ピロリ菌に要注意! 感染率や経路の正しい知識

Sponsored Link

image001

一度は耳にしたことある“ピロリ菌”

でも、実際のところはこのピロリ菌ってどんなものなのか?知らない人が多いのが現実です。健康な体を維持するために、ピロリ菌を知ることから始めましょう。

Sponsored Link

【ピロリ菌って何モノ?】

image003

ピロリと聞いただけでは、何だか良い菌なのか悪い菌なのかも分からず響きだけは可愛らしいと思いませんか?

実はこの“ピロリ菌” 正式名称を「ヘリコバクター・ピロリ」といい胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌なのです。このヘリコバクター・ピロリのヘリコは「らせん形」を意味しバクターは「細菌」、そしてピロリとは胃の出口の方にある「幽門」のことで幽門にいるらせん系の細菌という意味のようです。

本体の長さは4ミクロン(4/1000㎜)と非常に小さく2~3回ゆるやかに右巻きにねじれています。一方の端には「べん毛」と呼ばれる細長くしっぽのような毛が4~8本ついていてくるくるまわしながら活発に動きまわることができます。

【ピロリ菌の関係した病気は?】

image005

悪い菌であれば、感染し悪化してしまうとなると当然病気を発症してしまう可能性もあります。

現在日本では、萎縮性(いしゅくせい)胃炎(いえん)の原因の90%以上をピロリ菌が占めると考えられています。

代表的なもので言えば「慢性胃炎」「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」などです。その他、進行していけばピロリ菌と癌も深い関わりがあると言われています。もちろん、これらの病気を発症された方の原因の全てがピロリ菌というわけではありません。飲酒や喫煙、過度のストレスなどが引き金となって潰瘍になりやすくなるとも考えられています。

《ピロリ菌除菌 胃がんリスク低下 あなたのお腹に・》

【ピロリ菌ってどうやって発見されたの?】

1875年にドイツの細菌学者ベッチャーが、人の胃に存在しているらせん状の細菌を発見したのが始まりだと言われています。

その後様々な研究者たちの手によってピロリ菌の研究が進められたのですが20年近くも目立った研究が進まない中1982年オーストラリアのバリー・マーシャルロビン・ウォーレンによってピロリ菌が発見されました。この2人は2005年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。

【感染率や感染経路は?】

日本人の感染者は3500万人とも言われ日本人の約50%以上がピロリ菌に感染しているとの調査結果もあります。

中でも「50代以降では保持者が70%以上」とも言われており特に中高年の感染率が高くなっているのが現状です。

ピロリ菌がどのような感染経路で感染してしまうのかはっきりしていませんが、大部分は飲み水や食べ物を通じて人の口から体内に入ると考えられています。ただ、幼児期のピロリ菌感染には大人の注意が必要になります。ピロリ菌感染している大人から5歳以下の小さい子どもへの食べ物の口移しなどは特に注意をして下さい。

【ピロリ菌の感染度チェック!!】

image007

胃潰瘍や十二指腸潰瘍にかかったことのある方そして、慢性胃炎のため胃痛、胃もたれ、胃に痛みを感じていたりまたはその症状が長引いている人はぜひとも検査に行きましょう。

まずは病院に行く前にご自分でできるピロリ菌検査キットもあるようです。利用してみてもいいかもしれませんね。

【ピロリ菌検査キット】

自分のカラダは自分で守る!!

病院では、様々なピロリ菌検査がありますので胃腸科や消火器内科を受診し、早期発見早期治療に努めましょう。

Sponsored Link

関連記事

粉瘤は簡単に治せます! 悪化の前に病院に!

子供の頃から皮膚疾患に人気のあるモカcafeがお送りします。 人間の表面を覆っている皮膚。いろ

記事を読む

ラクトバチルスって知ってる?

ご機嫌いかがでしょうか。寒くなってきましたね。 さて、皆さんはラクトバチルスという言葉をご存知

記事を読む

乾燥肌のかゆみの対処方はどうすればいい?

  いつの間にか肌がカサカサになって自分でも気づかずにボリボリしている時はあ

記事を読む

大根 はちみつ 風邪

これから寒くなってくると、風邪が流行する季節です。 のどの痛みや咳によく効くのが、この

記事を読む

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやりのハイボールですっきりと飲むの

記事を読む

プールで泳いでいても熱中症になる原因とは?

成人してからは泳ぎにいくことがめっきりなくなってしまったモカcaféがお送りします。 このとこ

記事を読む

熱い夏!熱中症のこわさをちゃんと知っていますか!

これから、夏になると気をつけないといけないのが熱中症です。 正しい知識を持って、しっか

記事を読む

健康!美容!なんでもござれ?!キャッツクローとは?

■キャッツクローって何? 画像はこちらのサイト様より ハーブティー薬草データベース様(h

記事を読む

花粉症対策を始める時期はいつから?

春になると話題になる花粉症。マスクをつけて外出する人も多く見かけるようになって、感染症だけでなくアレ

記事を読む

現代病?家族のケータイ依存の治し方!

■ケータイ依存ってどんな状態?(yahoo知恵袋より) 『携帯依存症について…兄なんですが携帯

記事を読む

PC


Sponsored Link(楽天)

PC


Sponsored Link(楽天)

辛い二日酔いを早く治す優れものはしじみ!

暑い夏にキンキンに冷えたビールはおいしいですよね~~。 今はやり

関東の暑い夏。お勧めの涼しいデートスポットを紹介します!

今年の夏の暑さは格別ですね。 せっかくの休み、余りの暑さに少しお

日本酒好き必見。酒造見学ツアーでお気に入りの日本酒をみつけよう

日本酒が好きな方は多いと思いますが、そうでない方もこの機会に日本酒につ

夏休み 沖縄へ家族旅行に出かけよう♪

猛暑の夏で皆さま体調管理が厳しいですが、いかがお過ごしですか?

なぜ夏風邪をひくと長びくと言われているのか?

今年の夏は、猛暑ですよね。そんな暑さに食欲が落ちて体力も減少してしまい

→もっと見る

PAGE TOP ↑