エアコンの掃除頻度は?どのくらいが目安?

Sponsored Link

掃除は苦手だけれども、エアコンのほこりやカビについては気になっている「チビママ」です。

エアコンってフィルターの掃除だけしていればいいと思って過ごしていたのです!!

すると突如、黒い物がたくさんエアコンに付着していました。

もしかしてこれって「カビ?」ではないのか?と思ったりもしていたら、案の定、「カビ」だったのです。

実家にいる時は、エアコンに「カビ」なんて見た事なかったのに!!

私のエアコン掃除の仕方が悪かったのでしょうか?

でも、2週間に1度はフィルターなども掃除していたんですけどね・・・。

汚れが完全に取れていなかったのかもしれないですね!!

今回は、「エアコン掃除の頻度は?どのくらいが目安?」について記事を書いていきたいと思います。

 

 

エアコンの掃除頻度はどれくらい?

エアコンにもよりますが、1週間に1度は掃除の必要があると言われていて、間隔が開いてしまっても2週間に1度の掃除は確実におこなった方がいいと思います。

特にフィルターなどは、こまめに奇麗に掃除しておかないと直ぐに埃などが詰まってしまったりします。

今は、お掃除エアコンの普及に伴って購入する際に「掃除しなくて良いので楽だわ!」と思って購入する人も多いと思うのですが、実は、全く掃除しなくていいわけでもないようです。

普通のエアコンの掃除頻度よりは少なくても良いのですが、2~3週間に1度は、やはり掃除をしなければなりません。

お掃除エアコンでも、掃除の手間が若干省けるだけだと思っておいた方が良いでしょう。

ただ、お掃除エアコンの場合は、エアコンが作動していてもほこり等が溜まると掃除モードに切り替わる物もあります。

こういった場合、掃除モードになっている時は、エアコンの動作自体がお休みしているので、夏は暑くなり、暖房時は少し寒くなってしまう可能性もあります。

もちろん、お掃除が終了すれば、普通に作動はし始めるのですが・・・。

エアコンの掃除の基本などは、取扱説明書などにも詳しく表記してあるので、参考にすると良いでしょう。

 

エアコンやほこりとカビの恐い関係

エアコンにカビが発生してしまうと、エアコンの風と一緒になって、そのカビの菌が身体の中に入ってしまって、病気などをひきおこす可能性もあったりします。

昔かからカビの菌は存在していたのですが、今みたいに菌自体がそれほど強くなく、抵抗力も弱かったそうなのです。

ところが地球温暖化によって、カビの菌が生き残れるような環境に変化しつつあるので注意が必要です。

皮膚や内臓、アレルギーを引きおこすカビの菌も近年では確認されています。

ほこりも同様でこちらもアレルギーを引きおこす危険因子である事に間違いはありません。

カビとほこりについては、エアコンとは切っても切れない関係である事を覚えておかなければなりません。

変な咳などが長引いた場合などは、放置せずに早急に病院を受診した方が良いと思います。

ちなみにほこりもついては、人体に影響があるだけでなく、エアコン自体の故障の原因になる場合もあるので、出来るだけ自分で取り除いていきましょう。

 

エアコン掃除の掃除方法

①まず、エアコンを掃除する周辺に不要な新聞紙やシートなどをひきます。

②エアコンの前のカバーを開ける前に周辺のほこりを掃除機で吸い取っていきます。

③エアコンのカバーを開けてフィルターを外す前に一度フィルター周辺とフィルターに軽く掃除機をかけます。

④次に、取扱説明書に従って掃除できる範囲の部品を取り外していきます。

フィルターは外側から掃除機をかけて、内側も軽く掃除機をかけます。

水洗いできる部品は、水洗いをしてほこりを洗い流し、その後でよく乾燥させます。

(ここで水滴がカラカラになるまで時間をかけて乾燥させましょう。電気と水は相性が余り良くないので、乾燥していないと故障の原因にもなります。)

⑦コンセントを抜いて吹き出し口の掃除にとりかかります。

⑧ルーバーを手動で操作しながら、中性洗剤を薄めた布で拭いていき、最後に乾いた布で丁寧に拭いていきます。

⑨エアコンの外している部品をセットします。

⑩エアコンをつける前に、送風運転をおこなってルーバーを更に乾かしていきます。

⑪最後にほこりなどが落ちている敷物を片付けて終了になります。

プロに頼むとどこまでやってくれるの?

今では、エアコン掃除もプロに頼む人が多くなってきたのも事実です。

プロに頼むと業者や価格によって、様々なプランがあったりしますが、基本的には同じ様なサービスが標準装備としてついているみたいです。

まず、養生サービス(掃除前のシートを引くサービス)ですが、こちらはプランに含まれている業者と別途必要な業者があります。

エアコンの下に荷物がある場合も同じで、業者によってサービス料に含んでいる会社もありますが、この荷物の移動については、付属していない会社がほとんどになります。

プロに頼むとエアコンの外せるパーツは全て外しての掃除になります。

パーツは、自社が持っている洗浄機や洗剤などを使用して汚れやほこり、カビなどを極力落としていく作業になります。

後は、エアコン内部のアルミフィンと吹き出し口と呼ばれる部分の清掃が主になります。

この部分は自分たちで掃除できる範囲ではないので、業者に任せる事になります。

大体の作業は、頼むとこの辺りの掃除まではセットになっている会社が多いですね。

ただ、追加サービスとして多いのが掃除から一段階アップしたエアコンのクリーニング作業やカビ発生の防止の作業などがあったりもします。

 

Sponsored Link

 

エアコン掃除の頻度まとめ

エアコン掃除は面倒くさいと思っても、自分でこまめにおこなうことでカビの発生やほこりをためずに奇麗に使用する事が出来ます。

エアコンにほこりやカビが発生した時には、早めに業者に依頼して掃除を頼む方がいいでしょう。

プロに頼んでも全部の部品を掃除できるわけではありませんが、自分達では届かない目に見える部分なども掃除してもらえます。

エアコン掃除をプロに頼む時には、季節を考えて早めに予約する必要があります。

特に梅雨時や夏場の前には、予約が取れない事も多く1ヶ月待ちなんて事も珍しくないそうです。

今回は、「エアコン頻度の掃除は?どのくらいが目安?」についてお伝えしました

Sponsored Link

関連記事

子ども自転車のサイズは?

子どもの自転車にもサイズがあるのをご存知でしょうか? 本当に小さいサイズの物から今は店頭に

記事を読む

心してかかれー!子どもの自転車練習!

ひざ神、モモ神、水神様。 ピンと来た人いますかね? そうです、雨上がりさんの番組企画で

記事を読む

春こそ断捨離のススメ

新学期や新年度、春は新しい生活の始まりです。だからこそ、いらないものをすべて断捨離してすっきりした気

記事を読む

干支などイラスト素材の使い方

11月になると年賀状のコマーシャルが始まります。いざ年賀状の準備をしようとするとどんなデザインにしよ

記事を読む

母乳育児とその効果

今、子育て真っただ中で、毎日ドタバタした日々を送っている「チビママ」です。 今日は母乳について

記事を読む

料理が面倒な日も便利なキッチングッズでさっとこなそう!

台所で使える便利なものといえば何が浮かびますか? 一つじゃ足りないかもしれませんね。今回はそれ

記事を読む

引っ越し祝いのお返しあれこれ

引っ越し祝いを貰ったらきちんとお返しをしなければなりませんが、引っ越しでばたばたしているとどうしても

記事を読む

レッツ模様替え!おしゃれな部屋にはどんな家具?

女子というのは雑貨屋めぐりが好きな生き物です。 今暮らしている間取りなんて度外視して大きなシェルフ

記事を読む

いざという時の備えに。防災セット購入のススメ

■ 防災の日を知っていますか? 防災の日は毎年9月1日です。 私たち国民が災害についての

記事を読む

お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。 11月にもなるとCMをにぎわ

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑