普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。

毎年のように寒くなってくるとインフルエンザ予防接種の話題が出ますよね。
ここ数年は必ずといっていいほど「インフルエンザの予防接種ワクチンが足らない」と報道されます。
アルバイト先でも「予防接種を受けにいきなさい」と言われるのですが、できれば病院には体調不良はもちろん、予防接種でも行きたくない。それなら普段の生活でも予防できる方法があるのならそれで予防したほうがいい。ですよね。

普段の生活からこころがけてできる予防方法から感染症予防に効果的な食事の考え方についてまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

一般的に効果的といわれるインフルエンザ予防

まずは基本的なインフルエンザ予防について学んでみましょう。

インフルエンザは感染する病気です。細かいウィルスによって体が蝕まれることによって高熱を発したり、全身の痛みや倦怠感があったり、症状が重症化すると急性脳症や肺炎になることもあります。
ウィルスに感染することを防ぐことができたらインフルエンザを発症することはないのですが、ではどのようにしたらウィルスを防ぐことができるのでしょうか?

一番はウィルスに接しないことです。人が多い場所に行くとウィルスに接する可能性が高くなります。特に用事がないようなときにはできるだけ人が集まるような場所に行くことは避けましょう。
通勤や買い物など、どうしても人ごみに行かなくてはいけないときは、咳やくしゃみから飛び散る飛沫感染を少しでも防ぐためにマスクをすることもおすすめです。
マスクをすれば100%防げる、というものではありません。むしろそこまで予防効果は期待できないともいわれてはいますが、何もないよりはマスクをしたほうが直接口や鼻の粘膜にウィルスが接することを防げます。
またこのときのマスクは昔からあるガーゼのマスクではなく、使い捨てのウィルスに対応したマスクを使用するようにします。ガーゼのマスクは布の織り目が大きく、粒子の細かいウィルスを防ぐことができません。
使い捨てのマスクの周りに隙間ができないようにしっかりと顔につくようにして装着します。
今の使い捨てマスクは口周りに余裕ができるように作られていますので、マスクをしていてもかなり呼吸が楽です。自分の顔の大きさに合わせたものを選んで、しっかりと鼻と口を覆うように装着してくださいね。
また一度使用したマスクは使いまわししないことが重要です。外側には呼吸で引き寄せられた汚れやウィルスがいっぱいついています。一度使用したら捨て、新しいマスクを使用するようにしてください。

 

また予防方法で一番忘れてはいけないのは手洗いです。外から戻ったときはしっかりと手洗いをしましょう。
日本では昔から外から戻ったら手洗いうがいが習慣となっています。実はうがいではインフルエンザ予防としてはそこまで効果がないといわれていますが、手洗いは他の感染症にも効果があります。
インフルエンザだけでなく、他の感染症にかからないようにするためにも手洗いはしっかりと行いましょう。

 

子供にもわかりやすい手洗いの教科書(http://handwashing.jp/study_01.html

 

インフルエンザの予防接種

人ごみを避けたり、手洗いをしたりすることはウィルスに接する機会を減らすことには役立ちますが、やはり100%防ぐことは難しいものです。
ウィルスに接したときに対処できるだけの身体にするために、普段から規則正しい生活を心がけて病原菌に対して抵抗力のある身体にしておきましょう。

抵抗力を高めるにはインフルエンザの予防接種が一番効果的です。
医師のお勧めとしては、年二回のインフルエンザの予防接種が一番だともいわれています。
インフルエンザの予防接種では、ウィルスの活動を弱くしたものを摂取することで身体の中に抗体を作るものなのですが、この抗体の効果があまり長くないのだとか。
一番効果があるのは一度目の予防接種から一ヶ月ほどで二回目の予防接種を受け、一番インフルエンザが流行する季節を乗り切るのがよいのだとか。

ただし、国が認めているワクチンとはいえ副作用が全くないわけではありません。
その辺りはしっかりと医師の説明を聞いて、体調をしっかりと見定めてから予防接種を受けるようにしましょう。

抵抗力を高めるためには予防接種も大切ですが、インフルエンザには血液型のようにタイプがいろいろあります。
このタイプが流行りそうだと予想してワクチンを作っているので、予想が外れたときにはワクチンは効きません。それにはやはり身体の力で抵抗力を高めておく必要があるわけですね。
予想が外れたときのためにも規則正しい生活で常に内面から抵抗力の高い身体にしておくことが一番手軽にできる予防法ともいえます。
食生活などもしっかりと見直して、ウィルスに抵抗できる身体作りをしていきましょう。

 

免疫力を高める食事とは?

身体の抵抗力を高めるために食生活を見直す、といってもどうしたらいいのかわからないものですよね。どういったものが体の抵抗力を高めるには何を食べたらいいのでしょうか?
はっきりいってしまえば、コレを食べれば絶対に抵抗力が上がるという食材はありません。
栄養バランスのとれた食事をして、健康的に過ごすのが一番なのです。
外食が多い人は少しでも減らして、野菜の多くとれるような食生活にしましょう。
免疫力を上げるための食事としてよく紹介されているのは「乳酸菌」の含まれた食品です。
この理由として腸の動きを活発にして、身体の不要物と一緒にウィルスや菌など身体に悪いものも一緒に追い出すことです。
腸の動きを活発にするには「乳酸菌」も効果的なのですが、野菜と一緒にとれる食物繊維を摂取するとさらに効果的。
しっかりと腸を動かして、腸の中をきれいにしてインフルエンザにかかりにくい身体にしちゃいましょう。

 

その他にもビタミンやムチンも効果的です。
ビタミンは外からの刺激に対して抵抗力を引き上げる栄養素としても有名ですね。美容にも健康にも効果的なビタミンですが、実はこの栄養素。なかなか身体の中にとどまってくれません。
よくアレルギー物質の許容量をコップに例えて説明されますが、実はビタミンを貯める量にも制限があります。しかも摂取しないときがあるとどんどん小さくなるんです。
大量にとってもこぼれてしまうし、とらなければとどまらなくなる。こんなビタミンは毎日意識して摂取することが重要ですね。

ムチンは傷ついた粘膜を修復するのをお手伝いする栄養素です。ネバネバする食品に多く含まれているので、納豆、オクラ、長いも、モロヘイヤ、粘りのある海藻を食事に取り入れるといいでしょう。

 

こんな便利グッズも発見

身体がつらいインフルエンザにかかりたくないのは誰でも同じことですよね。
お店を見るとインフルエンザを予防するためのグッズはとてもたくさんあります。

 

イオンの力でブロック

商品としてはたくさんあるので商品名はあえてあげませんが、二酸化塩素を利用したイオンの力でその商品の周りからウィルスや花粉を除去するというものです。
副作用などの噂もありますが、普段から人に接する仕事であったり、小まめに手洗いできない環境であったり、いろんな事情があってなかなか予防できない人もいるものです。
自分で心がけできる人はいいのですが、子供など自分ではなかなかということもありますからね。
除菌効果はあっても空間をすべて除菌するわけではない、と消費者庁から表示を変えるように指導は入っていますが、ダメもとでも身につけてみるといいかもしれません。
首からさげたり、普段持ち歩くものに忍ばせたり、愛用している人はいろいろと工夫しているようです。

 

加湿器

インフルエンザが冬に流行するのは、空気が乾燥することでウィルスが舞い上がりやすいことにあります。
つまり、空気が乾燥した状態から湿度が高い状態にすることでウィルスの飛散が少しでも抑えられるわけですね。
とはいえ外で加湿器を持ち歩くなんて非現実的。普段生活する部屋やデスク周りに加湿できるグッズを置くといいでしょう。


仕事場では電源を確保することも難しいので、電気を使用するタイプのものではなく、机の上におくだけで加湿できるようなものを利用するのがよいですね。
雑貨を扱っているようなショップでは扇形の紙を濡らして広げておくだけで紙から水分が蒸発して加湿効果が得られるグッズがあります。いろんな形のものがありますので、お気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Link

 

寒い季節に流行するインフルエンザ。
病気に対する研究も進んで、毎年のように流行するものに関してはずいぶん予防方法もたくさん世の中に知られるようになってきました。
今では予防する種ののど飴なんてものもあって、最初はそちらに興味があったのですが調べれば調べるほどあまり効果があるようには思えなくなったので、今回は一般的な予防方法をまとめてみました。
結局は自分が納得した方法で続けて予防する力にかえることが重要ですよね。予防接種、マスク、手洗い、規則的な生活、健康的な食生活。
できることからインフルエンザ予防生活をはじめましょう。

Sponsored Link

関連記事

すぐそばに潜むアナフィラキシーショックの危険症状と対処法

子供の頃は野生児で痛いお返しもよくもらったモカcaféが編集しています。 あたたかくなって蜂が

記事を読む

悩める中学生諸君。今年の自由研究はこれがおすすめ!

もうすぐ夏休みですね。 そして夏休みの一番の悩みの種、「自由研究」があります。 ご両親に

記事を読む

餅の持ちすぎで困ってはらへん?上手な保存方法教えたげまひょ。

暮れからお正月にかけては毎日でも食べたかったお餅。 もうええ加減飽きてきた頃ですやろ。

記事を読む

健康にいい!?断食の好転反応と方法について

■断食(ファスティング)中の好転反応とは?どんなことが起きるの? 好転反応とは、体の不具合

記事を読む

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士。 もちろん我が家の母もウル

記事を読む

【炭酸水のダイエット効果】

美容やダイエットに絶大な効果を発揮する炭酸水。 シュワっとした爽やかな口当たりで抵抗な

記事を読む

季節の変わり目 「体調の変化」 に、要注意です!

季節の変わり目に、体調が何だかすっきりしないと感じることはないですか。 特に、残暑とは思えない

記事を読む

空を飛ぶ夢で占う、あなたの深層心理

色つきの夢、とてもリアルな夢、予知夢、明晰夢、いろいろな夢があります。夢を見やすい人もいればほとんど

記事を読む

それってどんな魔法?消えるボールペン、しかし……

消えるボールペンってみなさんは知ってますよね? 文房具が売っているお店ならまず置いてあると思い

記事を読む

怖い感染症の一つ 溶連菌の症状とは

冬に多い病気といえば、風邪、インフルエンザ、ノロウィルス、溶連菌があります。インフルエンザやノロウィ

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑