どうすればいい?最近のお盆とお供え事情

Sponsored Link

毎年夏になると必ずやってくるのがお盆

日本古来の信仰と仏教行事が合体して行われる祖先供養の儀式ですね。

しかし、いざ積極的に参列しようと思った時、唯一絶対といった決まりもなく戸惑うことが多いです。

全国各地に異なった習慣があり、それぞれの家や宗派や地域ごとに継承されているため、

現在それを守っている年長者や菩提寺に聞いたことを次の世代に守り伝えていく他ありません。

ここでは自分たちの世代が継承者となるべく、お供えを中心に基本を簡単にさらっていきたいと思います。

Sponsored Link

まず、お盆とは

1

一言でいえば、先祖の霊があちらの世界から戻ってきて、数日すごした後にまた帰っていくというのがお盆

期日は、東京や一部地域では新暦で、7月13~16日に、

西日本や、農作業の都合もある農村地方では旧暦7月、つまり現在の8月13~16日

初日13日迎え盆と呼んで、夕方に火(迎え火)を焚き、先祖の霊を迎えます。

また、16日火(送り火)を焚き、盆明けとします。
長崎の精霊流しや京都の五山の送り火も、この「火を焚く」儀式の形です。

お盆のお供えは、普段の仏壇とは別に「盆棚」を用意して飾ります。
仏教では五供といって、香(線香)灯燭(ろうそく)

浄水(水道水でよい)御食(食べ物)の五種類の供え物を飾ります。

とてもシンプルな形式なので、ワンルームマンションに住んでいる人でも十分実行できると思いませんか?

特殊なのは精霊馬と呼ばれる、キュウリとナスに割り箸を挿して作る、

馬と牛に見立てた供え物をするということです。

それには、祖先の霊が馬に乗って早く家に戻り、牛に乗ってゆっくりあの世に戻るようにという説と、

戻る時馬に乗り、牛に荷物を引かせるという説があるようです。

初盆

2

49日を過ぎて、忌み明け後に初めて迎えるお盆を新盆と呼び、

過去1年以内に亡くなった人の霊が初めて帰ってくるということで、盛大に供養します。

この時は、まず日程を決め、参列者に通知し、当日の料理(精進料理)の手配、

坊さんの手配とお布施の用意、盆棚とお供えの用意、そして返礼品の準備など、迎える側の支度はたいへんです。

参列する側は、なるべく都合を合わせて参列しましょう。

皆で故人を思い起こし、先祖があってこそ今の自分たちの存在があるということを改めて認識し、感謝の気持ちが表わせます。

こんな風に、故人によって親類縁者、知人友人のがつながれていくのですね。

気になるお供え

3

持って行く側からのお供えで一般的なのはお菓子(羊羹、缶ジュース、お煎餅、クッキーなど日持ちするもの)

果物(旬のもの)花(何でもいいですが故人の好きだったものが特によい)贈答用線香などです。

すべて消耗品ですからいくら重なっても問題ありません。
お盆が終わったら、お下がりとして皆で分けてそれぞれの家に持って帰ればいいのです。

お供えする時は、すぐ食べられる状態であげて、悪くならないうちにさげること。

くれぐれも箱を積み上げたり、そうめんなどゆでて汁もつけてあげているのに

放りっぱなしにならないよう気をつけてください。

品物ではなく現金でお供えする場合、新盆なら1万円普段なら3000円ぐらいが相場だそうです。

お金を入れる袋の表書きは「御仏前」「御供物料」としてください。

返礼品としては、ミニタオル、お茶、お菓子(落雁など)「粗供養」「志」などと書いて渡してください。

盆棚、精霊棚の飾り方とお盆飾りのご紹介

最後に

4

せっかくのご先祖様の供養の機会に、よくわからないから、面倒くさいからと、

何か理由をつけて避けているのは非常に格好悪いことだと思いませんか?
どうしてもわからないことがあるのなら両親や祖父祖母、

伯父伯母/叔父叔母など親戚の年長者や菩提寺にたずねればすぐわかりますね。
実際、「これだけ!」と一口で言いきれるしきたりではなく、ありとあらゆる習慣が存在しているわけです。

キュウリの馬ひとつとってみても、キュウリそのままのものもあれば、

目や耳をつけるものもあったり、ゆでた素麺で鞍をかけたり、餌と見立てて小皿に入れるというのもあります。

あなたの家のやり方は、あなたが継いでいかなければそれっきり歴史上から消えてしまうものかもしれないんです。

もったいないじゃありませんか。
ここでご紹介したのは、まあこれぐらい知っていれば恥をかかずに済む、

困っている友達にちょっとアドバイスできる程度のことです。

先祖供養をきっかけに親族一同がさらに絆を深められるようになるといいですね。

Sponsored Link

関連記事

忙しくなる前にマスター!お正月の片付け方法

今年も残りわずか。 11月ももうすぐ半ばとなり、12月に入るとクリスマス、年賀状の準備に、大掃

記事を読む

成人式と同窓会が一緒の日!服装どうする?

もはや成人式のワードがなつかしいレベルのモカcaféがお送りします。 お正月のCMが始まると成

記事を読む

お彼岸におはぎ・・・どうして?由来を知って、今年は手作りしませんか!

お彼岸といえば、お墓参りです。 お墓参りといえば、お供え物の定番、“おはぎ” “ぼたも

記事を読む

出来ちゃった婚の妊娠・出産・結婚事情

最近ではめずらしくない出来ちゃった婚ですが、やっぱり世間の目は未だに厳しいところもあります。でも実際

記事を読む

流山花火大会(2015年)で2つの花火大会を楽しもう!

流山花火大会とは 千葉県流山市の「流山花火大会」は、千葉県と埼玉県の県境で行われる花火大会です

記事を読む

北九州の成人式が凄いと話題!!

○年前の成人式は特に変わったこともなく終わったモカcaféです。 毎年、各地の荒れた成人式の風

記事を読む

新入社員歓迎会の挨拶についてどうしたらベストなのだろうか?

新入社員が歓迎会にするあいさつには何を盛り込めばいいの? 歓迎会のあいさつは自己紹介と自己アピール

記事を読む

あぁ、ポインセチアって!クリスマスとは切っても切れないものですのね

皆さま、いかがお過ごしかしら? クリスマスがもう目の前ですわ。 子供の頃はプレゼントが届

記事を読む

美しい火 奈良の燈花会2015

奈良の8月の一大イベントといえば、燈火会です。 燈火会は、奈良の町が一致団結して、執り行うとて

記事を読む

女の子の初節句をスマートにお祝い準備しよう

初節句とは子どもがうまれて初めて迎える節句のことで、女の子は3月3日、男の子は5月5日が初節句となり

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑