寒さ対策に大活躍するストール 大人の女性はやせ我慢しません

Sponsored Link

夏でも職場では長袖とカイロが手放せないモカcaféがお送りします。

冷たい北風が吹き始める初冬から春先まで大活躍するストール

まだコートを着込むには早いし、室内ではもこもこの上着を着ているわけにもいかない。そんな時に便利なのはストールです。

大判のストールはたたみ方で首筋だけにかけてもよいし、肩から背中を覆うようにしてカーディガン代わりにもできます。ささっと小さくおりたたんでもシワになりにくいので持ち歩きも便利ですよね。

そんな便利ストールをもっとおしゃれに、気軽に扱うことができたらすてきですよね。

 

 

ストールは使い方にあわせて素材を選びましょう

基本的にストールは寒さに対応するために選ぶので、寒くなる冬にあわせて購入します。そうすると暖かさを求めてウールやカシミヤなど毛素材が織り込まれたものを選びますよね。

でも待ってください。

今の世の中。寒いのは冬だけですか?

夏の電車。映画館など人が集まる場所。事務所。

冷房が強めにかけられた場所がたくさんあって、暑い場所にあわせて服装を選んで出かけたら寒くて冷えてしまうなんてことはよくあるものです。

せっかく気軽に扱うことができるストールですから、冬だけでなく夏もうまく使いこなしてみましょう

夏に使うストールでは毛素材のものを選ぶと周りから見るとちょっと暑苦しくて、ずっと巻いていると自分でも暑く感じることがあります。

そこで季節によって素材を使い分けしてみましょう。

ストールの素材は次のようなものがあります。

 

ウール

毛糸などでおなじみの羊の毛です。

保温性に優れているので冬のストールに最適。

密度があるかわりに少々厚みや重さがあります。もこもこするのでマフラーのようなかけっぱなしの巻き方に向いています。

 

カシミヤ

ヤギの毛です。高級品になると「パシュミナ」とも表記されます。

軽くてやわらかいのが特徴ですが、ちょっとお値段がお高め。ウールよりも見た目が暑苦しくないので春先でも大活躍します。

化学繊維

一まとめにしてしまいましたが、レーヨンやアクリル、ポリエステルなどがあります。

毛素材と一緒に使われることがありますが、化学繊維100%のものも多くあります。

加工によっては触ると涼しく感じるものもあり、年中使える素材です。

 

絹(シルク)

カイコの糸から作られる天然素材です。

光沢のある糸が特徴で見た目も華やかで軽くおしゃれな素材。

絹製品は冠婚葬祭でも使えます。絹100%はかなり高価で傷つきやすいので扱いにはちょっと注意が必要ですね。

 

綿(コットン)

綿花という植物からとられる天然素材。

毛素材や加工素材ではアレルギーを起こす人も多いのですが、綿は大丈夫という人も多いですね。

ガーゼ加工などもあり、汗も吸ってくれるし、見た目が軽やかなものが多いので夏のストールに最適です。

 

主にストールで使われる素材を選んで紹介してみました。使われる素材としては服の素材と同じなのでなじみのあるものが多いのではないでしょうか?

季節に合わせた素材選びとしては、寒い冬は毛素材、夏は綿素材がおすすめ

化学繊維は年中使えますが、最近の技術で冬用、夏用に特化したものがあるのでそれを選んでみるのもいいでしょう。

 

大きなストールをどのように巻いたらいいの?

ストールといえば幅が70センチ、長さが2メートルもある大きなサイズですよね。

いままでストールをうまく使いこなせていない人はこのサイズに苦戦しているのではないでしょうか?

使い方としては基本的に肩にかけるようにして巻きます。ずっと座っているときにはひざ掛けにするのもいいですよね。

ストールの巻き方もスカーフのようにいろいろあって、その時の気分に合わせて巻き方を変えてみるととてもおしゃれになった気がしますよ。

そこで巻き方の一部をご紹介♪

 

【阪急百貨店】アドバイザーに聞いた ストールのアレンジ法② ポンチョ風

 

【大判ストールの巻き方2016】大判ストールコーデにも注目⭐

 

ストールの巻き方18ダイジェスト

 

マフラーのような使い方が多くて、意外とアレンジが簡単にできるものが多いですよね。

扱いが難しいなって思っていた人もちょっとストールが身近なものになってきたのではないでしょうか?

 

ストールはいろんなものを数枚持っておくとおしゃれに長持ち

同じように巻いて使うマフラーでもそうなのですが、ストールは消耗品です。

一枚だけをずっと使い続けるとこすれるなどして磨耗してしまいます。せっかく気に入った一品を入手してもすぐに使えなくなってしまうのは残念ですよね。

おしゃれに使うためにも、ストールは2、3種類くらいそろえておきたいものですね。

一枚では寒いストールも2枚重ねで使うと暖かさが増しますし、ねじるような巻き方をすると色柄が混ざっておしゃれになりますよ。

また夏は綿素材がおすすめと書きましたが、冷えやすい足元対策にひざ掛けとして使うにはやはり毛素材のものがおすすめです。

使う季節、場所、用途で素材を変えてうまく調節しましょう。

 

Sponsored Link

 

北風が冷たい冬に首筋を温めるだけでなく、室内でもひざ掛けとして使えて大活躍のストール。最近は冷房のきつい場所が多くて、夏でも大活躍します。

巻き方を覚えて服装に合わせた使い方ができればおしゃれアイテムとしても外せなくなってきますよ。

素材にこだわるのであれば百貨店などで購入するのがよいのですが、気軽なアイテムとして入手するのであれば通販でも購入できるのでぜひためしてみてくださいね。

 


 

ストールの巻き方  メンズだっていろいろ知りたい!

だって便利なんですもの。スカーフもストールも親友

Sponsored Link

関連記事

結婚式なに着よう? 服装アレコレ

郵便ポストを開けると上質な素材でできた分厚い封筒が! 「謹啓 ○○の候 皆々様には・・・」

記事を読む

華やかに、フォーマルに、お母さんの入学式スーツ選びのポイント

もうすぐ入学式のシーズンですね。はじめてお子様の入学式に出席するお母さんは入学式の洋服選びに悩んでい

記事を読む

おしゃれに素敵に鮮やかに 照明ひとつで部屋は変わる

あなたは自分の部屋、気に入ってますか? インテリア、壁紙、家具の置き方一つで様々な表情を見せま

記事を読む

もう秋ですわよ。防寒用コートのご準備はよろしくて?

暑かった夏が遠い日の思い出になる日もすぐですわ。 毎日スーツをお召しになっている殿方に

記事を読む

だって便利なんですもの。スカーフもストールも親友

スカーフと聞いたらエルメスしか思い浮かばない頭の固い昭和の方はいらっしゃる? 高級シルクで縁か

記事を読む

この夏は水着をグレードアップしてどこまでもオシャレに決めよう!

2015年もあっという間に真夏突入。 Tシャツや、ショートパンツ、サングラスなど 夏のワ

記事を読む

ニットはアルパカ!で、決めませんこと?

一雨ごとに秋らしくなっていく今日この頃、皆さま方にはいかがお過ごしでしょうか。 そろそろニット

記事を読む

リネン?コットン?ナチュラル天然素材のシャツの魅力

リネンやコットンなどの天然素材のシャツ、ナチュラル系ファッションが好きな人なら必ず1枚は持っています

記事を読む

今年の水着、もう決めた?レディース水着は着やすいものが勢ぞろい

お待ちかねの夏がやってきました! まだ季節は始まったばかりというのに、この暑さは何でしょう?海

記事を読む

今のうちに知っておくべきネクタイのこと

春になると、あちらこちらでまだ着慣れない新しいスーツ そしてどこかぎこちなく結ばれている新しい

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑