紫外線なんて怖くない!日焼け対策は万全ですか?

image001

太陽の光も一段と強く感じる季節になり、心配なのが「日焼け」ここ近年、日焼けは良くないと言われ、お店には様々な商品が出回り、正直どれを選んでいいのか迷っていませんか?そんなお悩みを解決して美白を維持しましょう。

Sponsored Link

【今年の日焼け止めの傾向は?】

image003

クリームタイプ、乳液タイプ、ジェルタイプ、スプレータイプなどなど数え切れないくらいの日焼け止めが発売されていますが、やはりここ近年の化粧下地効果のある日焼け止めに人気があるようです。人気のある下地効果のある日焼け止めをご紹介します。

日焼け止め(顔用)ランキング
http://www.cosme.net/item/item_id/1037/ranking

【なぜ日焼けはよくないの?】

image005

子どもの頃は太陽の光をたくさん浴び、日焼けも大いにしてきた人も少なくないですが、近年オゾン層の破壊によって太陽から私たちの住む地球まで届く紫外線の量が増加してしまったために日焼けの危険性が増してきました。

この太陽から届く紫外線。人体にとても悪影響を及ぼすことが多く、皮膚の老化が早くなってしまします。つまりシミシワ、さらには皮膚がんを誘発する原因になることがあるのです。

【紫外線ってなに?】

image007

「紫外線(UV)」という名前は知っていても、ではそれが一体どんなものかハッキリと理解している人は少ないのではないでしょうか。

紫外線は太陽から届く光の一種で、普段私たちが目にすることはないのですが波のような曲線を描いています。

紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。そのうちA、B波が地球に届いて体への影響力が強くなります。

UVBは皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害で日焼けになってしまったり皮膚がんの原因になると言われています。

そしてUVAは、B波ほど有害ではないといわれていますが、長時間浴びた場合は同じように、じわじわと気づかないうちに健康被害の原因となっているのです。

また、家の中にいるからといって油断していても、窓ガラスを通過して皮膚の奥深くまで届いてしまうので、肌の老化を引き起こす原因になります。

【紫外線対策を教えて】

image009

紫外線は5月~9月にかけて多く、なんとピークは5月なのです。そして、紫外線量は10:00~14:00が1日の約60%を占めていると言われています。

できるだけこの時間の外出は避けたいところですが、ウィークデーは仕事。お休みとなればショッピングにデート。日焼け止めをベタベタ塗り、日焼けをしないためのフル装備で外出するのはもったいないですね。

そこで、まず大切なのが「日焼け止め」になります。長時間のお出かけであれば、2,3時間に一度は塗り直すのがいいでしょう。この手間が後々の効果となって現れます。

【美肌仕上げの日焼け止めの塗り方】

紫外線対策でもう一つ気をつけたいのは「洋服の色」です。夏=白のイメージがありますが、白自体が紫外線を通しやすくしますので紫外線対策としては黒や紺系統の暗めの色がベストです。

白を着たいという方は、薄手で便利なUVカットウエアなどもありますので白シャツの上から羽織るなどしておしゃれを楽しむのもいいですね。その他、薄手のストールを使ったり、UV効果のある帽子を被ったりおしゃれをしながら日焼け対策をしっかりしましょう。

Sponsored Link

関連記事

オリーブオイルの効果がすごい!!

【オリーブオイルの効果がすごい!!】 テレビや雑誌で取り上げられ、すでに大人気となっている

記事を読む

食欲の秋、身体にいいさつまいもでお菓子を作ろう。

さつまいもはその名とおり鹿児島からほとんど全国的に作られている甘いいもです。 甘いから太るのな

記事を読む

正月太りしちゃう人のダイエットはいつから?

もうすぐお正月です。親戚が集まって豪華な食事に朝からお餅…お正月休みが終わる頃には体重計にのるのが怖

記事を読む

季節の変わり目 「体調の変化」 に、要注意です!

季節の変わり目に、体調が何だかすっきりしないと感じることはないですか。 特に、残暑とは思えない

記事を読む

花粉症にはヨーグルトが効く?

春、あたたかくなってきたと感じる前に目や鼻がかゆくなって「花粉症」の季節到来。なんとか症状を軽くした

記事を読む

すぐそばに潜むアナフィラキシーショックの危険症状と対処法

子供の頃は野生児で痛いお返しもよくもらったモカcaféが編集しています。 あたたかくなって蜂が

記事を読む

プールで泳いでいても熱中症になる原因とは?

成人してからは泳ぎにいくことがめっきりなくなってしまったモカcaféがお送りします。 このとこ

記事を読む

目を洗いたいときの救世主【洗浄液】正しく使えてますか?

春に目がかゆくなっても絶対に花粉症だなんて認めたくないモカcaféがお送りします。 今の世の中

記事を読む

【炭酸水のダイエット効果】

美容やダイエットに絶大な効果を発揮する炭酸水。 シュワっとした爽やかな口当たりで抵抗な

記事を読む

乾燥肌のかゆみの対処方はどうすればいい?

  いつの間にか肌がカサカサになって自分でも気づかずにボリボリしている時はあ

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

お歳暮を贈るときの基本的マナーや最適な時期

昔からお歳暮はお米を贈ると決めていたモカcaféがお送りします。

成人式と同窓会が一緒の日!服装どうする?

もはや成人式のワードがなつかしいレベルのモカcaféがお送りします。

「元旦」と「元日」おもわずナルホド!と出ちゃう由来と違い

年賀状はだんだん工夫を凝らさなくなってきたモカcaféです。いろいろシ

普段の生活でインフルエンザを予防するポイントとは?

インフルエンザにはかかったことがないモカcaféです。 毎年のよ

初詣・海外旅行に行かなくてもそれぞれの正月休みを!

みなさん!11月に入りましたねー。 毎年言っていますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑