あせもの対策や治し方は?

Sponsored Link

夏になると勝手に出来ている赤いブツブツありませんか?

自分で気づいた時には、既に痒みが発生している事が多いです。

毎年、暑くなるのであせもになっている人も最近では多いと聞きます。

果たして、このあせもって一体何なのでしょうか?

 

 

・あせもの原因は?

あせもの原因は書いて自のごとくにあります。

人間は誰でも汗をかくのですが、この汗が大量に出てしまうと、体内にある汗の通り道から吹き出てしまった様な状態になり、皮膚に酷い炎症や赤いブツブツを作る原因となってしまうのです。

汗は全てが体内に放出されると思っている人もいますが、実際には少し違っていて、少量の汗であれば上手く体外に排出されるのですが、近年では猛暑の影響もあって汗の処理に体がついていけない様な状態にもなっているのです。

簡単に説明すると、川も少しの雨だと奇麗に流れていますが、集中豪雨などになると堤防の破壊などがおこってしまう、その様な感じなのです。

・あせもとじんましんの違いは何?

あせもとじんましんはかなりの違いがあります

両方ともに赤いブツブツが出来るので、同じと勘違いする人や見分けがつかないと言った人もいますが、じんましんの場合は、アレルギーの症状が絡んでいる場合が多く、対処の仕方も全然違ってきます。

又、あせもは身体の汗をかく部分に出来る場所は大体が限定されていますが、じんましんは全体に広がるのも特徴の一つでもあります。

じんましんの場合は、アナフィラキシーショックなど命の危険に関わる場合もあるので注意が必要です。

自分で判断できない時には、早急に皮膚科を受診しましょう。

・あせもにならないための予防法は?

肌を清潔も保つのはもちろん、汗をかいたらこまめに乾いたタオルで拭き取って、制汗シートや冷却スプレーなどで冷やしましょう。

もしも、シャワーなどが出来る場合には活用した方が、汗をかいた場所を更に清潔に保つ事が出来ます。

なるべく暑い場所を避けて、エアコンの効いた場所があれば、自分の体調に合わせて有効活用しましょう。

汗をかいたシャツや服などは出来るだけ早めに着替えて、その際に肌の保湿もおこないましょう。

一度に水分を摂取するとかえって汗が多くなるので、水分補給もこまめにおこなって、汗を少しずつ自分の体内から外に出しましょう。

 

Sponsored Link

 

・あせもの治し方

あせもは市販のクリームでも治す事が出来ますし、皮膚科に行っても薬を処方してもらえます。

毎日、患部に数回薬を塗って、出来るだけ痒くなってもかかない様にしましょう

皮膚科の先生に聞いた話なのですが、あせもが酷くても薬を塗布した部分に包帯などは巻かない方がいいそうです。

包帯を巻くとあせもの部分に余計に汗をかく事になって、症状が悪化する可能性もあると聞いた事があります。

我が家の主人がそうなのですが、あせもも放置しておくと冬になっても形が残っています。

本当に要注意です。

あせもが出来た場合には、皮膚科の先生と相談しながらきちんと完治させて、自分に合ったあせも対策を確立するのが有効と言えます。

Sponsored Link

関連記事

健康にいい!?断食の好転反応と方法について

■断食(ファスティング)中の好転反応とは?どんなことが起きるの? 好転反応とは、体の不具合

記事を読む

暑い夏。汗をかかない方法をお知らせいたします!

今年も暑い夏がやってまいりますね。 汗が出てお化粧が崩れたり、外出先などで顔から汗が流れ出たり

記事を読む

また間に合う、インフルエンザの予防接種!

毎年この時期になると、季節性のインフルエンザが流行します。 皆さんは、インフルエンザの予防接種

記事を読む

怖い感染症の一つ 溶連菌の症状とは

冬に多い病気といえば、風邪、インフルエンザ、ノロウィルス、溶連菌があります。インフルエンザやノロウィ

記事を読む

これだけは食べよう!旬の食材で夏バテ予防

いったい夏はいつから始まるのか? 毎年毎年季節が前倒しになっている感のあるここ数年ですが、朝起

記事を読む

蚊への対策 刺されない!かゆみを止める!

暑い夏がやってきました。 この時期はなるべく薄着をして涼しく過ごしたい〜。 そんな時期に

記事を読む

食欲の秋、身体にいいさつまいもでお菓子を作ろう。

さつまいもはその名とおり鹿児島からほとんど全国的に作られている甘いいもです。 甘いから太るのな

記事を読む

こんなに簡単でいいの?グリーンスムージーのすすめ

なんだかこの頃あっちでもこっちでも緑色のとろっとしたもの飲んでる人、見かけませんか? それがグ

記事を読む

肩こりや頭痛ってツライ!マッサージに行けば治るの?

朝すっきり起きれず疲れが残っていてカラダがだるい。 最近、肩こりや頭痛が酷くなっている

記事を読む

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまいます。 夏風邪と言う言葉

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑