2大根を上手に保存して、おいしく食べましょう!

Sponsored Link

 煮ものにサラダ、漬け物…何でも変身してしまう大根は、晩秋から冬が旬です。

旬の大根は、水分たっぷり、甘味があり、栄養も豊富です。

1 2

そんな大根を、余すことなく使いたいですが、「1本を使うには大変!」という人も多いですよね。

そこで、大根の保存方法を教えましょう。

1 冷蔵庫でどうやって保存したら長持ちするかしら?

 

葉がついている場合は、葉が根の養分を吸い上げてしまいますので、

葉の部分を切り落として、別々に保存をしましょう!

その時に、大根本体ギリギリに切り落とさず、2cm位残して切ると保存しやすいです。

大根本体を、新聞紙に包んで、風通しの良い冷暗所に立てて保存します。

スーパーで買う大根は、きれいに洗ってありますが、もし、泥のついたままの大根をいただくことがあったら、

泥は洗い落とさずそのまま新聞紙に包んで立てて、常温保存する方が長持ちします。

 

2 冷蔵庫に入らないけどどうやって保存したらいい?

 

夏場でなければ、冷蔵庫にいれなくても、新聞紙に包んで冷暗所に立てて保存すれば大丈夫です。

1本丸ごとだと冷蔵庫に入らないようなら、煮ものやお味噌汁に使えるように切って、

下茹でをして、タッパーに入れて保存すると1週間くらいは大丈夫です。

 

3 大根おろしが大量に余っちゃったけど保存しておける?

 

大根おろしは、冷凍保存できます。

大根おろしを、しぼらずに汁ごと、袋に入れて、空気を抜いて保存します。

冷凍するときは、使いやすい量で小分けにして保存すると便利です。

大根おろしは、おろすのが面倒だったりするので、我が家では、

大根おろしをするときは、多めにおろして冷凍をしてしまいます。

使うときは、自然解凍で大丈夫です。

3

レンジで少し加熱すると辛みが抜けるので、

「辛くて食べれない!」っていう人はお試しください。

 

4 大根って冷凍できるの?

 

大根は冷凍保存できます!

ただ、生のままがいいのか、下茹でをしてからがいいのか悩むところですよね。

大丈夫!どちらもできます

4

冷凍大根は、火が通りやすく、味も染み込みやすいです。

皮を厚めにむいて、3~4cm位の厚さなど、

使用する時の大きさに合わせて切り、ジップ付きの袋に入れて、空気を抜いて冷凍保存します。

使用するときは、半解凍の状態で、そのまま煮ものなどに使用しましょう。

5

完全に解凍をしてしまうと、ぐしゃぐしゃになってしまうので、注意してください。

生のままでも、下茹でをしてから冷凍しても、解凍をすると中身がスカスカになってしまいますが、

下茹でをしてから冷凍した方が、私は、味が良いと思います。

保存期間は、およそ1ヶ月位です。

もちろん、葉っぱの部分も少し茹でて、冷凍保存できます。

お味噌汁などで、青みが欲しい時に便利です。

 

本当は、旬の野菜は、新鮮なうちに食べたほうが、おいしいのはもちろんですが、

上手に保存して、少しでも、長く、美味しく食べたいですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

くわいを食べよう!おせち料理の常連をさらに美味しく

新年恒例のご馳走、おせち料理。様々な食材が彩りよく詰められた重箱の美しさは、日本人に生まれた幸せを再

記事を読む

ゆずの香りと健康な美しさが悩ましくありませんこと?

日本ではそれこそ1年を通して、ゆず入りの食品やら化粧品やらありとあらゆるところで目にいたします。

記事を読む

「おせち料理」の意味を知って、手作りしてみませんか!

おせち料理とは、お正月に食べるお祝いのお料理です。 最近は、有名料亭の数万円するものもあり、

記事を読む

東京でおすすめのスイーツビュッフェ

皆さんこんにちは。 今年の夏は涼しい日が続いたので夏バテせずに乗り切ることができそうで

記事を読む

いつものお弁当おかずをお花見らしく大変身

もうすぐ桜の季節です。お花見でお弁当を持っていくときに、なんだかいつものお弁当ではなんとなくつまらな

記事を読む

旬のきのこを おいしく食べよう!

 「食欲の秋」というくらいなので、秋が旬の食べ物はたくさんありますが、 その中でもおすすめした

記事を読む

流行っているからいただくんですのね、シュトレン

皆さま、もうクリスマスまであっという間ですのよ。 いろいろなご準備は整いつつあるといった頃でし

記事を読む

おもちを使った美味しいレシピ

お正月料理で定番として出てくるおもち料理。お雑煮のために準備したけど、余っちゃったらどうやって食べよ

記事を読む

皆さま、寒い時には温かい煮物!身も心もホットにお過ごしになって

いよいよ本格的な冬の到来ですわね。 皆さま体調管理は万全でいらっしゃいますの? 寒い時期

記事を読む

夏だ!カレーだ!みんな大好きカレーライス

ご存じインド発祥のスパイシー料理。 日本には明治の頃イギリス経由で伝わったハイカラキュイジーヌ

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑