水族館デートにおすすめの服装ってどんななのか考えてみた

Sponsored Link

デートで水族館は定番中の定番なモカcaféがお送りします。

天候に左右されずに、いつの季節でも快適に過ごせる空間が広がる水族館
あの独特な静けさの中で魚が泳ぐ姿をただ見つめる。そんな時間も大好きでよくデートの行き先候補に挙がるのが水族館です。

たいていは会ってから行き先を決めるので行き先に合わせた服装は考えないのですが、最初から水族館に行くとわかっていたら水族館に合った服装がいいですよね。
じゃあ、水族館デートに合った服装ってどんな服装なのでしょうか?

 

 

水族館デートでおすすめの服装ってどんな服?

一口に行き先に合わせた服装をするのが一番!
というのは簡単ですが、水族館に合った服装ってどんなものなのでしょ?

水族館=マリンだから水兵さんスタイルでセーラー襟。
たしかに雰囲気には合っているけれども、なんだか子供っぽい気もしますよね。ある程度の流行にそった服装でないとまわりからも浮いてしまいます。
案外、デートでここに行くからこんなテイストがいい。なんて最初から一つに決めてしまうよりも、行き先に合わせた機能を重視したほうがよいような気がします。

極端ではあるけれど、たとえばハイキングデートだったら?
ミニスカ+ハイヒールでいくのは違いますよね。歩くのも大変だし、男性がエスコートしてくれるものといっても限度というものがあります。

水族館でもそう考えていけばいいのです。
天候に左右されないから雨降りでも雨対策はほとんどしなくてもいいですよね。
室内だからどんな注意点もない。なんて思ったら意外と盲点があるのですよ。
まず水族館。いろんな魚を展示するために大きな水槽をいくつも並べています。水槽をあちこちに動かすわけにはいかないので、人間が歩いて移動しながら鑑賞するスタイルです。
つまり、水族館デートって結構歩くのです。坂もあるし、階段があることもあります。
足元は歩きやすく、はきなれた靴を想定したコーディネイトにしましょう。

靴が決まるとある程度この服ってパターンがありますよね。
色やパンツかスカートか、シンプルかかわいめか。このあたりは普段の自分に合わせてチョイスしたら大丈夫ですよ。

あとはこっそり寒さ対策をしていきましょう。
寒がりの人は特に要注意で、水族館は魚にとって快適な環境にされています。
もちろん人も過ごしやすいようにはなっているのですが、それでも水の世界は人の快適よりもやや低め。魚に快適な水温に影響しないように、だいたい25度くらいで設定されていることが多いようです。
夏場に水族館に行ったら、外気温に合わせた服装だからずいぶん寒く感じた。なんてことも多いもの。軽く羽織れる上着を持っていくといいでしょう。
ただ女子的にはちょっとしたものでも余分な荷物って持ちたくないですよね。そこは男子のがんばりどころ。
もしものときに上着を貸せるように準備しておいたり、彼女が上着用によぶんな荷物を持っていたら持ってあげたり、さりげなく手助けポイントをチェックして気がつきましたよサインを出してあげましょう。
きっと株があがりますよ。

 

水族館では白い下着が透ける?どういうこと?

服装について調べていたらYahoo!知恵袋でこんな一文を見つけたのです。

「水族館デートの服装などについて調べていると、水族館のブラックライトで、白い下着が透けてしまうと書いてありました。
白い下着がダメなだけで、白い服は大丈夫なのでしょうか?(例えば、黒い下着に白い服など)」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14148312134

 

白い服で下着が透けるというのは周知の事実ではありますが、白い下着だから透けるというような書き方ですよね?
一体どういうことなのかな?と思ったら、似たような質問の回答にいいものがありました。

 

「透けるというのが、どんな状況なのか知らないのですが、ブラックライト(紫外線)により、生物(クラゲかな?)を光らせる演出が、関係しているのかな?

 

蛍光増白剤を含む洗剤で洗った衣服や、蓄光塗料などが、ブラックライトに反応して発光する現象が発生し、スカートの中で発光しているパンツの形が、くっきりではなくとも、判別できる程度になってしまうのかと・・・」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12162935102

 

なんとも驚きの事実です。まさか洗剤がいまやどこでも演出で使われているブラックライトに反応して発光するとは…
ブラックライトに対してそこまで過剰に考える必要はないのですが、白系の服装をするときにはちょっと工夫が必要なようです。特に夏は白系+薄物とただでさえ透けやすい服装が多くなります。
ちょっと地味でかわいらしくはなくなりますが、ベージュ系の下着を着用する。重ね着をする。このレベルの工夫はすぐにでもできそうですよね。
見せようと思ってもいない場所で見られる下着姿ほど恥ずかしいものはありませんから、できる限りの対策はして出かけましょう。

 

男女でおしゃれ感覚は違う…異性に不評な服装とは?

その場に合った服装で、恥ずかしくないもの。これは大前提として、一番気になるのはやっぱりここですよね!
相方である彼や彼女に不評な服装は避けたい!
特に普段会うのが制服姿など固定したイメージだと、普段着がとても新鮮。それだけに個人の趣味がはっきり現れるものです。
ある程度は普段の自分を出しつつ、大ハズレしない服装ってどういう点に気をつければよいのでしょう?

言ってしまえば好みは個人によって違います。カップルのそれぞれの好みがあるのでこれがダメっていうのは当てはまらない場合もありますよね。
なので一般論にはなりますが、男女どちらに対しても「個性的すぎるものはNG」が基本

男性ならビジュアル系バンドに多いダメージパンツに骸骨。チェーンじゃらじゃら。ピチピチファッションまたは腰パン。

女性ならヤンキー系。逆に甘いロリータファッションに多いフリルがたくさんついた服。白黒モノトーン。あとは意外なのが流行を追いすぎた最先端ファッション。

この男女のNGファッションを思い描くと、どちらも「自分かっこいい(かわいい)」ファッションなのですよね。
同じような趣味とか、そういう趣味の人が好きとか、限定的な趣味の合致がない限りは主張の激しいファッションはデートには不向きと覚えておきましょう。

どうしてもそういうファッションを受け入れてほしいのであれば、前もってこういう服装が好きで普段からそういう服装しかしない、という前情報は伝えておくとショックは少ないかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

いかがでしたか?

水族館デートをしているとやはり家族連れが多くいる場所なので、びしっと決めすぎた格好よりも、普段から着慣れているナチュラルな普段着スタイルが一番だと思います。
デートだからちょっとだけいつもよりがんばったところを作って、それを見つけてほめてもらえたら、うれしくなっちゃいますよね。

 


 

 

 

Sponsored Link

関連記事

待ちきれないお花見に早咲きの河津桜を見に行こう!

春といえば桜。というくらいに日本人は桜の花が咲くことで春を感じて心が躍ります。お花見の桜は一気に咲く

記事を読む

偕楽園へ梅や桜をはじめとした四季の花を楽しみにいこう

茨城県水戸市にある庭園「偕楽園」では四季の風景を満喫できるとして多くの観光客が訪れます。特に春は梅に

記事を読む

湯島天神で歴史ある梅のお花見をしよう!

春のお花見といえば桜ですが、東京の湯島天神では昔から梅のお花見が風物詩となっています。今年は湯島天神

記事を読む

鮮やかな紅葉 赤目四十八滝で癒されよう!

秋ですね! 秋と言えば? 食欲の秋? 読書の秋? スポーツの秋? 人によってさまざまあるでし

記事を読む

岡山県で梅のお花見をするなら梅の里公園へ

中国地方最大級の梅林として有名な岡山県にある神代梅の里公園。春の暖かさを感じ始めると一気に花開きとて

記事を読む

簡単にできる高速バス予約

旅行に出かけようとすると交通費を安くすませるために候補に挙がるのは高速バスですね。旅行会社を通じて宿

記事を読む

乗り放題4日間!ストレス0の旅行をぜひまわりゃんせで!

■まわりゃんせって何? まわりゃんせとは、近畿日本鉄道(近鉄)が期間限定で発売している特別

記事を読む

雨の日デートは神奈川でオシャレに楽しもう

東京へ旅行のときは横浜へ寄る時間が作れないかをまず考えるモカcaféです。 神奈川って「どこに

記事を読む

カップルに大人気?橿原神宮の初詣事情

一人旅行に出かけるとお寺や神社巡りが外せないモカcaféです。 みなさんは初詣というとどういう

記事を読む

古き良き伝統行事【針供養】

■針供養とは? 供養の方法は?■ 針供養とは、お裁縫の上達を祈り、折れたり錆びたりして使え

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑