京都の青谷梅林へお花見に行こう!

Sponsored Link

京都市内にはたくさんの神社やお寺があるので梅の観光名所はたくさんありますが、実は城陽市にはとても大きな梅林があります。大きくて昔から梅の名所となっている青谷梅林のご紹介です。

Sponsored Link

 

青谷梅林ってどんなところ?

京都府城陽市にある生産用の梅林で、50件ほどの梅農家が集まって管理している梅林です。40ヘクタールほどの敷地に1万本の梅が栽培されています。
毎年梅の花の時期になると梅まつりが開催されて、梅林の一部がお花見用に開放されます。一部といっても1ヘクタールほどの広さを開放しているので、梅の花をたっぷり観賞することができる広さで、近畿地方最大級の人気梅スポットとなっています。

青谷梅林の様子

 

例年の見頃はいつごろ?

青谷梅林の見頃は2月下旬から3月中旬です。梅の開花に合わせて梅まつりが開催されます。くわしい開花情報は城陽市観光協会(http://城陽市観光協会.jp)で確認することもできますよ。

 

交通アクセス

686-01

JR奈良線「山城青谷駅」から徒歩で20分か、近鉄「大久保駅」から京阪氏交通バスを利用して「たつみ畑」で下車するのが便利です。
車の利用は第2京阪自動車道「久御山南IC」より約5Kmで駐車場は梅まつり中のみ開放されていて有料での利用となります。週末は周辺道路からとても混み合いますので時間に余裕をもってお出かけくださいね。

 

梅まつり情報

686-02

青谷梅まつりのみどころはやはり、普段は立ち入れない生産区域に入って観梅することができるところでしょうか。
梅まつりの開催される2月下旬から3月中旬は売店も開店していて、青谷梅林で収穫された梅を使用した梅製品が並びます。伝統の漬け方でつけた梅干も人気です。梅まつり開催期間中の日曜祝日は餅つき大会なども行われます。

 

春の訪れを華やかに満喫できる梅の花。今年は梅の名産地でもある京都の城陽市でたっぷりの梅の木に囲まれて、花の美しさと香りを楽しんでみませんか?

Sponsored Link

関連記事

雨でも楽しめる定番デートコース【千葉】

デートといってもそんな変わったところにいった覚えがないモカcaféがお送りします。 お互いの生

記事を読む

四国九州最速!国道九四フェリーで旅しよう!

旅行というのは一つのリフレッシュであり、楽しいものです。 長期休暇が取れたらここへ行こう! 

記事を読む

雨の日デートは神奈川でオシャレに楽しもう

東京へ旅行のときは横浜へ寄る時間が作れないかをまず考えるモカcaféです。 神奈川って「どこに

記事を読む

家族でお弁当を持ってピクニックに出かけよう!

今日は天気もいいし、暖かくて絶好のピクニック日和。そんな時に欠かせないのが「お弁当」ですよね

記事を読む

この夏北海道の家族旅行に行くならここ!

やってまいりました、夏休み~~。 お子様には楽しみな、大人には・・・色々な思いがありますが、今

記事を読む

乗り放題4日間!ストレス0の旅行をぜひまわりゃんせで!

■まわりゃんせって何? まわりゃんせとは、近畿日本鉄道(近鉄)が期間限定で発売している特別

記事を読む

鹿児島の藤川天神へ梅の花を見に出かけよう

3月も近くなると暖かい日が増えて花の季節到来です。みんなお花見に出かける桜の花の前には梅の花が見頃を

記事を読む

梅の雲海でお花見!奈良の賀名生梅林

自然がたっぷり残る奈良の一角で麓から山を覆うように広がる梅林が賀名生(あのう)梅林。季節限定の絶景を

記事を読む

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士。 もちろん我が家の母もウル

記事を読む

初心者向け【登山における食料計画】

屋久島はもう一度行きたいと思っているモカcaféです。 山に登ってみようと思うと何が必要か迷い

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑