ガイドヘルパーに必要な資格とは

ガイドヘルパーというものがあります。聞いたことがないと思われる方も多いと思いますが、目にしていることはあるはずです。一体どういう職業なのか、どんな資格が必要なのかをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

■ガイドヘルパーとは

正式名称は、障がい者移送介護従事者といい、視覚障害がいや、前身障がいに苦しんでいる方の外出をお手伝いするお仕事です。よく街中や駅で腕を貸しながら歩いている人がそうです。

プリント

散歩や買物といった日常生活のことから、旅行などの時にも付き添い外出をサポートすることで、障がい者の自立を目指します。

■ ホームヘルパーとの違い

ホームヘルパーは、主にお家の中での家事や食事、排泄などのサポートをする仕事です。逆に、ガイドヘルパーは外でのサポートをする仕事ということで、内側と外側での違いがあります。

image002

ホームヘルパーの方も、知的障がいを持っている方の外出時に付き合うことは出来ますが、視覚障がいや全身性障がいを持っている方は、ガイドヘルパーの資格が無いと外出に付き合うことが出来ません

■ ガイドヘルパーに必要な資格

ガイドヘルパーに必要な資格は、一般過程のものは2〜5日間程度の研修を受けて、履修することで獲得できます。

ガイドヘルパー講座

しかし、応用課程では、居宅介護の従業者資格を持った上で、視覚障がいの福祉に関わった実務経験が1年以上必要です。さらに、全身性の障がいを持っている方を対象とした時は、訪問介護員2級以上か、介護職員もしくは准看護師以上のいずれかの資格を持っていることが受講条件になります。

image004

ホームヘルパーのスキルアップを目的とした資格ですので、訪問介護員2級を取得することが一番の近道でしょう。訪問介護員の資格は、2級であればユーキャンなどの通信講座もあるので、取るのに苦労することは少ないでしょう。

■ ガイドヘルパーの仕事で重要なこと

ガイドヘルパーや訪問介護、看護師すべてに言えることですが、それは人を思いやる気持ちです。看護師と違うところと言えば、個人のお宅にお伺いしての仕事ですので、人間関係は勿論のこと、その人の性格などを把握し、適切な対応を取ることが必要とされます。

まだまだ、知的障がいを持った方への偏見の目や、気苦労をきちんと理解し共有していくことで、その人にとっての最善の介護をすることが重要なことなのです。

image006

介護の仕事は、家族や世間からの圧力もあったり、精神的に辛いこともあるかと思います。でも、とてもやりがいのある仕事ですし、介護の職業はこれから先もっと必要になっていく仕事です。

辛い仕事の分、見返りもおおきなものとなります。介護者の方からありがとうと言われるのが一番嬉しいことです。

Sponsored Link

関連記事

子どもが習い事で悩んでいる時はどうするの?

今や子どもが習い事をするのは当たり前の様な時代でもあります。 たくさん習い事をしている子供の中

記事を読む

子供におすすめの習い事は?

今は、たくさんの習い事教室が目白押しにありますよね。 しかも、早期教育と言ってかなり早くから始

記事を読む

上司に言われて困った。。。簡単に取れて役に立つ資格取得とは!?

世の中には数多くの資格が存在します。 TOEICや司法試験等のメジャーなものから定年力検定やア

記事を読む

三原やっさ祭り(2015年)いっしょに踊って花火見て!

やっさ祭り(やっさ踊り)とは 「やっさ踊り」の由来は今から約400年前の戦国時代に、毛利元

記事を読む

カメラ好きなら挑戦してみる価値アリ!フォトマスター検定!

■フォトマスター検定って何?持ってたらどんなメリットがあるの? フォトマスター検定とは写真

記事を読む

野菜ソムリエってどんな資格??

最近、モデルやタレントでも取得している人を多くみかける「野菜ソムリエ」の資格。いったいどんな資格なの

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

大人のデートには水族館!関東編

お魚がスイスイと泳いでいる姿やお昼寝しているアザラシを見ていると癒

移動は節約したい!東京発の高速バス!

「新幹線ってなんでこんなに高いんだ!」と思ったことのある人~?

夏が来る!浴衣一式揃える前に

浴衣って着る機会が少ないからなかなか買いませんよね? だけど毎年思い

さあ行くぞ相撲観戦!席やチケットは?

イケメンで強い!ウルフの別名で当時女性をメロメロにさせていた千代の富士

人気急上昇の相撲界!弟子から横綱までの道

おめでたいニュースがありますね~。 高安関!大関昇進おめでとうござい

→もっと見る

PAGE TOP ↑