簡単にできる本格的っぽいビーフシチューレシピ

Sponsored Link

子供も大好きなビーフシチュー♪ ちょっとしたお祝いのときなどに作ると高級感が増しておいしいメニューなので、できればお店で出るような本格的な雰囲気に仕上げたい一品ですね。簡単に仕上がりがレベルアップできるコツを調べてみました。

Sponsored Link

 

煮込むのにはどんなワインがいい?

340-01

本格的にビーフシチューを作ろうと思うとレシピに出てくる赤ワイン。実は多くの人が赤ワインの役割を勘違いしています。

ビーフシチューに入れる赤ワインはお肉をやわらかくすると思われているのですが、実はお肉の臭みを消して、味に深みを出すことが一番の役割です。この臭みを消すのがタンニン。タンニンは強い渋みを感じるので渋みが強いワインが良いでしょう。

基本的にはどんな赤ワインでも多くのタンニンが含まれていますので、一番安価な赤ワインでも十分おいしいビーフシチューができます。高級ワインを使用するより、たくさんふんだんに使ったほうがおいしく仕上がります。

圧力鍋を使って作る時に気をつけた方がよいことはある?

短い時間でお肉もほろほろに仕上がる圧力鍋はビーフシチューの調理に最適です。ビーフシチューを作るときは圧力鍋を使用するならやはり野菜の煮崩れがおきないようにしたいですね。たまねぎは溶けるくらい、あめ色に炒めてから入れるとおいしさが増すのですが、ニンジンやじゃがいもは煮崩れずに形が残っているほうが盛り付けたときの見栄えもよく、食べ応えもあります。

煮崩れてもいい材料だけで1回目の加圧、ニンジンとじゃがいもを加えて2回目の加圧と分けるとうまく仕上がります。

市販のソースを使っても本格的な味になる?

340-02

ビーフシチューを作るときはデミグラスソースを使います。もっとお手軽にビーフシチューのルゥを使用することでカレーと同じような作り方でも作れます。

市販のソースやルゥを使用しても十分本格的な味は出せます。赤ワインをうまく使ってお肉の臭みを消すことと、お肉をあらかじめ漬け込んでおくことでやわらかさをアップさせて味が染み込みやすくすることでとても本格的な味になります。

塊肉を使用するのであれば一晩、酢、ヨーグルト、パイナップルを混ぜたものにお肉を漬け込んでおくことでぐっとお肉が柔らかくなります。細切れを使用する場合は15分だけでも漬け込むだけでずいぶん違いますよ。臭みをしっかりとりたいならこの漬け込む段階でも赤ワインを混ぜておきましょう。

 

お鍋を焦がしちゃったけどどうやって落としたらいい?

お肉をやわらかくするために、とろみを出すために、長く火をかけて鍋が焦げてしまうことはよくあることですね。簡単な焦げであれば研磨剤の入った洗剤か重曹をつけてこすり洗いすることで焦げが取れます。それでも取れない焦げは水を入れて沸騰させ、重曹かたまねぎの皮を入れてしばらく沸騰状態を保ちます。

 

重曹を使った焦げの落とし方

 

アルミ鍋に重曹を使うと変色してしまうことがあるので、アルミ鍋を焦がしてしまった場合はたまねぎの皮を使うといいですよ。重曹と同じように沸騰したら皮を投入して煮込むだけで焦げがとれるようになります。

 

ポイントを押さえていれば家でも本格的なビーフシチューが簡単に作れます。市販のソースやルゥも利用して手軽においしいビーフシチューを楽しみましょう。

Sponsored Link

関連記事

旬のお魚をいただく時!それはまさに冬ですわ

こう寒さが厳しくなってきますと、いっそ南太平洋の島々に飛んで行ってビーチライフを楽しみたいという誘惑

記事を読む

何故か今、鶏もも肉とキャベツですの

皆さま、鶏もも肉はお好きでいらっしゃいますか? それではキャベツはいかが? たいへん申し

記事を読む

技術がたっぷり!脂身たっぷり!近大マグロが食べたい!

■近大マグロってどんなマグロ?マグロとしておいしいの? (画像は http://kinda

記事を読む

準備はよろしい?まさかの切り干し大根の作り方ですねんわ

今日はな、乾物の代表選手みたいな切り干し大根の話ですねんわ。 皆さんもよう食べてはりますやろ?

記事を読む

東京でおすすめのスイーツビュッフェ

皆さんこんにちは。 今年の夏は涼しい日が続いたので夏バテせずに乗り切ることができそうで

記事を読む

湯豆腐の季節到来!待ちに待っていた方いらっしゃいますわね?

皆さま、ご機嫌よう! お正月はいかがお過ごしでして? わたくし、メルボルンでうだってまい

記事を読む

「おせち料理」の意味を知って、手作りしてみませんか!

おせち料理とは、お正月に食べるお祝いのお料理です。 最近は、有名料亭の数万円するものもあり、

記事を読む

皆さま、コーヒータイムですわ!

日常茶飯事の「茶」の字が「コーヒー」と入れ替わったとまでは申しませんけれど、 日本人のコーヒー

記事を読む

和の心 桜を模した和菓子で癒やしを得よう

日本の象徴とも言える桜の花。 古事記の時代から歌にも読まれ、日本人にとってなくてはならないもの

記事を読む

ゆずの香りと健康な美しさが悩ましくありませんこと?

日本ではそれこそ1年を通して、ゆず入りの食品やら化粧品やらありとあらゆるところで目にいたします。

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑