中国国務院が決定する祝日事情はどんなもの?

先日ふらっと電気店へ行ったら店内のあちこちから聞こえる外国語に圧倒されて何も買えずに帰ってきたモカcaféです。

平日だから空いているだろう、と思っていくとものすごく外人さんがたくさんいて思わぬ疲労につながった経験ってありませんか?
日本と外国では国の定める休日が違うので、大きな連休で来日している旅行者とあたってしまうと何の休日なのだろう?と思います。
横浜に旅行したときも、中華街に行こうって行ったら「春節だからやめたほうがいい」ととめられてしまいました。そうなると旅行するのにも行き先に応じた休日は知っておいたほうがいいってことですよね。
そこで今回は各地に中華街のあることから中国の休日について調べながらまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

中国の休日ってどのように決まる?

各国で休日が違うっていうことは、休日の決め方はそれぞれの国で違うということですよね。
日本では大まかな休日は法律で決められていて、日の長さで決まる春分と秋分だけは法律で決められているものの、天文観測に基づいて決定されるために前年に国立天文台が暦を作成したものからデータを取得して官報で発表されるというもの。
基本的には日本の祝日は決まった日付なんですよね。

では中国の祝日はどうなのかというと、日本の春分、秋分のようにその年によって変動することが多いようです。
というのも、中国の大きな休日は旧暦で計算されます。現在のカレンダーを基準に考えるとどうしてもズレが生じてしまうのですね。
この旧暦から計算された祝日の発表は「国務院」という公共機関から発表されます。
前年の12月ごろに翌年の休日が発表されているようです。かなりぎりぎりにならないと連休がいつになるのかわからなくて困ってしまいそうですが、大体の日付はわかるから問題ないのでしょうか?
不思議ですね。

 

中国国務院とはどんなところ?

国民の休日を発表する中国国務院って一体どんな機関なのでしょうね?
「国務」とつくくらいなのだから重要な機関なのだろうということはわかるのですが、なんとなくピンときませんよね。

調べてみたら難しい文章ばかり出てきて結局なんなのか良くわからなかったのですが、ある言葉がとてもしっくりきました。

『中国の行政機関で,日本の内閣に相当する。』
出典:コトバンク(https://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E5%8B%99%E9%99%A2-158128)

一言でだいたいどんな機関なのかすっきり解決です。
国政や外交も担う、国民の投票で選出された代表者が構成する機関なのだそうです。
日本も国民の休日は官報から発表されるので、休日を公表する流れは日本も中国もほとんど変わらないといえます。

中国の代表的な休日とは?

日本でもよく話題になるような中国の休日といえば「春節」ですよね。
旧暦の新年にあたり、連休も長く、祭りも大きく各地で行われます。
連休も長いことから日本にも多くの旅行者がきますし、中華街では中国国内に負けないくらいのお祭りで多くの人でにぎわいます。
友人の話では「春節中の土日は身動きがとれず、おばさんが『死ぬ~!』と叫んでいた」ほどの混雑なのだとか…中華街中が満員電車になったような感じなのでしょうね。

もちろん春節意外にも大きな休日があります。

中国の休日

・元旦 … 1月1日

・春節 … 旧暦の1月1日

・清明節 … 春分から数えて15日後

・労働節 … 5月1日

・端午節 … 旧暦5月5日

・国慶節 … 10月1日

・中秋節 … 旧暦8月15日

・重陽節 … 旧暦9月9日

 

1週間ほど続く休日は「春節」で「中秋節」が「国慶節」に近い日付になると秋の大型連休になることもあるようです。
節の休日は連休に設定されることが多く、たいていは3日ほどの連休となっています。中国への旅行や、中華街など関連する場所にはこの前後の日付は避けたほうがゆっくりできるかもしれませんね。
お祭りや伝統行事を楽しみたいなら逆にこの節の休日を調べていくと良いと思います。

 

中秋節にまつわるちょっとした小話

日本の8月15日というとお盆のイメージですが、中国は「清明節」がお盆と同じで家族揃ってお墓参りをしましょう。という日になります。
では「中秋節」はどんな休日かというと…
「中秋節」はカレンダー上では10月上旬。このころといえば「中秋の名月」ですよね。
中国でも「中秋節」は名月を鑑賞する日。丸いきれいなお月様にかけて、家庭円満を願い、月と同じ丸い月餅を送りあい、食べる習慣があります。
日本国内の中華街でもお土産として売られている月餅。どんな食べ物かというと、お団子のようなお菓子で、小豆の餡を小麦粉で練ったもので包んでいるものです。

でも実はこの月餅は変質しやすいため輸出入には向いてないらしく、日本で売られているものは日本で作られている月餅がほとんどなのだとか。だから本場中国の月餅と日本の月餅ではかなり味が違うという意見もあります。
中国から外に出ている中国人にとっては、中国で作られた本場の月餅を楽しみたいのでこの輸出入制限にはかなり不満があるようです。

また中国国内では、「中秋節」の月餅の送りあいはお中元みたいなものなので、どんどん豪華にしようとエスカレートしていることも中国国内では問題視されているようです。
日本でも地域によっては豪華絢爛な祝いや贈り物が問題になることがありますよね。どの国でもそんなことは起こりえるのだな、とお祝いの表現について考えさせられる話ですね。

 

連休の多い中国の祝日による日本での観光事情

休日の意味に合わせて伝統的な過ごし方をする一方、連休となれば旅行をしたいのはどこの国でも一緒。中国でも連休になると外国旅行を楽しむ人は多くなってきました。
日本にも「爆買い」なんて言葉が流行語になったように中国からの旅行者は増えていて、観光地など多くの外国人が訪れる場所では中国語や韓国語の表記が増えてきましたよね。これにはいろいろな環境や風習の違いなどが起因しています。

ただでさえまとまった時期に同じ国の多くの人が訪れるわけですから、訪れた国に合わせた過ごし方よりは自国での過ごし方を優先してしまうようで、マナーの問題としてたびたびニュースにされています。
よく挙がる問題としては、トイレで紙を流さない。飲食店に飲食物を持ち込んで注文をほとんどしない。仲間で集まると大声で騒ぐ。バイキングで食べ物を残す。列に並ばない。「爆買い」の言葉のもとになった買い占めなどなど。
日本でもマナー問題として挙がるものもありますが、まとまった人数で問題行動をされるから余計に注目が集まってしまうのでしょうね。実際そんな場面に出会ったら困ってしまうものです。
それでも近年はネット環境で問題提起を見てから訪れる旅行者も増えて、施設の使い方などの言語表示があることからかなり問題行動は少なくなったようです。
日本から外国へ旅行する際にも、国独特のマナーや習慣はある程度学んでから旅行を楽しみたいものですね。

 

Sponsored Link

 

いかがでしたでしょうか?
私も調べながらとりとめなくまとめてみましたが、国によってそれぞれの休日の意味があって、同じような内容でも設定される日付は違うのはちょっと不思議です。
歴史や習慣の違いといってしまえばそれまでですが、それぞれの節についてもっと詳しく由来や伝統などを調べてみると興味深い逸話が出てくるかもしれませんね。

Sponsored Link

関連記事

何を今さら英語ですの?でも、若い日の夢をかなえるのは今かもしれませんことよ

思えば中学校に上がった時から10年に渡って学び続けてきた英語ですのに、 「通じる」レベルまで達

記事を読む

宝くじ

初夢宝くじ!当選番号を当てたい!

初夢宝くじと言うのが販売されているのをご存知でしょうか? お正月なので初夢が良くて、宝

記事を読む

「中秋の名月」って何をするの?いつなの?ちゃんと意味を知っていますか。

最近、月をゆっくり眺めたことありますか。 日本の秋の夜長を楽しむ行事といえば、十五夜の

記事を読む

実は季節の変わり目に陥りやすいうつ病

季節の変わり目になるとなんとなく気分が落ち込んでしまったり、いろんなことに不満を感じてやる気がダウン

記事を読む

普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。 毎年のように寒くなってくるとインフルエ

記事を読む

祝儀袋の金額とその書き方について

お祝い事には祝儀袋を使用するのは基本的な事だと思いますが、この祝儀袋に決まりがあるのを知っているでし

記事を読む

今なお語り継がれる日本の戦国武将

日本の歴史において欠かせない存在、戦国武将。 彼らの活躍があったからこそ、 今日の日本が

記事を読む

タバコの値段はどんどん上がる。税収ってどうなってんの

こんばんは。文句です。 健康問題なんかでよく取り沙汰されるタバコ。 日本の国民の皆様

記事を読む

お正月の初詣について知る

年が明けてお正月を迎えるとみんなで詣でる初詣。あらためて考えると初詣ってどうしてはじまったの?初詣に

記事を読む

値段の違うチロルチョコの謎…種類やチロルチョコにまつわるあれこれ

小さなお菓子というと駄菓子屋を思い出す昭和世代のモカcaféがお送りします。 今や昔ながらの小

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。

成人式と同窓会が一緒の日!服装どうする?

もはや成人式のワードがなつかしいレベルのモカcaféがお送りします。

「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシ

普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。 毎年のよ

初詣・海外旅行に行かなくてもそれぞれの正月休みを!

みなさん!11月に入りましたねー。 毎年言っていますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑