「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

Sponsored Link

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシールやはんこを手作りしていた頃がなつかしい。

11月になると年賀状のコマーシャルも多くなって、年末の挨拶や大掃除の計画に忙しくなりますね。今年の大掃除はどこまでやれるかしら?
年賀状も作成しようとすると住所録を見直したり、喪中の人の把握や引越しをした人はいないか連絡を探したり、素材を探したり、一つのことでもやることはてんこもり!

そんな時に気になっちゃった…元旦と元日の違い。同じように思うけど、なんで年賀状はいつも元旦なのだろう?
やることたくさんの年末進行…現実逃避も兼ねてまとめてみました。

 

 

1月1日は「元旦」?「元日」?

「元旦」「元日」
どちらの言葉も見たり、聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?
でも「元旦」と「元日」はどう違うの?

はっきり言ってしまえば、「元旦」も「元日」も1月1日をあらわす言葉です。
でもよーく思い出してみてください。年賀状に使われている例文なども参考にしてみると、どれも使われているのは「元旦」ですね。

「元旦」と「元日」の違いは、1月1日のうち朝だけなのか、一日中なのかの違いがあります。
「元旦」の「旦」の字は、地平線から朝日が昇る姿を表しています。つまり、「元旦」といえば、1月1日の朝のことなのです。
なので、1月1日の朝に届くように手配をする年賀状には「元旦」の文字が使われるわけですね。

それと違い、一日中使えるのは「元日」です。普段の生活では使いませんが、年賀状の返信で1月1日に書きましたよっという意味で使うのであれば、「元旦」ではなく「元日」が正しい使い方です。
もっとも、いまどきは年賀状もすでに印刷されているものを利用することが多いので、いつ書いた年賀状でも「元旦」と記されていることが多いものですけどね。
ちょっとした豆知識的に覚えておいて、年賀状を手書きするときは使い分けしてみると知識がある人にはとても喜ばれるかと思います。

 

「元旦」と「元日」、「正月」どう使い分ける?

年賀状を例にした場合、基本的には「元旦」。1月1日に書いたものとした場合には「元日」としたのですが、どれも同じような「元旦」「元日」「正月」って実際にはどう使い分けたらいいのでしょうか?
改めてそれぞれの意味をまとめてみましょう。

元旦       …           1月1日の朝もしくは午前中

元日       …           1月1日のこと

正月       …           1月1日から松の内(1/7または1/15)までのこと

 

それぞれに1月の意味が込められているので、1月元旦というように、1月と元旦や元日、正月をセットで使うのはナンセンス。
使うときは年号と一緒に使うといいでしょう。なので、年賀状に書くときは「○年元旦」とするのが正解です。

また年賀状の返信をするときにちょっと日付が遅くなってしまったときなどは、元旦や元日の表記をさけ、「○年正月」とするとよいですね。

同じように使う期間に気をつけたいのが「年賀」です。
年賀状にも使われるのでわかりやすくもありますが、年賀状や贈り物に年賀ののしをつけてよいのは正月と同じく松の内までとなっています。
この松の内も7日までとも、15日までともいいます。7日を過ぎたら、年賀や正月という言葉は使わないほうが無難でしょう。

 

「元旦」や「元日」の由来

昔から日本では言葉のひとつひとつにとても大きな意味を込めて使っていました。
「元旦」や「元日」というだけで1月1日を表すのには「元」の文字に「物事のはじまり」という意味があることに由来しています。
この意味がわかるだけでとても由来はわかりやすいですね。物事が新しく始まる日だから1月1日は「元日」なのです。さらに朝日を示す「旦」を「日」の代わりに使うことで朝になったのですね。

元日が祭日として、昔から休む日として浸透してきたことにも意味があります。
正月は年神様を迎え入れ、おもてなしをしてまた一年が無事に過ごせますように祈った日です。
そんな年神様がいらっしゃる朝に寝ていては満足なおもてなしができません。なので、大晦日は鐘をつき煩悩を払い、身を清めて寝ずに一番初めの朝日を浴びつつ、挨拶を交し合うのがならわしでした。
その朝が過ぎればあとは一晩中起きていた身体を休める時間です。ほとんどの人が元日は寝て休んでいたので、元日はいまでも休む日なのです。
正月飾りは年神様のおもてなしのため。おせちも年神様へのおもてなしの意味もありますが、休む元日に台所仕事をしなくてもよいようにするためです。
今では便利な調理器具も多く、お店も元日から開くところが多いので食事に困ることはありませんが、昔は調理するのに半日かかることも多くあり、台所番は常に忙しく働いていたところです。
そんな場所も元日はしっかり年神様をお迎えして、一年の息災を祈り、翌日からはまた正月の祭りに大忙しになる。そんなならわしがあったからいまでも元日は祭日なのですね。
元日は年神様をお祀りしたら、ゆっくりのんびり身体を休めましょうね。

 

初詣は元日にいくのがよい?

初詣については過去記事(http://www.fj9.info/post-3208/)でも紹介していますが、正月の間に寺社仏閣にお参りに行くことが初詣なので、とくに元日に行くことが初詣ではありません
むしろ元日は休む日であったことから、家長は大晦日からそのまま元日の朝まで、他の人は家長がする一連のお参りが終わってからの1月2日に行くことが多かったようですね。
今はそれほど習慣にとらわれず自由にお参りをしますので、友人達と二年参りを楽しんでもよいですし、混む三が日を避けて気が向いたときに初詣に出かけてもよいでしょう。
一年のうちに最初にお参りしたときが初詣だ、なんて言葉も飛び出る現代。初詣に関してはそれほど「正月」にこだわる必要もないのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

言葉一つでも使いどころがわかれる日本語。
いろいろと調べてみると奥深く、昔から続く習慣も見えてきておもしろいものですね。

今では退屈することも多い正月。ちょっとしたことで知識を披露して、新年から鼻高々になるのもいいかもしれませんね。
意味をしっかり知ってスマートに使い分けするとわかる人には感心されること間違いなし!…かも?

Sponsored Link

関連記事

狂犬病の予防接種の時期はいつ?

皆さんもペットショップなどを訪れると犬が可愛いと思う人も多いと思います。 でも、この「

記事を読む

タバコの値段はどんどん上がる。税収ってどうなってんの

こんばんは。文句です。 健康問題なんかでよく取り沙汰されるタバコ。 日本の国民の皆様

記事を読む

今なお語り継がれる日本の戦国武将

日本の歴史において欠かせない存在、戦国武将。 彼らの活躍があったからこそ、 今日の日本が

記事を読む

どんどん高くなっていく!日本の高層ビル。日本一はどこだ?

日本一高いビルってどこ? 日本で今、一番高いビルってどこだかご存知ですか? 私はずっと横浜ラ

記事を読む

「夏休みの宿題」どうしてますか。手遅れになる前になんとかしましょ!

もうすぐ夏です、夏休みです。 ただ、小中学生、高校生にとっては、楽しい夏休みと一緒に夏休みの宿

記事を読む

確定申告とは何?書き方は税務署で教えてくれるのでしょうか?

社会人になって初めて経験する人も多い確定申告。 テレビでは確定申告と言う言葉を聞いていても実際

記事を読む

師走の意味とは…

師走の語源・歴史 まず、師の語源は何か? いくつか考えてみます。 師とは学校の先生

記事を読む

東京マラソンのコース維持に関する交通規制

2017年2月26日に大々的に開催される東京マラソン。通常の車道をコースとして使用する東京マラソンで

記事を読む

食欲の秋!だけど太りたくない。秋太り対策

■ 秋はどうして太りやすいの? 「天高く馬肥ゆる秋」とはよく言ったもので、 秋に

記事を読む

空を飛ぶ夢で占う、あなたの深層心理

色つきの夢、とてもリアルな夢、予知夢、明晰夢、いろいろな夢があります。夢を見やすい人もいればほとんど

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑