だって便利なんですもの。スカーフもストールも親友

スカーフと聞いたらエルメスしか思い浮かばない頭の固い昭和の方はいらっしゃる?

高級シルクで縁かがりはすべて手作業のエルメススカーフ、素敵ですわよね。

バブルの時に買い集めたりお土産にいただいたりしたもの、使っていらっしゃいますか?

下手にしまい込んでいたら我の餌食になるだけですのよ。

どんどんお使いになって夢よもう一度。

お洒落マダムを目指しましょ。

Sponsored Link

スカーフストール、どう違うの?ご存じよね?

1

一言でいえばサイズですわ。

スカーフは大きなハンカチ(120センチ四方程度)で、素材は軽いものが使われ、プリントされていますの。

「エルメスのスカーフ」と言われて思い浮かべるタイプですわね。

カジュアルに、首に巻いたり頭からかぶったりいたしますでしょ。

エリザベス女王をはじめ、ヘップバーンやマドンナみたいにですの。

他にも長方形で防寒用の、いわゆるマフラーのこともスカーフと呼ぶのですけれど、ここでは省くことに致しますわ。

エルメス・スカーフ

http://japan.hermes.com/la-maison-des-carres.html

ストールはもっとフォーマルなものですわね。

素材からしてシルク、カシミヤ、ファーなどが使われますし、もともとは古代ローマの女性が着ていた服(ストーラ)のことですのよ。

ですから現代のストールは、長さが2メートル弱もあって、肩や腕をゆったりと包めるファッションアイテムになっていますの。

ラップなんていう呼び方もございますね。

どちらにしましても、現代の自由な発想ではコットン製のスカーフストールもたくさん出回っておりますから、

どなたもお楽しみになれるということですわ。

この秋のトレンド、お話ししますわね

2

2015年の流行柄のひとつはチェック柄、それも大柄が決め手になりますのよ。

これは若い方も同じですの。

ストールの場合、首にかけて左右に垂らせばたての栓が強調されますでしょ?足が長く見えるんですの。

首周りにボリュームを持たせるように巻けば、まさかの小顔効果が望めますのよ。

それに重心を上に持ってくることでお背も高く見えて一石二鳥ですわね。

素敵な50代マダムならこういうストール

3

もうひとつエスニック柄も流行中ですわ。

パターンそのものだけでなく、フリンジやビーズ使いなどで、しっかりトライバル感の出たものですのよ。

不思議なことに若さみなぎる年頃よりも落ち着いた年代にこそよく映えてしっくり来る、お試し価値の十分ある柄スカーフと言えますわね。

気になるお値段のお話。裕福な方はエルメスでもグッチでもヴィトンでもお好きなだけお買いになって。

他のことにもお金を使いたいという方は年に1度2万円の贅沢で十分じゃありませんの?

5千円のスカーフを4枚買っても楽しゅうございますわ。

こんな風にも使えますのよ

4

私達世代でも、ビーチリゾートなどでスカーフをカバーアップに使うこともありますわ。

でも、スカーフをたたんでホルターネックにしたり、腰に巻いてスカートにしたりして街に繰り出したり致しませんの。

あくまでも風よけ、防寒、日よけ、アクセントに使うのが大人の女。よろしくて?

この動画、トーク無しでマナーモードでも見られますの。
ちょっと長めですけれど、紳士ものもございますわ。

ストールの巻き方18ダイジェスト」

こちらも、便利ですわよ。ご参考になさって。

ストール巻き方・マフラーの結び方60種」

http://cep-shop.jp/hpgen/HPB/entries/32.html

最後はストールを巻いてアデュー

5

バブルを経験なさった40代~50代の皆様方、エルメスにこだわり続けるのは恥ずかしいことでも何でもありませんのよ。

注目すべきはお値段よりも素材の質とデザイン、そして職人技ですわ。

私たちの持っているシリーズではまだ新しすぎて、投資目的のコレクションにはなりませんけれど、

その分日常使いができるわけですからお得感満載ですわね。

真夏のスカーフはバッグに結び付けてお使いになってみて。

冬の間はもちろん防寒用に。コットン、リネン、ウール、カシミヤと素材はいろいろありますわ。

流行に流されず、着けて心地よく、顔色をくすませないスカーフストールをお選びになるのが

私達世代の課題でもあり腕の見せ所でもありますのよ。

これをお読みになっている息子さん・甥御さん世代の方にも少しは参考になりましたかしら?

次のプレゼントはスカーフストールですわよ。

お高くなくてもいいの。

私達世代は無駄にお洒落に時間を費やしてきたわけではありませんから、何でも着こなせますの。

それでは、ご機嫌よう!

Sponsored Link

関連記事

ブライダルシーズン真っ只中!スーツのさり気ないおしゃれとは?

新緑の5月とジューンブライドの6月は結婚式を挙げるベストシーズンと呼ばれています。 これか

記事を読む

華やかに、フォーマルに、お母さんの入学式スーツ選びのポイント

もうすぐ入学式のシーズンですね。はじめてお子様の入学式に出席するお母さんは入学式の洋服選びに悩んでい

記事を読む

ストールの巻き方  メンズだっていろいろ知りたい!

1枚あればいろんなおしゃれができる「ストール」 最近は女性だけではなく、おしゃれを楽しむ男性の

記事を読む

今のうちに知っておくべきネクタイのこと

春になると、あちらこちらでまだ着慣れない新しいスーツ そしてどこかぎこちなく結ばれている新しい

記事を読む

ニットはアルパカ!で、決めませんこと?

一雨ごとに秋らしくなっていく今日この頃、皆さま方にはいかがお過ごしでしょうか。 そろそろニット

記事を読む

レディーススニーカー履いてる?難しすぎるコーディネートに朗報

カジュアルシューズの代表格スニーカー。 クッションが利いていて歩きやすく疲れにくい為、つい常用

記事を読む

スニーカー、紐の結び方を変えて個性を出そう!

スニーカーコーディネートってついついワンパターンになりがちですよね。流行のスニーカーだと、街で同じス

記事を読む

レザージャケット

今年こそ手に入れよう!間違わないメンズレザージャケット

秋の風が吹き始めると、恋しくなるのが温かい上着。ウール織物のツイード派でないのならレザージャケットで

記事を読む

リネン?コットン?ナチュラル天然素材のシャツの魅力

リネンやコットンなどの天然素材のシャツ、ナチュラル系ファッションが好きな人なら必ず1枚は持っています

記事を読む

レンタルで着物を着るなら京都がお勧め!

レンタルで着物を着るなら、やはり京都に来た時ですよね。 京都という町並みは、着物を着て歩くのに

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC


Sponsored Link(楽天)

大人のデートには水族館!関東編

お魚がスイスイと泳いでいる姿やお昼寝しているアザラシを見ていると癒

移動は節約したい!東京発の高速バス!

「新幹線ってなんでこんなに高いんだ!」と思ったことのある人~?

夏が来る!浴衣一式揃える前に

浴衣って着る機会が少ないからなかなか買いませんよね? だけど毎年思い

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士

人気急上昇の相撲界!弟子から横綱までの道

おめでたいニュースがありますね~。 高安関!大関昇進おめでとうござい

→もっと見る

PAGE TOP ↑