流行っているからいただくんですのね、シュトレン

皆さま、もうクリスマスまであっという間ですのよ。

いろいろなご準備は整いつつあるといった頃でしょうか?

わたくし、連日ショッピングやお食事会で本番当日まで

この身体が持つかどうか心配になってきていますの。

うちでは25日と26日にお客様が大勢来られるので

ご馳走の方もたいへんですのよ。

まぁ、手伝いのものが何人か来てくれるので何とかなるのですけれど、

このシーズンは忙しくて当たり前ですわね。

そんなこんなで流行りのドイツ菓子シュトレンですの。

ついこの間まで苺ショートやビュッシュドノエルと言って

騒いでいた巷が、今度はシュトレン!?

だいたいこれはケーキじゃありませんわ!

イタリアのクリスマスパン、パネトーネと同じパンですのに

ケーキと思っていらっしゃる方、結構多いそうですの。

まぁおいしくいただけるのなら良しとしましょうか。

SnapCrab_NoName_2015-12-21_17-31-36_No-00

Sponsored Link

シュトレンをご存じない方、それが当たり前ですのよ!

SnapCrab_NoName_2015-12-21_17-31-56_No-00

シュトレンは14世紀頃のドイツ、ドレスデン生まれの菓子パンですの。

夏の間に収穫したフルーツをお酒に漬けこんでおきますでしょ。

それを生地に練り込んで焼いた、簡単に言えばフルーツパンですわ。

ケーキと違うところは、イーストを使って発酵させてから焼くという点。

そして、焼きあがってからすぐいただくのではなく、

2か月くらい冷暗所に保管することですかしら。

寝かせることで、フルーツやお酒、

スパイスがパンに染み込んでおいしくなるからですのよ。

外側にまぶしたお砂糖も生地がパサつかないように

カバーとしてかけられているんですの。

いただいたことありませんけれど、種類もいくつかあるようですわ

SnapCrab_NoName_2015-12-21_17-32-9_No-00

1番ポピュラーなものがいわゆるプレーンなシュトレンで、

クリスマス限定のクリストストレンも同じものだそうですの。

ドレスデンのクリスマスマーケットで売られるシュトレンですわ。

伝統的なサイズは4.4キロにもなるそうですの。
他に、アーモンドの粉を練り込んだマンデルシュトレン、

中心にマジパンを入れたマジパンシュトレン、ケシの実を練って

あんこのようにして中心に入れたモーンシュトレン、

ナッツがたっぷり入ったヌッスシュトレン、チーズを入れた

クワルクシュトレンなどあるそうですわ。

こうお話ししていますとやはり、試食してみたくなるものですわね。

 

並ぶよりオンラインで取り寄せるのが賢うございましょ?

SnapCrab_NoName_2015-12-21_17-32-28_No-00

パンケーキ然り、カップケーキ然り、シュトレンも同じく店に長い行列ができるとは!

お宅にドイツ人の料理人がいなければ仕方ないことかもしれませんわね。

何にしましてもこの忙しい時期に身体を冷やしながらの行列は感心しませんわ。

この時代ですもの、便利なオンラインオーダーをおすすめしたく思いますの。

ご参考になさって。

ドイツ系のお店ばかりですの。
「フロインドリーブ」 シトーレン
http://freundlieb.jp/stollen/
「ユーハイム」 シュトーレン
https://e-shop.juchheim.co.jp/cms/preview.php?pre_no=55
「カーベ・カイザー」 石窯焼きシュトーレン
http://www.k-b-kaiser.co.jp/shop/item_list?category_id=208382
「ベッカライビオブロート」 シュトーレン
http://biofloresta.jp/shop/contents?contents_id=250470
「千鳥屋本舗」 クリスタルシュトーレン
http://www.chidorishop.com/SHOP/827156/840937/list.html

 

ご自分でシュトレンを焼いてごらんになる?

SnapCrab_NoName_2015-12-21_17-32-40_No-00

どのようなお菓子でもご自宅で作ってしまおうという

勇気のある方、応援しますわ。

わたくしもお菓子作りは好きですのよ。

でも、家にプロがいると思うと、つい甘えることになりますの。

仕方ありませんわよね。

お菓子専用のキッチンで遊んでは叱られますし。
こちら、マンデルシュトレンの独自なスパイスバージョンですの。

フレーバーティー使用。
「本格☆シュトーレン☆2015」
http://cookpad.com/recipe/3535442
きび砂糖を使ってらっしゃるの。どんなお味でしょう?
「簡単なシュトーレン♪」
http://cookpad.com/recipe/3568668
なんちゃってシュトーレンの見本のような一品。興味ありますわ!
「ホットケーキMix超簡単シュトーレン」
http://cookpad.com/recipe/3561824
お酒を使わないバージョンのマンデルシュトレンですわ。こちらもなんちゃってレシピー。
「子供と食べようシュトーレン」
http://cookpad.com/recipe/3571097
こうして皆さまのレシピーを拝見していますと、

スパイスが生半可だということに気付きますのよ。

たいていシナモンとナツメグだけですもの。

胸の奥に染み込むような深みがないように思いますの。

実際、スパイスとして欠かせないカルダモンが苦手な方には

つらいパンかもしれませんわね。

結局、今年はシュトレンでクリスマスをお祝いすることになりますのね

SnapCrab_NoName_2015-12-21_17-32-51_No-00

ドイツ人の友人に言わせますとね、シュトレンは「あくまでもパン!」だそうですの。

朝食にミルクやコーヒーと一緒にいただくか、夜食にマルドワイン

(ホットワイン)といただくかしか選択肢はないということですわ。

決して冷蔵庫にしまわないこと

チーズやクリームを乗せて食べないことなど小うるさく言いますの。

ドイツ人ってとことん頑固ですわよ、皆さまもお気を付けになって。
異文化を体験してみたいわたくしは、

おいしくいただければそれで合格というスタンスですの。

皆さまもそうなさいませ。

それでは楽しいクリスマスになりますようにお祈りしますわ。

ごきげんよう!

Sponsored Link

関連記事

東京でおすすめのスイーツビュッフェ

皆さんこんにちは。 今年の夏は涼しい日が続いたので夏バテせずに乗り切ることができそうで

記事を読む

夏の鮎とは、ひと味違う、9月の鮎!味わってみてください。

ヤナ料理では鮎雑炊が大好きなモカcaféです。 梅雨の頃になると「鮎解禁!」なんて文字が躍りだ

記事を読む

かにの季節ですわ!さあ、炊き込みご飯を召し上がれ

皆さま、冷え込む毎日をいかがお過ごしですの? 今日のお話はかにですのよ、かに! 不思議な

記事を読む

すだちはお好き?魅力いっぱいのシトラスフルーツですのよ。

日本独自の柑橘類は数々ありますけれど、すだちは徳島の名産。 世界広しといえどもすだちが栽培され

記事を読む

皆さま、コーヒータイムですわ!

日常茶飯事の「茶」の字が「コーヒー」と入れ替わったとまでは申しませんけれど、 日本人のコーヒー

記事を読む

鶏肉を使って簡単に雑煮を作るレシピ!

お正月にお雑煮を作る家庭も多いと思いますが、実は、関東と関西で味の違いがある事を知っていますでしょう

記事を読む

和の心 桜を模した和菓子で癒やしを得よう

日本の象徴とも言える桜の花。 古事記の時代から歌にも読まれ、日本人にとってなくてはならないもの

記事を読む

夏だ!カレーだ!みんな大好きカレーライス

ご存じインド発祥のスパイシー料理。 日本には明治の頃イギリス経由で伝わったハイカラキュイジーヌ

記事を読む

おそばですの、皆さま!でも、麺ではなくてつゆの作り方ですわ

皆さまごきげんよう! 今日はおそばのお話ですの。 年越しそばでいただいたばかりとおっしゃ

記事を読む

ボジョレーヌーボーのパーティーにいらっしゃいませんこと?

今年もまたボジョレーヌーボーの季節がやってまいりました。 皆さま方には早々と予約などお入れにな

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC


Sponsored Link(楽天)

最近よく聞くインスタグラム(Instagram)って?初心者にもわかりやすいはじめての使い方

インスタグラムの情報共有はしたことがあるけれど、登録はしたことがないモ

水族館デートにおすすめの服装ってどんななのか考えてみた

デートで水族館は定番中の定番なモカcaféがお送りします。 天候

エアコンを安く使うコツとは? 冷房と除湿の使い分けポイント

夏のエアコンは冷えすぎない除湿が好きなモカcaféです。 暑くな

東京でおすすめのスイーツビュッフェ

皆さんこんにちは。 今年の夏は涼しい日が続いたので夏バテ

エアコンがカビの温床?カビは掃除でどこまできれいにできる?

昔はエアコンなんてつけなかったのに、年々エアコンなしでは過ごせなくなっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑