紫外線なんて怖くない!日焼け対策は万全ですか?

Sponsored Link

image001

太陽の光も一段と強く感じる季節になり、心配なのが「日焼け」ここ近年、日焼けは良くないと言われ、お店には様々な商品が出回り、正直どれを選んでいいのか迷っていませんか?そんなお悩みを解決して美白を維持しましょう。

Sponsored Link

【今年の日焼け止めの傾向は?】

image003

クリームタイプ、乳液タイプ、ジェルタイプ、スプレータイプなどなど数え切れないくらいの日焼け止めが発売されていますが、やはりここ近年の化粧下地効果のある日焼け止めに人気があるようです。人気のある下地効果のある日焼け止めをご紹介します。

日焼け止め(顔用)ランキング
http://www.cosme.net/item/item_id/1037/ranking

【なぜ日焼けはよくないの?】

image005

子どもの頃は太陽の光をたくさん浴び、日焼けも大いにしてきた人も少なくないですが、近年オゾン層の破壊によって太陽から私たちの住む地球まで届く紫外線の量が増加してしまったために日焼けの危険性が増してきました。

この太陽から届く紫外線。人体にとても悪影響を及ぼすことが多く、皮膚の老化が早くなってしまします。つまりシミシワ、さらには皮膚がんを誘発する原因になることがあるのです。

【紫外線ってなに?】

image007

「紫外線(UV)」という名前は知っていても、ではそれが一体どんなものかハッキリと理解している人は少ないのではないでしょうか。

紫外線は太陽から届く光の一種で、普段私たちが目にすることはないのですが波のような曲線を描いています。

紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。そのうちA、B波が地球に届いて体への影響力が強くなります。

UVBは皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害で日焼けになってしまったり皮膚がんの原因になると言われています。

そしてUVAは、B波ほど有害ではないといわれていますが、長時間浴びた場合は同じように、じわじわと気づかないうちに健康被害の原因となっているのです。

また、家の中にいるからといって油断していても、窓ガラスを通過して皮膚の奥深くまで届いてしまうので、肌の老化を引き起こす原因になります。

【紫外線対策を教えて】

image009

紫外線は5月~9月にかけて多く、なんとピークは5月なのです。そして、紫外線量は10:00~14:00が1日の約60%を占めていると言われています。

できるだけこの時間の外出は避けたいところですが、ウィークデーは仕事。お休みとなればショッピングにデート。日焼け止めをベタベタ塗り、日焼けをしないためのフル装備で外出するのはもったいないですね。

そこで、まず大切なのが「日焼け止め」になります。長時間のお出かけであれば、2,3時間に一度は塗り直すのがいいでしょう。この手間が後々の効果となって現れます。

【美肌仕上げの日焼け止めの塗り方】

紫外線対策でもう一つ気をつけたいのは「洋服の色」です。夏=白のイメージがありますが、白自体が紫外線を通しやすくしますので紫外線対策としては黒や紺系統の暗めの色がベストです。

白を着たいという方は、薄手で便利なUVカットウエアなどもありますので白シャツの上から羽織るなどしておしゃれを楽しむのもいいですね。その他、薄手のストールを使ったり、UV効果のある帽子を被ったりおしゃれをしながら日焼け対策をしっかりしましょう。

Sponsored Link

関連記事

あせもの対策や治し方は?

夏になると勝手に出来ている赤いブツブツありませんか? 自分で気づいた時には、既に痒みが

記事を読む

感染性胃腸炎の症状とは?

皆さんは、急にお腹が痛くなったりして我慢出来ない事はありませんか? 毎日、便通がある人でもこの感染

記事を読む

冷え性で悩む女性必見!漢方薬も視野に入れた体質改善を

医学的には「冷え性」という病名はないものの 冷え性で悩んでいる女性は大勢います。

記事を読む

目を洗いたいときの救世主【洗浄液】正しく使えてますか?

春に目がかゆくなっても絶対に花粉症だなんて認めたくないモカcaféがお送りします。 今の世の中

記事を読む

こんなに簡単でいいの?グリーンスムージーのすすめ

なんだかこの頃あっちでもこっちでも緑色のとろっとしたもの飲んでる人、見かけませんか? それがグ

記事を読む

熱い夏!熱中症のこわさをちゃんと知っていますか!

これから、夏になると気をつけないといけないのが熱中症です。 正しい知識を持って、しっか

記事を読む

すぐそばに潜むアナフィラキシーショックの危険症状と対処法

子供の頃は野生児で痛いお返しもよくもらったモカcaféが編集しています。 あたたかくなって蜂が

記事を読む

暑い夏。汗をかかない方法をお知らせいたします!

今年も暑い夏がやってまいりますね。 汗が出てお化粧が崩れたり、外出先などで顔から汗が流れ出たり

記事を読む

これだけは食べよう!旬の食材で夏バテ予防

いったい夏はいつから始まるのか? 毎年毎年季節が前倒しになっている感のあるここ数年ですが、朝起

記事を読む

花粉症にはヨーグルトが効く?

春、あたたかくなってきたと感じる前に目や鼻がかゆくなって「花粉症」の季節到来。なんとか症状を軽くした

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑