ブライダルシーズン真っ只中!スーツのさり気ないおしゃれとは?

Sponsored Link

新緑の5月とジューンブライドの6月は結婚式を挙げるベストシーズンと呼ばれています。
これから出席される方もたくさんいるのではないでしょうか。
ぴーやまも先日が結婚記念日だったのでアルバムを見返していました。
ものの20分でドレスを決めてしまい、その異例の速さに担当さんを驚かせたのを思い出します。
なんて見ていたら、今度は旦那さんの悩む顔。
対照的に旦那さんは何をどうするのが正解なのか、わからなくなっていたっけ・・・
確かに女性のドレスはトータルコーディネートされているものが多いのに、
男性ものはアイテム別での展開の方が多いですよね。

と、いうわけで今回は結婚式に招待されたときの服、男性編をお送りします。
父親、親族、友人と立場によって適切な服装が違うのですが、
1番出席する機会がある 友人バージョン です。

 

 

基本の知識

普段着じゃダメ!というのはわかっている。けどよくわからないからブラックスーツでいいや。
とお思いの男性諸君。ソレ・・・大正解です‼
冠婚葬祭にブラックスーツということは間違いのない大・大・大王道ですね。
言うまでもありませんが、一度ここでザッとおさらいしておきましょう。

 

正礼服

結婚式において1番格が高い服装です。
着用する人は、仲人・両親・媒酌人・親族です。
それ以外の方が着用するケースはほとんどありません。あるとしたら、
王族である。だとか政界の人間で国が主催する正式な式典に出席するなどといった場合でしょうか。
とにかく、あまりパーティー文化のない日本では本当に着る機会は少ないでしょう。
和装 《五つ紋付羽織袴》
洋装:昼間 《モーニング》
洋装:夜 《タキシード、燕尾服》

 

準礼服

正礼服よりは格を落とした装いですが、それでもかなりキチンとした堅いイメージがあります。
着用する人は社長・部長といった要職の方で主賓として招待されている人スピーチや乾杯の挨拶を頼まれた人などです。

 

洋装:昼間 《ディレクターズスーツ、サックスコート、ブラックスーツ》
洋装:夜 《タキシード》

 

略礼服

親族、主賓以外の方はみんな略礼服です。
招待状に「平服で・・・」と書かれていたらこの略礼服のことですよ。

 

洋装 《ブラックスーツ、ダークスーツ》

 

今は厳しくありません

元来、結婚というのは家と家との結び付きが強いものでした。お見合い結婚の時代ですね。
ですから、マナーやしきたりをとても重んじていました。
そのうえで服装の格というものは絶対的なものだったのですね。

しかし、時代は変わりました。
家と家との結び付きから、個人と個人の気持ちを尊重し、自分で先の人生を選択できるようになったのです。
その変化と共に結婚式事態も、来てくれた皆さんに楽しんでいただくおもてなしスタイルが主流となりました。
よって結婚式の服装についてもそこまで厳しくなくなってきたのが現代の結婚式です。

 

スーツ
基本的にはブラックが多いですが、流行りのネイビーの方もかなり増えてきました。
ストライプのスーツもオッケーですよ。
ただし、ストライプの幅が細かいものにしておきましょう。
あくまで主役は新郎新婦なので、さり気ないおしゃれがカッコイイですよ。

 

シャツ
スーツがブラックなら淡いピンクのシャツを合わせるのも華やかさが増していいですね。
上級者の方は織り柄の入った白シャツを着ているようです。
普通の白いシャツに見えますが近くに寄ったら模様がわかるだなんて文字通り、さり気ないオシャレですね。

 

ネクタイ
最近は白のネクタイを付ける人は減少傾向です。
人気なのはシルバーグレー、パステルブルー、パステルピンクの3色です。
顔がハッキリしている方はゴールドもおすすめですよ。塩顔の方は色に負けてしまうので△です。
いい生地のものを選び、ポケットチーフと色を合わせるようにすると文句なし!ですよ。

 

蝶ネクタイ
スーツに蝶ネクタイを合わせる方ももちろんいます。
気を付けたいのは黒無地は避けましょう
会場によりますが、黒のスーツに黒の蝶ネクタイだとスタッフさん化してしまう可能性がありますので・・・
スーツとは反対に幅の広いストライプで落ち着いた色合わせのものが人気があります。
ドットや明るい色はかわいくなり過ぎてしまいますので、自分のキャラクターに合わせて選ぶといいですよ。

 


実は靴だけは王道にしておく方がいいです。紐付きの黒い革靴を履きましょう。
もちろん、こげ茶やブラウンの革靴がダメというわけではありません。
ネクタイやスーツにカラーを使ったおしゃれをしている場合に黒靴がおすすめなのは、
足元が締まっているからこそ「色の遊び」がさり気ないおしゃれに見えるからです。

 

ハット
スーツに合わせてハットを被っている方もいますね。おしゃれですね。
ハットは無難にダークカラーにし、リボンの色で差をつけましょう。
挙式中や、新郎新婦のご親族や上司の方と挨拶する際は外すのが大人のマナーです。

 

おまけ 女性人気

二次会に出席予定の方!是非ベストを下に着ていきましょう。
これは私の過去に出席した数ある二次会のリアルな女子の意見ですが・・・

 

「ベストなんかカッコイ~」です。

 

これ、ホントに女子がこそこそ話していたりします。
二次会になると親族の方は基本いないので暑くなって上着を脱ぐこともありますよね。
飲んだり騒いだり、余興をしたりするので、結構シャツがずるずるになってる人が多いんです。
だから目立つんです!ピッとしたシルエットが大人のカッコ良さを出しているんです!
そこまで高額な買い物ではないので、こっそりまわりと差を付けるために是非用意を!

 

これは、夫婦で出席する奥様にもおすすめです。
旦那さんがよりキチンとした大人の男性に見えるので、着用させていきましょう!

 

リゾートウエディングは思い切り!

海外や沖縄での結婚式に出席する際は、思い切って色を楽しんでください。
ビーチウエディングやガーデンウエディングなど、リゾートではブラックスタイルは浮いてしまう可能性もあります。
沖縄では「かりゆし」が、ハワイでは「アロハシャツ」が正装であるように、空や海や緑といった自然がバックになる場所では華やかな装いが好まれることが多いです。
新郎新婦に確認してみるといいですね。

最近はナチュラルやカジュアルに式を挙げたいという人が増えています。
堅苦しいのが嫌だから、あえてリゾートでの式を選ぶ人もいますし、
友人だけのパーティーとして行う人もたくさんいますよ。
そういった場合は「スーツじゃなくていいよ。」「好きな服で来てよ」と事前に声をかけてくれたりします。
堅いことはいいからみんながそれぞれのおしゃれをして、この日を一緒に楽しんで欲しいと願う新郎新婦は想像以上にいるものです。

 

Sponsored Link

 

いかがでしょうか?

細部に気を配っている男性はカッコイイですからね!

私は女子なのでいつも思っていました。
「男子はいいよな~。いつものスーツがあればいいんだもん。お金もかからないし。」と。
しかしこのように調べてみると何を着たらいいものか悩んでいる男性は案外いるものだな・・・と気付きました。
白ネクタイはダサいから違うの付けたいけど大丈夫かな?と悩んだり、
人知れずポケットチーフのたたみ方を練習している夜もあるのですね。

 


コチラの記事もどうぞ♪

Sponsored Link

関連記事

レンタルで着物を着るなら京都がお勧め!

レンタルで着物を着るなら、やはり京都に来た時ですよね。 京都という町並みは、着物を着て歩くのに

記事を読む

節分アイテム 恵方巻きの食べ方

2月3日は節分です。時節の行事はファミリーや伝統を大切にする人によって廃れることなく受け継がれてきま

記事を読む

今から準備!上司への寒中見舞いの書き方、文例。喪中の時は?

上司には年賀状しか書いたことがないモカcaféです。 寒い冬。乾燥した空気と冷たい空気で体調を

記事を読む

安倍川花火大会(2015年)楽しむ♪ための準備 〜食中毒対策など〜

安倍川花火大会とは 安倍川花火大会は静岡の夏の風物詩です。 花火数15000発、人手

記事を読む

嫁vs姑 母の日のプレゼントにまつわる悩み

嫁姑バトルには表立ってなったことはないけれど、よく相談されるモカcaféです。 基本的に結婚っ

記事を読む

女の子の初節句をスマートにお祝い準備しよう

初節句とは子どもがうまれて初めて迎える節句のことで、女の子は3月3日、男の子は5月5日が初節句となり

記事を読む

大学受験の関門 願書の写真その表情は?

この記事は○年前に受験を経験したモカcafeが当時を振り返りながらお送りします。 大学を受験し

記事を読む

「2015夏お中元イマドキの知識&常識:関西編」

記事を読む

寒さ対策に大活躍するストール 大人の女性はやせ我慢しません

夏でも職場では長袖とカイロが手放せないモカcaféがお送りします。 冷たい北風が吹き始める初冬

記事を読む

札幌雪祭り<2015>

日程・時間 2015年2月5日(木)~11日(水・祝日)の日程で行われます。 開催時間はいつでも

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑