どうすればいい?最近のお盆とお供え事情

毎年夏になると必ずやってくるのがお盆

日本古来の信仰と仏教行事が合体して行われる祖先供養の儀式ですね。

しかし、いざ積極的に参列しようと思った時、唯一絶対といった決まりもなく戸惑うことが多いです。

全国各地に異なった習慣があり、それぞれの家や宗派や地域ごとに継承されているため、

現在それを守っている年長者や菩提寺に聞いたことを次の世代に守り伝えていく他ありません。

ここでは自分たちの世代が継承者となるべく、お供えを中心に基本を簡単にさらっていきたいと思います。

Sponsored Link

まず、お盆とは

1

一言でいえば、先祖の霊があちらの世界から戻ってきて、数日すごした後にまた帰っていくというのがお盆

期日は、東京や一部地域では新暦で、7月13~16日に、

西日本や、農作業の都合もある農村地方では旧暦7月、つまり現在の8月13~16日

初日13日迎え盆と呼んで、夕方に火(迎え火)を焚き、先祖の霊を迎えます。

また、16日火(送り火)を焚き、盆明けとします。
長崎の精霊流しや京都の五山の送り火も、この「火を焚く」儀式の形です。

お盆のお供えは、普段の仏壇とは別に「盆棚」を用意して飾ります。
仏教では五供といって、香(線香)灯燭(ろうそく)

浄水(水道水でよい)御食(食べ物)の五種類の供え物を飾ります。

とてもシンプルな形式なので、ワンルームマンションに住んでいる人でも十分実行できると思いませんか?

特殊なのは精霊馬と呼ばれる、キュウリとナスに割り箸を挿して作る、

馬と牛に見立てた供え物をするということです。

それには、祖先の霊が馬に乗って早く家に戻り、牛に乗ってゆっくりあの世に戻るようにという説と、

戻る時馬に乗り、牛に荷物を引かせるという説があるようです。

初盆

2

49日を過ぎて、忌み明け後に初めて迎えるお盆を新盆と呼び、

過去1年以内に亡くなった人の霊が初めて帰ってくるということで、盛大に供養します。

この時は、まず日程を決め、参列者に通知し、当日の料理(精進料理)の手配、

坊さんの手配とお布施の用意、盆棚とお供えの用意、そして返礼品の準備など、迎える側の支度はたいへんです。

参列する側は、なるべく都合を合わせて参列しましょう。

皆で故人を思い起こし、先祖があってこそ今の自分たちの存在があるということを改めて認識し、感謝の気持ちが表わせます。

こんな風に、故人によって親類縁者、知人友人のがつながれていくのですね。

気になるお供え

3

持って行く側からのお供えで一般的なのはお菓子(羊羹、缶ジュース、お煎餅、クッキーなど日持ちするもの)

果物(旬のもの)花(何でもいいですが故人の好きだったものが特によい)贈答用線香などです。

すべて消耗品ですからいくら重なっても問題ありません。
お盆が終わったら、お下がりとして皆で分けてそれぞれの家に持って帰ればいいのです。

お供えする時は、すぐ食べられる状態であげて、悪くならないうちにさげること。

くれぐれも箱を積み上げたり、そうめんなどゆでて汁もつけてあげているのに

放りっぱなしにならないよう気をつけてください。

品物ではなく現金でお供えする場合、新盆なら1万円普段なら3000円ぐらいが相場だそうです。

お金を入れる袋の表書きは「御仏前」「御供物料」としてください。

返礼品としては、ミニタオル、お茶、お菓子(落雁など)「粗供養」「志」などと書いて渡してください。

盆棚、精霊棚の飾り方とお盆飾りのご紹介

最後に

4

せっかくのご先祖様の供養の機会に、よくわからないから、面倒くさいからと、

何か理由をつけて避けているのは非常に格好悪いことだと思いませんか?
どうしてもわからないことがあるのなら両親や祖父祖母、

伯父伯母/叔父叔母など親戚の年長者や菩提寺にたずねればすぐわかりますね。
実際、「これだけ!」と一口で言いきれるしきたりではなく、ありとあらゆる習慣が存在しているわけです。

キュウリの馬ひとつとってみても、キュウリそのままのものもあれば、

目や耳をつけるものもあったり、ゆでた素麺で鞍をかけたり、餌と見立てて小皿に入れるというのもあります。

あなたの家のやり方は、あなたが継いでいかなければそれっきり歴史上から消えてしまうものかもしれないんです。

もったいないじゃありませんか。
ここでご紹介したのは、まあこれぐらい知っていれば恥をかかずに済む、

困っている友達にちょっとアドバイスできる程度のことです。

先祖供養をきっかけに親族一同がさらに絆を深められるようになるといいですね。

Sponsored Link

関連記事

関西の日光と呼ばれる【多武峰・談山神社】の美しすぎる紅葉

【談山神社とは…?】 奈良県桜井市、多武峰の山中に位置し、藤原鎌足を祭る談山神社。 鎌足が中

記事を読む

茨城のお祭り「ひたちなか祭り2015」を楽しむ

◆ひたちなか祭りとは? 茨城県ひたちなか市で開催されるおまつりで、今年で21回目。 今年

記事を読む

「お歳暮人気ランキング」みんなは何を贈っているの?

 お歳暮は、「♪暮れ~の元気なごあいさつ・・・」と言うように、お世話になった方に、 感

記事を読む

父の日にあげたいプレゼント定番ランキング 60代編

もうすぐ父の日です。 毎年、この時期になると、何をあげていいのか悩んでしまうものです。

記事を読む

もういくつ寝ると?その前に年賀状整理をマスター!

■なぜ年賀状を整理する必要があるの? ① 年賀状の出し忘れをしていないかの確認! 送って

記事を読む

「2015夏お中元イマドキの知識&常識:東北編」

記事を読む

女性への送別会のプレゼント

女性の場合は転職だけでなく、出産や結婚などさまざまな理由での退職が考えられますよね。 今回は女

記事を読む

鹿児島知覧ねぷた祭りに行こう!2015年情報

青森だけじゃなくて、鹿児島でも熱いお祭りが開催! 知覧ねぷた祭りで盛り上がろう! ■ねぷ

記事を読む

春になったよ!つくしを知ろう 使える料理レシピ

まだまだ寒さは続いていますが、日ごとに春を感じる日も増えてきました。 先日子どもと散歩

記事を読む

出産の内祝いのお返しは何が最適?内祝いの意味とは?

出産してから、少し出産のお祝い毎に詳しくなった「ちびまま」がお伝えします。 出産してからは、休

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

大人のデートには水族館!関東編

お魚がスイスイと泳いでいる姿やお昼寝しているアザラシを見ていると癒

移動は節約したい!東京発の高速バス!

「新幹線ってなんでこんなに高いんだ!」と思ったことのある人~?

夏が来る!浴衣一式揃える前に

浴衣って着る機会が少ないからなかなか買いませんよね? だけど毎年思い

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士

人気急上昇の相撲界!弟子から横綱までの道

おめでたいニュースがありますね~。 高安関!大関昇進おめでとうござい

→もっと見る

PAGE TOP ↑