タバコの値段はどんどん上がる。税収ってどうなってんの

Sponsored Link

こんばんは。文句です。

健康問題なんかでよく取り沙汰されるタバコ。
日本の国民の皆様がよく知っての通り、タバコは嗜好品として高い税金を取られています。

じゃあ、その取られ方とか使われ方って言うと実は知らない人の方が多いんです。

あなたもこの記事を読んで、少し鼻高さんになりましょう。

 

 

■これからのタバコの値段はまだ上がるのか?

喫煙者の間で悩みの種がタバコの値段
20年程前までは250円くらいのものが、最近では460円。ほぼ倍くらいの値段になって居ます。

そしてこのタバコの値段が上がる大きな原因が「タバコ税」の値上げなわけです。

正直、タバコの値段はこれからも上がり続けるでしょう。

色々な問題がありますが、大きなものを上げれば2020年の東京オリンピックです。

実は日本は喫煙者には結構優しい国だったりします。
だから海外の喫煙者にとってはすごく良い国なんですが非喫煙者の人からすると「何やってんだ!」と御立腹なんですな。(主に欧米諸国の人達)

そんな事もあって、大会側からも開催にあたって日本の喫煙率が問題視されてたりするので、それを抑制するために税金はかさむでしょう。

今日現在の安倍内閣は、タバコの値段を一気に1000円まで上げると言っていますが…。
550円~700円あたりが限界でしょうね。
(国民の反発や法整備の問題があるからです)

タバコの値段が1000円に上がるまでには、あと10年くらいいるんじゃないかと私は見ています。

 

■タバコの税金ってどこに行ってるの?

タバコ税とニュースでは簡単に言いますが、実は結構複雑なんです。

タバコの税金を取っているのは国だけではなく地方自治体も取っていて、タバコの値段の約60%が税金となり、30%を地方タバコ税、もう20%が国タバコ税タバコ特別税と言うのが10%を占めています。

まぁ、これはあくまでもザックリです。

じゃあ、集められたタバコ税は何処に行っているかと言うと医療負担金や生活保護の財源に充てがわれたりしています。
もちろんこれが全部ではないですが、代表的なものとしての例です。

このタバコ税の税収は年間2兆円に及ぶと言われます。

 

■年間2兆円なら、それなりに経済的じゃないのか

年間2兆円の税収を生み出すタバコですが、WHOの試算によるとタバコの生み出す経済的損失は年間6.9兆円(日本の経済的試算)と言われています。

もっともこれはすごく極端な話で、タバコによる労働者の早死や、医療受給者が増える事が大きな要因になってます。

だからあまり鵜呑みにしすぎない事ですね。

ちなみに、年間2兆円も鵜呑みにはして欲しくありません
タバコによる税収は下がって来ていますから、タバコ税が引き上げられれば更に低くなると見て良いでしょう。
喫煙者が減った部分を税金を上げることで維持しているだけに過ぎないということです。

 

■そもそもタバコの歴史は知っている?こんな歴史。

タバコの歴史は何処までが正確かは分かりませんが、16世紀頃には様々なタバコが栽培されていたと言います。
元々はアメリカでタバコの原料となるものが栽培されていましたが、コロンブスなどグローバルな人達の登場でタバコは全世界へと広がっていきます。

日本でのタバコの普及も江戸時代と新しく、当時はお茶屋さんなんかで提供がありました。
(このお茶屋さんは喫茶店じゃなく江戸時代では吉原的なお店の事を茶屋と言っていました)

今はタバコの事を吸うと言いますが、昔はタバコも呑むと言っていたのです。
日本の古典芸能に詳しい人はこういう言い方をする人も居ますよ。

中世から近代にかけては、タバコはキセルやパイプと言ったタバコの葉っぱを丸めてそれらに入れて吸うのが一般的でした。

近代から現代になると、やっと葉巻や紙巻きタバコと言われる日常的なタバコが登場します。

さらに最近では電子タバコやアイコスと言ったものが普及するようになりましたね。

昔は焼いて吸っていたものが、今は抽出した素材を使ったり蒸すという手段に変わってきていると言うことが伺えます。

こう言った嗜好品にもちゃんと歴史があるので歴史って素晴らしい!

 

■喫煙者に優しい国日本と世界のタバコ事情

記事冒頭で「日本は喫煙者に優しい国」と言いました。
と言う事は、他の国はあまり喫煙者には優しくないと言う事です。

日本が喫煙者に優しいと言うのはタバコ税の安さに由来します。(タバコの値段)
日本の国民であれば十分高いと思いがちですが、タバコの値段が高いところは目が飛び出るくらいに高いです。

タバコの値段が一番高いのはオーストラリアで約2000円
日本の5倍近い値段で売られています。

もともとオーストラリアは物価も税金も高いのでこれは仕方ないでしょう。
オーストラリアのマクドナルドは時給5000円でも人が集まらないらしいですからね…。

逆にアジア圏はタバコの値段が低い事で知られています。
東南アジアなどでは、一箱100円以下という値段で売っているところもあります。
(カンボジアやフィリピンなど)

例に上げた場所は元々物価が低いというのもありますし、単純に税金のせいだけではないということは重要なところです。

先進国の中でも安いのがロシアです。
ロシアはタバコ税も低く11%で、一箱あたり180円程度なんですね。
ロシアは喫煙率が世界一高いというデーターがありますので、価格の低さ=喫煙率と言うのもある種間違ってない意見と言えるでしょう。

ちなみに、ロシアでは2033年にタバコ禁止法を施行しようとしています。
こう言う事を知っておくと、ビジネスに役立つ時もありますね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

今回はタバコに関する諸々の事をお伝えしましたが、タバコが良い悪いの話じゃないと言う事を最後にお伝えしておきます。
タバコ1つにしても、歴史的知見や経済的知見が広まると言うのをお伝えしたかったのです。

今これを読んでくれているあなたは、明日から周りの人よりも歴史的にも経済的にも少し先の立場に居ます。

明日から「よく知ってるね」と言われる鼻高さんになってくださいね!!

Sponsored Link

関連記事

どんどん高くなっていく!日本の高層ビル。日本一はどこだ?

日本一高いビルってどこ? 日本で今、一番高いビルってどこだかご存知ですか? 私はずっと横浜ラ

記事を読む

バランスのとれた人間の三大欲求は幸せ?

時間のある限り、心ゆくまで眠っていたいモカcaféがお送りします。 人間、生きていれば○○した

記事を読む

それってどんな魔法?消えるボールペン、しかし……

消えるボールペンってみなさんは知ってますよね? 文房具が売っているお店ならまず置いてあると思い

記事を読む

二日酔い対策は?頭痛の早急な治し方は?

二日酔いを経験した事で、てっきりお酒を飲むのが怖くなってしまったチビママなのです。 皆さん、二

記事を読む

餅の持ちすぎで困ってはらへん?上手な保存方法教えたげまひょ。

暮れからお正月にかけては毎日でも食べたかったお餅。 もうええ加減飽きてきた頃ですやろ。

記事を読む

貯金だけじゃないお年玉の使いみち

お正月といえば、大人も子供も話題はお年玉でしょうか。渡す大人も、もらう子供も気になるお年玉の相場。み

記事を読む

お正月の初詣について知る

年が明けてお正月を迎えるとみんなで詣でる初詣。あらためて考えると初詣ってどうしてはじまったの?初詣に

記事を読む

神秘アイテム【ヒランヤ】パワーの鍵は六角形にあり?

ゲームをやり始めるといつの間にか朝になっているモカcaféがお送りします。 特にRPGに多いの

記事を読む

「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシールやはんこを手作りしていた頃

記事を読む

何を今さら英語ですの?でも、若い日の夢をかなえるのは今かもしれませんことよ

思えば中学校に上がった時から10年に渡って学び続けてきた英語ですのに、 「通じる」レベルまで達

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑