意外と知らない節分で豆をまくわけ

Sponsored Link

2月3日は節分の日。夜になると家のあちこちで豆をまきます。この節分に豆をまくわけ、知っていますか?節分の意味や豆について調べてみました。

 

節分の由来とは?

514-01

そもそも「節分」ってなんでしょうね?

「節分」は季節が変わる日のことで、もともとは立春、立夏、立秋、立冬それぞれの季節が変わる日の前日が節分でした。それが時代の移り変わりとともに、新しい年の始まる春が一番尊ぶ日であることから春の節分だけが残り、立春が一年の始まりの新年であることから大晦日に行われていた「追儺(ついな)」と呼ばれていた儀式に倣い、厄や災難を追い払い清める儀式として民衆へと広がっていったのが今の節分です。

 

福は内、鬼は外の意味は?

514-02

豆をまくときに唱える言葉として「福は内、鬼は外」とあります。これは昔、厄や災難は鬼に例えられていたことや中国から伝わった習慣などいろんなものが混ざっています。

日本のお話としては、京都の鞍馬山にが出現したときに大豆を鬼の目に投げつけたことで退治できた話があります。これにより「魔の目に投げて魔を滅する」という意味から大豆を投げて鬼を追い出す。つまりは「鬼は外」と唱えられるようになったようです。

「福は内」とは鬼が出て行って清らかになったうちに福が舞い込みますようにという願いがこめられているとか。お寺によっては鬼が祀られているところがありますので、「福は内、鬼も内」と豆をまくところもあるそうですよ。

 

まく豆は決まっているのでしょか?

514-03

まく豆は必ず一度炒った豆であることが必須です。厄や災難を祓うための豆ですので、「炒り豆」の炒りは「射る」という言霊にもかかっています。また、生豆をまいて回収できなかった豆から芽が出て定着することは縁起が悪いと嫌われていたため、芽が出ないようにしっかりと炒った豆を使います。今となっては縁起などそんなに気にしないとはいえ、衛生面でも生豆ではなく炒り豆の方がよいでしょう。

まく豆は大豆という地方や落花生という地方もあります。基本は炒ってある豆であればいいのでどちらでもかまいません。近年は大豆をまく地域であっても豆まき後の回収が楽なので落花生を選ぶ家庭が多くなっているようです。

 

豆をまく作法はありますか?

作法も特には気にしないで家族で楽しむイベントとなっています。

昔ながらの作法にならうのであれば、豆をまくのは家の主人もしくはその年の干支生まれの人が豆をまきます。まいた後の豆は人が食べることによって、豆の中に封じられた厄や災難を退治するという意味合いもあるので豆もおいしくいただきましょう。

 

由来を知ると見る目もかわる昔ながらの行事。厄災を祓う行事では、行事を通じて家族の笑顔が多くなれば福もまいこむと信じられています。がちがちの作法や決まりを気にしないで楽しむことができれば鬼もきっと逃げていきますよ。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

ハロウィン初心者におすすめの手軽にできる飾り付け

友人と盛り上がる頃はそこまでハロウィンが浸透してなかったモカcaféがお送りします。 秋のイベ

記事を読む

どうすればいい?最近のお盆とお供え事情

毎年夏になると必ずやってくるのがお盆。 日本古来の信仰と仏教行事が合体して行われる祖先供養の儀

記事を読む

10月のお月見「十三夜」知っていましたか?

 「お月見って、9月じゃないの??」って思った人も多いと思います。 お月見は、十五夜、十三夜、

記事を読む

花粉症対策どうする?

毎年2月から5月の間みなさんを悩ませる花粉症。マスクをしても薬を飲んでも楽にならずにつらい思いをして

記事を読む

親しき仲にも礼儀有り!友達への寒中見舞いの書き方・文例

お手紙大好きでこのメールの時代に文通をしているモカcaféがお送りします。 寒中見舞いって聞い

記事を読む

「いつまでも元気でいて欲しい」の気持ちを込めて、敬老の日に花を贈ろう。

9月の第3月曜は敬老の日。 おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントを考えているけれど、もうひと

記事を読む

お中元の準備はできていますか? 時期を逃さず感謝の気持ちを(東海編)

そろそろお中元を贈る季節ですね。 いざ贈るとなった時に一番悩むのがお中元を送る時期では

記事を読む

どんど焼きin東京2015

今年も残り少なくなってきたということで、前に書き初めについて書きましたが、今回はまたそれに関連して正

記事を読む

知って納得!なぜ書き初めに四字熟語が選ばれる?

書き初めに何を書いたかもう思い出せないモカcaféがお送りします。 冬休みの宿題といえば、お正

記事を読む

新潟の夏の一大イベント「新潟まつり2015」

■新潟まつりとは? 新潟まつりは、住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭という歴史ある4つのおまつ

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑