいましょう。

まず「内のし」と「外のし」の違いは、包装紙の内側にのしをつけるか、包装紙の外側にのしをつけるかの違いです。

訪問するときに持参する贈答品は基本的に「外のし」です。
配送のように外側に伝票を貼ったり、他の人に持っていってもらったり、自分で持参しないときは「内のし」にします。
今はお歳暮の場合、ほとんど配送で手配してしまうのでたいていは「内のし」で大丈夫です。
もしお歳暮を自分で持っていくようなときは「外のし」でお願いしましょう。

 

お歳暮のタブー

調べてみるとお歳暮ってそんなに難しいタブーはないんですよ。
もちろん、一般的にお歳暮を贈る期間は守りましょうね。復習すると12月になってから20日までには届くようにしましょう。
他には普通の贈り物と同じく、踏みつけるものをイメージするような履物や靴下はやめましょう
注意するのはこれくらいですね。

よく「喪中でも大丈夫?」という質問がありますが、お歳暮は一年のうちにお世話になった人への贈り物なので、喪中は関係ありません
もちろん身近な人を亡くしたばかりでそんな気分じゃない、なんてときは無理して贈る必要はないですよ。もし自分はお歳暮を贈らないのにお歳暮をいただいたらお礼状だけはしっかり出しておきましょう。

タブーというほどのことではないのですが、一度お歳暮を贈りはじめたら三年は贈るのが暗黙のルールのようです。
一年だけのお付き合いだったとしても、翌年にすぐお歳暮をなくしてしまうのはちょっと寂しいものがありますよね。たとえすぐにつきあいがなくなってしまう間柄だったとしても、「お元気ですか?」の意味を込めてお歳暮を準備しましょう。
だんだん人の付き合いも移り変わりが速く短くなってきています。もうつきあいがないのに三年はきついな、と思ったらせめて付き合いがなくなった翌年まではお歳暮を贈ってはいかがでしょうか?

 

Sponsored Link

 

お歳暮は必ず贈らなければいけないものではありません。
ただなんとなくいただいていたお歳暮の意味を知り、自分がお世話になったと思う人がいたらちょっとした気持ちとして贈り物を準備できたらいいですね。

お歳暮の品もいろんなものがお店に並んでいます。せっかくお世話になった人へ贈るのだから、自分の好みよりも相手の好みを考えて、喜んでもらえる一品を贈れるといいですね。

Sponsored Link

関連記事

エアコンを安く使うコツとは? 冷房と除湿の使い分けポイント

夏のエアコンは冷えすぎない除湿が好きなモカcaféです。 暑くなって大活躍のエアコン。昨今はほ

記事を読む

忙しくなる前にマスター!お正月の片付け方法

今年も残りわずか。 11月ももうすぐ半ばとなり、12月に入るとクリスマス、年賀状の準備に、大掃

記事を読む

孫から心を込めて贈る敬老の日プレゼント

9月の第3月曜日が敬老の日になってから今年で13回目。 孫から贈られるものなら何だって嬉しいの

記事を読む

いざという時の備えに。防災セット購入のススメ

■ 防災の日を知っていますか? 防災の日は毎年9月1日です。 私たち国民が災害についての

記事を読む

いまさら聞けない 喪中はがきのマナー!知ってますか?

 その年に近親者に不幸があった場合に、喪中という事で 新年の挨拶を欠くことを、先に知ら

記事を読む

待ちに待ったホワイトデー!人気のお返しでわくわく気分

今年もホワイトデーは目の前ですねっ! 本命も義理もどんなお返しがもらえるのかどっきどきしちゃい

記事を読む

ひなまつりの準備に子供向けの簡単由来も覚えておこう

3月3日は桃の節句、女の子の成長を祝うひなまつりの日ですね。昔からひなまつりってお雛様を飾って、ひな

記事を読む

出来ちゃった婚の妊娠・出産・結婚事情

最近ではめずらしくない出来ちゃった婚ですが、やっぱり世間の目は未だに厳しいところもあります。でも実際

記事を読む

春こそ断捨離のススメ

新学期や新年度、春は新しい生活の始まりです。だからこそ、いらないものをすべて断捨離してすっきりした気

記事を読む

華やかに、フォーマルに、お母さんの入学式スーツ選びのポイント

もうすぐ入学式のシーズンですね。はじめてお子様の入学式に出席するお母さんは入学式の洋服選びに悩んでい

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。

成人式と同窓会が一緒の日!服装どうする?

もはや成人式のワードがなつかしいレベルのモカcaféがお送りします。

「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシ

普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。 毎年のよ

初詣・海外旅行に行かなくてもそれぞれの正月休みを!

みなさん!11月に入りましたねー。 毎年言っていますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑