あぁ、ポインセチアって!クリスマスとは切っても切れないものですのね

皆さま、いかがお過ごしかしら?

クリスマスがもう目の前ですわ。

子供の頃はプレゼントが届くかどうかドキドキしていた季節ですけれど、

大人になりますとそのプレゼントを見繕うのが大仕事になってしまって悩ましいかぎり。

ブランドショップも人間国宝の工房も飽きてしまって。。。

そのような時、家の温室で育てられているポインセチアを見て、心が和みましたの。

そう、ポインセチアクリスマスの花でしたわ!

SnapCrab_No-0000

Sponsored Link

クリスマスポインセチアってこれ以上ない組み合わせですのね

SnapCrab_No-0001

クリスマスには必ずポインセチアが飾られていて、当たり前のように育ったものですからつい失念してしまいますの。

なぜ、ポインセチアなのか、疑問に思われたことおありかしら?

ばあやはただ、「赤いから」と言うばかりで私も、赤いおがよいのならどのようなおでも

取り寄せればもっとバラエティ豊かになるのにと、子供心に感じていたものですの。
ポインセチアがメキシコあたりの原産で、

「聖夜」という名で親しまれてきた植物ということは、温室をのぞいてきたついでに庭師に聞きましたのよ。

メキシコはカトリックのお国柄。

やはり宗教的意味合いが濃いおだったのですわ。
伝統的に、クリスマスカラーといえば赤、緑、白の3色。

ポインセチアには1本にこの3色が入っていることからお手軽と見られ、アメリカ経由で世界中に広まったのではないかしら?

ドライフラワーはありますの?

SnapCrab_No-0002

クリスマスの時期に合わせて温室であれこれ調整されるポインセチア

憐れに思いますの。それならば、造花を使うという手がありますわ!

精巧にできていて、よ~く見なければ偽物かどうかわかりませんことよ。

生花より優れた点もありますの。それは、お世話しなくてよいこと。

水やりや場所の移動など、何もかもご自分でなさらなければならない方にはたいへんですものねぇ。

水分が多くなると、赤い色の部分が薄くなってしまったり、落葉したりするらしいんですの。
また、美しいポインせチアをプリザーブにとお考えの方、残念でしたわ。

まだそういうものは発売されていないそうですのよ。

本当にクリスマスだけのはかない命ですの?

SnapCrab_No-0003

清楚な感じのするピンク色のポインセチア

SnapCrab_No-0004

色鮮やかなポインセチア

SnapCrab_No-0005

薄いクリームがはにかんだような薄紅色をのせたポインセチア

真っ赤に紅葉して美しいポインセチアの葉を、私たち、つい花びらと思いたくなってしまいますの。

本当のおは中心でひそやかに座っているような蕾状のものなのですわ。

大きく目立つものが衆人環視を浴びるのごとく、ポインセチアを代表している部分は葉っぱですの。
今では、赤だけでなく、ピンク、黄色、グリーン、白などに加え、斑入りの種類も増えてきているそうですのよ。

伝統を大切にしているだけでは飽き足らない人間の性といえばいえるのですわねぇ。
珍しいものはつい贈り物にしたくなるのも人間の性、じゃありませんこと?

贈って贈って贈った後のことなどなぁんにも考えずに贈るだけ。

庭師のいないお宅ではどうなさっているのか気になりますのよ。

「捨てちゃう」というお答は、私、大嫌いですわ!
確かに、植物を寿命までしっかり面倒見るというのは簡単なことではありませんわ。

時にはあきらめも必要なことも分かっていますの。

生ごみにする為に贈るプレゼントだなんて、私、切なくて。。。

せっかくのポインセチア、育ててみませんこと?

SnapCrab_No-0006

皆さま、ポインセチアが自生しているところをご覧になったことありまして?

気候温暖な土地でないと枯れてしまうらしく、そうそう見かけるものではありませんの。

オーストラリアの別荘では家の2階に届く大木になりますのよ。

日本でも、宮崎県の堀切峠で5万本のポインセチアが沿道に並んでいる絶景が観光スポットになっていると聞いていますわ。

あぁ皆さま、お忘れにならないで!私、クリスマスつまり12月のお話をしていますのよ。
日本で、クリスマスにいただいたポインセチアの鉢植えをそのまま年越しさせられないのでしたら、こんな方法はいかがかしら?

小枝を何本か切り取って、挿し木にしますの。

土でも水でもお試しになって。

ただ、厳寒期に事を起こすのはいけませんわ。

なんとか暖かくなるまで株をもたせておいて、実行なさってみて下さいな。

ポインセチアで世界中クリスマス気分ですわ

SnapCrab_No-0007

日本ですとクリスマスは冬、ポインセチアの鉢植えが一般的ですわ。

暑いところで生まれた植物ですのに北半球はどこの国でも日本と同じようにポインセチアだらけですのよ。

ところが、南半球の夏のクリスマスにもポインセチアクリスマスフラワーとして出回っておりますの。

暖かいので不自然な調整も要らず、キリスト教国のこじつけもうまくいくからでしょうか。

私この頃何だか考え方がひねくれていると言われますの。

でも、次にお会いする時は治っていると思いますわ。

ごきげんよう!

Sponsored Link

関連記事

古き良き伝統行事【針供養】

■針供養とは? 供養の方法は?■ 針供養とは、お裁縫の上達を祈り、折れたり錆びたりして使え

記事を読む

どうすればいい?最近のお盆とお供え事情

毎年夏になると必ずやってくるのがお盆。 日本古来の信仰と仏教行事が合体して行われる祖先供養の儀

記事を読む

師走の意味とは…

師走の語源・歴史 まず、師の語源は何か? いくつか考えてみます。 師とは学校の先生

記事を読む

今から準備!上司への寒中見舞いの書き方、文例。喪中の時は?

上司には年賀状しか書いたことがないモカcaféです。 寒い冬。乾燥した空気と冷たい空気で体調を

記事を読む

「お歳暮人気ランキング」みんなは何を贈っているの?

 お歳暮は、「♪暮れ~の元気なごあいさつ・・・」と言うように、お世話になった方に、 感

記事を読む

どんど焼きin東京2015

今年も残り少なくなってきたということで、前に書き初めについて書きましたが、今回はまたそれに関連して正

記事を読む

お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。 11月にもなるとCMをにぎわ

記事を読む

「お正月飾り」の本当の意味を知って、年神様をお迎えしましょう!

 お正月飾りは、新年を迎えた家に一年の幸福を届けてくれる年神様の目印として、玄関に飾ることです。

記事を読む

湯河原やっさまつり(2015年)祭りと花火と温泉♪

湯河原町は相模湾に面し、一年を通して温暖な気候です。 特に温泉が有名で、古くは万葉集に

記事を読む

10月のお月見「十三夜」知っていましたか?

 「お月見って、9月じゃないの??」って思った人も多いと思います。 お月見は、十五夜、十三夜、

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC


Sponsored Link(楽天)

お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。

成人式と同窓会が一緒の日!服装どうする?

もはや成人式のワードがなつかしいレベルのモカcaféがお送りします。

「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシ

普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。 毎年のよ

初詣・海外旅行に行かなくてもそれぞれの正月休みを!

みなさん!11月に入りましたねー。 毎年言っていますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑